輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「白檀の刑」莫言を読みました。

【送料無料】白檀の刑(上) [ 莫言 ]

【送料無料】白檀の刑(上) [ 莫言 ]
価格:1,150円(税込、送料込)


【送料無料】白檀の刑(下) [ 莫言 ]

【送料無料】白檀の刑(下) [ 莫言 ]
価格:1,150円(税込、送料込)




【内容情報】(「BOOK」データベースより)
清朝末期、膠州湾一帯を租借したドイツ人の暴虐の果てに妻子と隣人を奪われた孫丙は、怒り心頭し鉄道敷設現場を襲撃する。近代装備の軍隊による非道な行いの前には、人の尊厳はありえないのか。哀切な猫腔が響き渡り、壮大な歴史絵巻が花開く。現代中国文学の最高峰と誉れ高い莫言文学、待望の文庫化。
評価 ★★★★★

清朝末期、列強に蹂躙される中国、ドイツ人に妻子を殺害された孫丙が復讐で鉄道工事中のドイツ人を襲撃する。これが反乱くらいの規模の大きさ。実情は虚仮威し。この孫丙の処刑をくだす役どころが趙甲。趙甲の息子の嫁が眉娘でこれが美女。犬肉と黄酒の旨さで界隈の評判をとっている。で眉娘の父が孫丙。 処刑されるのもするのも身内。
趙甲が処刑のプロなら、孫丙は民間芝居、猫腔(マオチェン)の名人。その美声と芝居で天下一品。 眉娘のよろめき好きになった、県知事の銭丁も絡んで、物語は縦横に綾なしていく。

登場人物がいきいきとしていて、躍動感があります。猫腔の猫の声の合いの手、ニャア、ミャアとかも入り、歌が聞こえてきそうでした。

処刑の場面は、それは凄惨。血の匂いがしてきそう。色々な処刑方法がでてきます。気の弱い人はご用心ください。

昨年のノーベル文学賞、受賞作家です。本屋でなにげに手に取り読んでみましたが面白かった。
中国人作家では初めて読んだのかと・・・魯迅がいました。



【著者情報】(「BOOK」データベースより)
莫言(モオイエン)
1955年、山東省高密県に農民の子として生まれる。幼くして文革に遭い、小学校を中退。兄の教科書や旧小説で文学に目覚める。76年に人民解放軍に入隊。85年に『透明な赤蕪』でデビュー。翌86年、『赤いコーリャン』で、倫理を超える農民の生命力を描いて絶賛される。『白檀の刑』で、第1回鼎鈞文学賞を受賞

吉田富夫(ヨシダトミオ)
1935年、広島県生まれ。63年、京都大学大学院修了。佛教大学文学部名誉教授。現代中国研究会会長。中国現代文学専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
スポンサーサイト

作家マ行 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<「時間封鎖」R・C・ウィルスンを読みました! | ホーム | 「青い脂」ウラジーミル・ソローキンを読みました!>>

コメント

日向さん、こんばんは(*^_^*)
ここ数日、最高気温がプラスの日が続いて暖かいです♪
このまま春になってくれれば良いのですが…

この本、お値段を見て単行本かと思っていましたが、文庫でしたか(笑)
読み応えがありそうな作品ですね!
そういえば私も中国人作家の作品って、あまり読んだ事がないかも~^^
日向さんの評価も高そうだし、読んでみようかなと思います☆
(あっでもその前に「青い脂」!)
2013-01-31 Thu 20:46 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
nanacoさん、おはようございます。
返事が遅くなってごめんなさい。

莫言、はじめて読みましたが、面白かったですよ~
「青い脂」はとっつきにくいけど、こちらは読みやすかったです。
こっちから読まれた方がいいかも。
ただ、処刑場面が残酷、グロいです!

今日は暖かいです、この前の雪がそうとう溶けました。良かったです。
2013-02-02 Sat 10:13 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
日向さん、こんにちは~(^^)/

中国人作家さんの作品ですか~。
私も読んだことがないだけに興味ありです(*^^)v
文学作品…何だかハードルが高そうですけど、
壮大な雰囲気で面白そうですね♪
幻想的な表紙も素敵!!^^
これでお値段がもう少し安ければ
迷わず手に取っちゃうのになぁ~(><)
2013-02-03 Sun 16:02 | URL | miwa125 [ 編集 ]
miwaさん、こんばんは。

中国現代文学でちょっと身構えてしまいそうですが、そんなに文学してなくて(?)面白いですよ。
難しくないですし、(漢字とか、表現とかはとっつきにくいかも)、現実とそれからちょっと外れたとこが、未読ですがマルケスの百年の孤独みたいに入り混じっていて、幻惑されます。

でも値段高いですね!
2013-02-05 Tue 20:17 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。