輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「入門 人間の安全保障」長 有紀枝を読みました。



久しぶりに新書です。

これは、最低限必要な人間の安全についての国際的課題の本です。

国連はその歴史的成立の経緯から理想からは程遠い。(第二次大戦後の枠組み、戦勝国中心に作らています)
そんな国連でも、無いよりは良い。

世界では、幼児の生存率が低い国や、過酷な労働についている年少者、兵士にされてる国もある。

アメリカや日本や先進国で消費されている、携帯のレアメタルやダイヤモンド等宝飾品。それらを採掘するために、子供たちが働かされている。親の稼ぎでは食べていけない程の貧困。また紛争で両親を失うこともある。

路上生活者も多い。
国際社会は貧困や紛争、また感染症から弱い者を守る責任がある。
種族の対立は大人は勿論、子供まで巻き込んでいる。

子供兵の項で、兵士に洗脳するため、薬を使ったり、また、脱走して故郷に帰れなくするため、親をはじめ大事な人をころさせてから誘拐してくる等酷い行為が行われていと読んで、震える思いがした。

格差をなくし、より安全な国際社会にするために知ることは多い。
スポンサーサイト

作家ア行 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<「とうに夜半を過ぎて」レイ・ブラッドベリを読みました! | ホーム | 「時間封鎖」R・C・ウィルスンを読みました!>>

コメント

日向さん、こんばんは~♪

おぉ、新書…私にはまだまだハードルが高いです^^;
でもこういう本も読んで、きちんと世界を知らなくてはと思いますよ。。。

ダイヤモンドも象牙も高級な漢方でさえも、
需要がなければ、子供達が働かされる事もないし、野生動物が殺される事もないんですよね~。
それは消費する私達の側の責任、、、
生活の恩恵の裏側を知ってしまったら、今のままではいられなくなると思います。
人間の欲望というのは果てしないですね…><
2013-02-24 Sun 22:49 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
nanacoさん、こんばんは。
返事がおそくてごめんなさいね。

世界の実情はこういった本からも知ることができますね。
知ることは大事だと思いました。
2013-03-01 Fri 21:52 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。