輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「ふわふわの泉」野尻抱介を読みました!

【送料無料】ふわふわの泉 [ 野尻抱介 ]

【送料無料】ふわふわの泉 [ 野尻抱介 ]
価格:630円(税込、送料別)


著者 野尻抱介
早川文庫JA
評価 ★★★★★

凄く面白かったです。
こんな発明で世界が変えられたらな~
読みやすいですし、
(実は読んだの2か月くらい前なので細部をおぼえてなくて感想がかけない・・・・)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
浜松西高校化学部部長・浅倉泉の人生の目標は“努力しないで生きること”。文化祭を前に泉は、ただ一人の部員・保科昶とフラーレンを生成する化学実験を行なっていた。そのとき学校を雷が直撃!実験失敗と落胆する泉の眼前には空気中に浮かぶシャボン玉のような粒子が生まれていた。ダイヤモンドより硬く空気より軽いその物質を泉は“ふわふわ”と名づけ、一儲けしようと考えるのだが…伝説の星雲賞受賞作、ついに復刊。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
野尻抱介(ノジリホウスケ)
1961年三重県生まれ。計測制御・CADプログラマー、ゲームデザイナーを経て、1992年、ゲーム「クレギオン」の設定をもとにした『ヴェイスの盲点』(ハヤカワ文庫JA)で作家デビュー。2002年に上梓した『太陽の簒奪者』(ハヤカワ文庫JA)は短篇版に続いて星雲賞を受賞、「ベストSF2002」国内篇第1位を獲得した。また、『ふわふわの泉』でも星雲賞を受賞している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
スポンサーサイト

作家ナ行 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<「天使のゲーム」カルロス・ルイス・サフォンを読みました! | ホーム | 「シップブレイカー」パオロ・バチガルピを読みました>>

コメント

日向さん、こんばんは~^^
なんだか可愛い表紙とタイトルですねぇ、つい手に取ってみたくなります。
「努力しないで生きること」私の人生の目標と同じだ…(笑)
読んでから時間が経つと、詳しい感想を書けなくなりますよね><

ずっと読み続けてきた「楊令伝」、残すところあと1冊になりました。
いったいどうやって収拾つけるのか、、、なんだか読むのが怖いです!
2012-09-27 Thu 20:40 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
nanacoさん、コメントありがとうございます!

この本、かなり面白かったです。
そして読みやすいです!印象は軽いですが中身はそうでもないですよ。
考えさせられる部分がいっぱいです。おすすめ^^
2012-09-29 Sat 09:21 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
『ふわふわの泉』読まれたのですねー!!
野尻抱介の最高傑作ですよね。
ファミ通文庫版のころからのファンです。
ひとつの発明から社会がガラッと変わるってのは、まさにサイエンスフィクション!読みやすいのでSF初心者の人にもオススメしていってます。
2012-09-29 Sat 21:19 | URL | 亮人 [ 編集 ]
亮人さん、コメントありがとうございます!
初めて野尻さん読みましたがとても面白かったです。

他のもチェックです^^
2012-10-03 Wed 19:51 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。