輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「夏への扉」ロバート・A・ハインラインを読みました!

【送料無料】夏への扉

【送料無料】夏への扉
価格:777円(税込、送料別)


著者 ロバート・A・ハインライン
早川文庫SF 
評価 ★★★★★

名作すぎて、読んでませんでした!

猫のペトロニウス(ピート)と主人公の技術者で発明家ダン。仲が良いですね!羨ましい。

1970年から冷凍睡眠で目覚めるのが30年後。
細かいところ(電話とか)では今と合わないけど、文化女中器も万能フランクも良いですね^^

タイムマシンと冷凍睡眠を使った時間SFになるのだろうけど、読みどころは人間通しの裏切りと復讐と友情と愛情の物語です^^

名作を敬遠してはいけないですね~~と改めて思いました。。
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ぼくの飼っている猫のピートは、冬になるときまって夏への扉を探しはじめる。家にあるいくつものドアのどれかひとつが、夏に通じていると固く信じているのだ。1970年12月3日、かくいうぼくも、夏への扉を探していた。最愛の恋人に裏切られ、生命から二番目に大切な発明までだましとられたぼくの心は、12月の空同様に凍てついていたのだ。そんな時、「冷凍睡眠保険」のネオンサインにひきよせられて…永遠の名作。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
福島正実(フクシママサミ)
1929年生、1976年没、作家、評論家、翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
-------------
話が変わって、先日、東京都美術館で開催されている 「マウリッツハイス美術館展」を見に行ってきました。

フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」をはじめ、ルーベンス、レンブラント、ピーテル 等の絵を見ました。
フランダースの犬のネロがアントワープ大聖堂の祭壇画の絵のしたで仰ぎ見ながら天使に導かれた、あの「聖母被昇天」の下書き(ルーベンス)もありましたよ。詳しくはまたブログで紹介しますね^^
スポンサーサイト

作家ハ行 | コメント:8 | トラックバック:1 |
<<「マウリッツハイス美術館展」東京都美術館に行ってきました! | ホーム | 「ベヒモス クラーケンと潜水艦」スコット・ウエスターフェルドを読みました!>>

コメント

『夏への扉』よいですよねー!!

しかし女性には不評との意見もあるらしいですよ。リッキィのラストが主人公に都合よすぎて有り得ないらしいです。

自分は大好きですけど。好きすぎて、新訳版と読み比べまでしました。新訳では「文化女中器」が「おそうじガール」になっていて味がないんですけど、読みやすくてSF初心者にも気軽に勧められるので良いです!!
2012-07-14 Sat 00:55 | URL | 亮人 [ 編集 ]
昔のSFの方がいいのいっぱいあるよーな気がしてきましたw今のSFはだいぶ難解になったなあ。
2012-07-16 Mon 09:51 | URL | キョウラン [ 編集 ]
日向さん、こんにちは~(^^)/
毎日蒸し暑い日が続いてますねぇ(汗)
この蒸し暑さ、早く終わってほしいです~(><)

『夏の扉』は、私も読みましたよ^^
でも、猫のピートと冷凍睡眠のことしか覚えてませんでした(^_^;)
あと、とっても読みやすかった記憶があります♪
表紙の後ろ姿のピート…何気にお気に入りです(笑)

わぁ~東京都美術館に行かれたんですね(*^^*)
ルーベンスの「聖母被昇天」…観ると感動で胸が一杯になりそうですね!
ブログでの紹介、楽しみにしていま~す(^O^)/
2012-07-16 Mon 11:23 | URL | miwa125 [ 編集 ]
日向さん、こんにちは~^^

細かい部分は忘れてしまっていますが、
ジンジャーエール好きな猫のピートの事はかなり鮮明に覚えています(笑)
も~可愛くて可愛くて。猫好きにはたまらない作品ですよね~(*^-^)
名作、私も読んでいないものが沢山あります。。。

フェルメールの真珠の耳飾りの少女!私も見たいです(><)
それにルーベンスの絵も、、、東京都美術館行きたいなぁ。
北海道立近代美術館では、今週末から東山魁夷展が始まります。
平日に一日仕事を休んで、ゆっくりと見に行ってくる予定です~☆
2012-07-16 Mon 14:42 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
亮人さん、コメントありがとうございます^^

ハインラインの作品の中ではソフトな部類ですね。名作の要素のひとつに分かりやすさがあるかもしれません。
「夏への扉」は猫がでてくるところでもう、面白いのがわかりますから・・・
新訳版も気になります^^
2012-07-16 Mon 20:19 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
キョウランさん、こんばんは★

昔の名作SF、未読がいっぱいあるので楽しみですよ~
たしかに昔のSF、良いのが沢山ありますね。
2012-07-16 Mon 20:20 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
miwaさん、こんばんは★

> 『夏の扉』は、私も読みましたよ^^
miwaさん、読んでましたか?自分は今頃になってしまいました(少し恥ずかしい・・・)
面白いですね!
ピート可愛いです。
> わぁ~東京都美術館に行かれたんですね(*^^*)
> ルーベンスの「聖母被昇天」…観ると感動で胸が一杯になりそうですね!
> ブログでの紹介、楽しみにしていま~す(^O^)/

すごく混んでましたが良かったですよ~
2012-07-16 Mon 20:23 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
nanacoさん、こんばんは★

そうそう、ジンジャエールが大好きなんですね。
バーのカウンターの場面、大好きです。

> フェルメールの真珠の耳飾りの少女!私も見たいです(><)
> それにルーベンスの絵も、、、東京都美術館行きたいなぁ。
> 北海道立近代美術館では、今週末から東山魁夷展が始まります。
フェルメール、良かったですよ。
東山魁夷も東郷青児とおなじで青色がすごく素敵ですね。
東山魁夷、見たいです!良いですね^^
2012-07-16 Mon 20:25 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

夏への扉 著者:ロバート・A・ハインライン 評価: 【内容情報】(「BOOK」データベースより) ぼくらは、1970年12月、コネチカット州に住んでいた。猫のピートは、いつ
2012-07-16 Mon 14:42 ++薫風日記++
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。