輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「天使のゲーム」カルロス・ルイス・サフォンを読みました!




著者 カルロス・ルイス・サフォン
集英社文庫
評価 ★★★★★+

めちゃくちゃ面白かったです。
前作「風の影」が楽しめた方なら、数倍楽しめます^^
バルセロナに慣れている所為か?「風の影」より読みやすいです。前作がちょっとと感じた人もこれから読めば嵌るかもしれません。同じ舞台ですが、話は独立しているのでこれから読んでも平気ですよ。

今回の主人公は新聞社につとめる作家のダビット・マルティン。作品が評判になりそこそこ成功しだし、同僚のやっかみもあり辞めて独立する。そして新聞社に通うときに気になっていた空家「塔の館」に住むことにした。
しかしそこは呪われた館。だれもが本気でここに住むのかと驚く。

しばらくして、マルティンの所に謎の編集者が現れ、自分のために本を依頼される。
この謎の編集者とあってから関係者の周囲に死が続く。そしてマルティンは刑事たちにマークされる。
この本の内容がまた謎。いつしかこの物語にマルティンは囚われていく。

前作に続き、「忘れられた本の墓場」が登場します。今回はここで主人公マルティンは「不滅の光」という本と出合います。
それと「忘れられた本の墓場」とおなじくらい魅力的なのが センペーロ親子の経営する本屋さんです。
マルティンの行きつけの本屋さんです。ここでマルティンはディケンズ「大いなる遺産」を見つけます。この本やさん、客からお金を取らないことがあるんです。

最後はびっくりすることが待ってます。えって???・・・・・読んでのお楽しみです。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
1917年、バルセロナ。17歳のダビッドは、雑用係を務めていた新聞社から、短篇を書くチャンスを与えられた。1年後、独立したダビッドは、旧市街の“塔の館”に移り住み、執筆活動を続ける。ある日、謎の編集人から、1年間彼のために執筆するかわりに、高額の報酬と“望むもの”を与えるというオファーを受ける。世界的ベストセラー『風の影』に続いて“忘れられた本の墓場”が登場する第2弾。
スポンサーサイト

作家サ行 | コメント:6 | トラックバック:1 |
<<「ブラックアウト」コニー・ウィリスを読みました! | ホーム | 「ふわふわの泉」野尻抱介を読みました!>>

コメント

日向さん、こんにちは~(^^)/

これって、本の墓場シリーズの第2弾ですよね!?
第1弾の『風の影』も、気になりながらまだ購入もできてません…(^_^;)
第2弾といっても、『風の影』と世界観が同じというだけで、
お話としては繋がりが無いんですね~!?
う~ん…どちらから読もうか迷いますね(><)

呪われた館、怖そうですね!でもスゴク面白そう(*≧▽≦*)
とりあえず、この第2弾も読みたい本リストの仲間に加えておきまーす!(*^^*)
2012-09-29 Sat 17:31 | URL | miwa125 [ 編集 ]
日向さん、こんばんは~☆

「天使のゲーム」感想楽しみに待っていましたよ~(*^^*)
これは前作以上に面白そうな予感??今すぐにでも読みたくなってきました♪
呪われた館に謎の編集者。うぅむ、、、面白そう(笑)
最後のびっくりがまた気になります。読書の秋にピッタリな本ですね^^
そろそろ楊令伝読み終わるので、GETしておこうかな。。。
2012-10-01 Mon 22:41 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
miwaさん、こんばんは★

面白いですよ。この2作目から読まれることを強くお勧め!

2012-10-03 Wed 19:50 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
nanacoさん、こんばんは★

前作以上に面白かったです。そして読みやすくなった気がします。
最後は唖然としますよ~
感想楽しみにしてます!!
2012-10-03 Wed 19:52 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
「天使のゲーム」先程レビューUPしたので、TB頂いていきますね!

今回も面白かったですね~^^最後の展開にはビックリでした。
前作のようなどっしりとした重さはなくなったけど、
こういうちょっとファンタジーなお話もすごく好みでした♪
早く第3弾が出ないかなぁ(*^_^*)
2013-03-16 Sat 09:53 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
nanacoさん、おはようございます。

TBありがとうございます。
「天使のゲーム」、最後はびっくりしました!
3作目はどんな展開になるんでしょうね?ホント楽しみです。
2013-03-16 Sat 10:51 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

天使のゲーム(上)(下) 著者:カルロス・ルイス・サフォン 評価: 【内容情報】(「BOOK」データベースより) 1917年、バルセロナ。17歳のダビッドは、雑用係を務めていた新聞社
2013-03-16 Sat 09:51 ++薫風日記++
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。