輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「マウリッツハイス美術館展」東京都美術館に行ってきました!

先日 東京都美術館で開催中の「マウリッツハイス美術館展」を見に行ってきました。

めあてはフェルメールの「真珠の耳飾りの少女」です。
マウリッツハイス王立美術館はオランダにあり、現在改装中とのこと、その間に日本に来てるそうです。東京のあと、大阪での展示もあります。

フェルメールの他にレンブラントやルーベンス、ピーテル、他も展示されてました。

真珠の耳飾りの少女は分類上 トロニーと呼ばれるそうです。これは人物画ですが、特定のモデルではなく自分の好きな様に理想で書くものです。もちろんこの名画もモデルを前に描かれているのでしょうが特定の人物ではありません。

特徴は青いターバン、この当時、オランダにはこのようなターバンを巻く習慣はなかったそうです。ではなぜターバンをまいているのか?青の与える印象は清潔、純真、等この少女に性格を与えています。そして真珠の輝き、なにか語りかけたそうな唇。

とても混んでいて、じっくり見ることはできませんでしたが良かったです。

ルーベンスは、フランダースの犬のネロがアントワープ大聖堂でみた「聖母被昇天(下絵)」が良かったです。感動しました。


IMG_0227
IMG_0227 posted by (C)日向 永遠
入口

IMG_0248
IMG_0248 posted by (C)日向 永遠
小冊子 裏表紙には武井咲さんが扮した写真が・・

IMG_0246
IMG_0246 posted by (C)日向 永遠
いつも通り、栞を見つけました^^

IMG_0230
IMG_0230 posted by (C)日向 永遠
武井咲さんが着た衣装が展示されてました。

IMG_0285
IMG_0285 posted by (C)日向 永遠
クリアファイルを買いました。

IMG_0238
IMG_0238 posted by (C)日向 永遠
上野公園に咲く額紫陽花がとても綺麗でした。

スポンサーサイト

博物館、美術館 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<「レジェンド 伝説の戦士ジューン&デイ」マリー・ルーを読みました! | ホーム | 「夏への扉」ロバート・A・ハインラインを読みました!>>

コメント

日向さん、こんばんは~♪

「真珠の耳飾りの少女」とても綺麗ですね(*^-^)
まだあどけなさの残る少女、ふっくらとした唇…ホントに美少女だなぁ。
以前同じタイトルの映画を観た事がありますが、
この絵の背景を想像しながら観賞すると、ドキドキしてしまいます^^
栞コレクション、また増えましたね☆本当に素敵です~(><)

偶然にも、ちょうど職場のお友達が先週までベルギーに旅行していまして、
アントワープ聖母大聖堂でルーベンスの絵(キリスト降架だったかな?)を観てきたらしいです。
写真を見せてもらいましたが、凄かったです……あぁ、一度で良いからお目にかかりたい!!
マウリッツハイス美術館展、札幌に来ないのが悲しいです。。。
2012-07-18 Wed 20:25 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
日向さん、こんばんは~(^^)/

「真珠の耳飾りの少女」、青いターバンが本当に印象的ですね~!^^
真珠の耳飾りより、何だかそちらの方に目が惹き寄せられます♪
栞もクリアファイルも、凄く素敵~~~~!!(*≧▽≦*)
またまた素敵なコレクションが増えて
ホントにヨカッタですね~(*^_^*)
2012-07-19 Thu 18:05 | URL | miwa125 [ 編集 ]
nanacoさん、こんばんは★

フェルメール、素敵でしたよ。有名な絵画が直接見られるのは良いですね。
あの目線は何を見ているのでしょうね?
札幌に行かないのが残念ですね!

ベルギーのルーベンスの絵も素敵でしょうね。。絵の中に力というか何か感じますね。

2012-07-22 Sun 18:38 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
miwaさん、こんばんは★

フェルメールもでしたが、ルーベンスやレンブラントが見れたのが良かったです。
やっぱり、違いますね。

栞やファイルも買えて良かったです!!
2012-07-22 Sun 18:39 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。