輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「家族八景」筒井康隆を読みました!

【送料無料】家族八景改版 [ 筒井康隆 ]

【送料無料】家族八景改版 [ 筒井康隆 ]
価格:515円(税込、送料込)


著者 筒井康隆
新潮文庫
評価 ★★★★☆

初読です。主人公 火田七瀬は人の心を読むことができる、超能力者。色々な(八つ)家庭でお手伝いとして働きます。
普通の努めだと自分の能力に気付かれる恐れが大きいから、その点家政婦なら、色々なところを転々とできます。

七瀬が行く家庭それぞれが、表面と心のなかがまったく別。夫や妻をののしり、避難している様なところです。
七瀬が傍観者ではなくて、自己保全から介入する場面もあります。

確かに面白いのですが正直にいうと、自分はあまり好きな話ではありません。
人の心を覗き見している後味の悪さがつきまといます。
人の心がわかってしまう事で、自分にそれが跳ね返ります。

それに誰しも、良い気持ちをもってばかりいるわけではありません。上司や妻への悪口がひとつやふたつはあるはずです。
近くに七瀬の様な人がいたら、それは警戒しますね。それにあとでその能力をしったら、そうとうショックを受けると思うし。

三部作なので、最後まで読まないと最終的な評価はできないとは思います。
スポンサーサイト

作家タ行 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<2014年の目標 | ホーム | 「時間衝突」バリントン・J.ベイリイを読みました!>>

コメント

日向さん、今年はスタートダッシュかけてますね((o(*^^*)o))
レビューが沢山読めて、ホント嬉しいです♪♪

あ、もしやこれドラマ化されていた作品ですか??聞き覚えが…
人の心を読めるっていうのは、便利と思う反面ちょっと嫌な能力ですね^^;
なるべく人と距離を置きたいと思ってしまうかも。
なんだか恩田さんの常野物語に出てきそうな人物だわ~(笑)

三部作なんですね!続きのレビューも楽しみにしています♪
筒井さん…まだ「旅のラゴス」しか読んだ事がありません><
2014-01-12 Sun 08:55 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
nanacoさん、こんばんは!

そうそう、これドラマになってたみたいです!
筒井康隆は自分もあまり読んでないので、ポツポツと読んでいこうと思ってます^^

人の考えている事がわかるって、怖いですね^^
二部、三部は家政婦をやめた後の話で壮大になってるみたいです。
どんな話か楽しみです。
2014-01-13 Mon 19:19 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。