輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「魔性の子」小野不由美を読みました!

【送料無料】魔性の子 [ 小野不由美 ]

【送料無料】魔性の子 [ 小野不由美 ]
価格:704円(税込、送料込)



著者 小野不由美
新潮文庫
評価 ★★★★★

久しぶりの感想は、小野不由美さんの「魔性の子」


<ネタバレしてます。未読の方はご注意を>

これは凄く怖かった。「十二国記」の序章の部分とのこと。
不思議の少年、「高里」のまわりで起きる事件、事故。死者もでている。
そして、高里と敵対すると祟られて最悪は死んでしまうとう噂。実習生の広瀬はそんな高里が自分と同類、帰る場所がない人種だと悟る。
 高里の周りに現れる白い手。そして犬の様な一つ目の生き物。それは何なのか?

高里には神隠しにあり、その間1年のあいだの記憶がない。それを思い出さないと大変な事が起きるのではとの不安がある。

いや~これは凄い。最後のあの大崩壊は唖然です。救いない話だな~。
同級生も教師もどう扱って良いか、これでは分からなくて当然。高里本人にも防げないのだから。

十二国の方に行ったらどんな話が待っているのでしょう?
今年中に読む予定です!!
スポンサーサイト

作家ア行 | コメント:4 | トラックバック:1 |
<<「たったひとつの冴えたやりかた」ジェイムズ・ティプトリー・ジュニアを読みました! | ホーム | 「たんぽぽ娘」ロバート・F・ヤングを読みました!>>

コメント

日向さん、こんばんは~♪
お久しぶりのブックレビューが、大好きな「魔性の子」ですごく嬉しいです^^

怖いですよね~これだけ読むと完璧ホラーなんですけど、
十二国記とあわせて読むとまた違ったお話が見えてきて面白いです(*^m^*)
神隠しの理由も明らかになると思います、、、
日向さんの感想をうかがって、また読みたくなってきました♪

随分昔のレビューになりますが、TB頂いていきますね\(^▽^)/
2013-10-15 Tue 21:53 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
nanacoさん、こんばんは!

「魔性の子」凄かったです!凄く怖くて、そして面白かったです。本編の方で神隠しの間の事が分かるんですね!ますます読むのが楽しみになってきました!読みます!!
2013-10-15 Tue 22:36 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
日向さん、こんばんは~(^^)/

私もこの前読んだところです^^
レビューはまだ書いてないですが。。。

本編は途中まで読んでたんですけど、
この『魔性の子』はまだ読んでなくて、
今度の新装版で0になっていたので
この作品から読んで、
あとは本編を再読を兼ねて読んでいこうと思います(*^_^*)

この作品、めちゃめちゃ面白かったですよね~(*≧▽≦*)
主人公の高里の境遇が凄く切なくて
何度ウルウルきたことか…(T_T)
私的には、怖さ以上に泣ける作品でした!
2013-10-18 Fri 18:21 | URL | miwa125 [ 編集 ]
miwaさん、こんばんは!

「魔性の子」すごく面白いです!高里、ほんと不幸ですよね。自分で止めらないですから。
人の善意もそれに答えられないなんて、どうしていいか分からない。
スケールもおっきくて、良かったです。

十二国記の本編が楽しみです^^
2013-10-22 Tue 20:44 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

魔性の子 著者:小野不由美 評価: 【内容情報】(「BOOK」データベースより) 教育実習のため母校に戻った広瀬は、教室で孤立している不思議な生徒・高里を知る。彼をいじめた者は“報復”ともいえる不慮の事故に遭うので、“高里は崇る”と恐れられているのだ。広瀬は彼をかばおうとするが、次々に凄惨な事件が起こり始めた。幼少の頃に高里が体験した“神隠し”が原因らしいのだが…。彼の周...
2013-10-15 Tue 21:54 ++薫風日記++
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。