輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

半島を出よ 「本日の1冊(13748)」





半島を出よ(上)

半島を出よ (下)

著者 村上龍
幻冬舎

評価 ★★★★★

文句なしのお勧め本。

この本を初めて読んだときは震えた。

福岡のシーホークホテル倒壊の場面は映画の様に鮮明に脳裏にある。

村上龍の作品の中で一番好きな作品。

北朝鮮のコマンド9人が開幕戦の福岡ドームを武力占拠し、2時間後複葉輸送機で484人の特殊部隊が来襲、市中心部を制圧した。彼らは北朝鮮の「反乱軍」を名乗った。

日本政府は福岡を封鎖。逮捕、拷問、粛清、のなか、イシハラのグループ(昭和歌謡大全集の)が決死の抵抗を開始した。

面白いです。文庫になったら必ず再読します。
スポンサーサイト

作家マ行 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<自転車通勤 後記 | ホーム | 井沢式 「日本史入門」講座 和とケガレの巻 「本日の1冊(13748)」>>

コメント

hina maxさん☆こんばんは
実はこの本家にあります。古本ですが。家人Nが読みたいと騒ぐので。感想は誉めてまくりでした。でも、家にあるとつい後回しになって、図書館で借りた本から読んでいってしまいます。今の積んどく本を読破して、必ず読みます。
2007-06-29 Fri 22:44 | URL | 茨木 月季 [ 編集 ]
茨木 月季さん
>hina maxさん☆こんばんは
>実はこの本家にあります。古本ですが。家人Nが読みたいと騒ぐので。感想は誉めてまくりでした。でも、家にあるとつい後回しになって、図書館で借りた本から読んでいってしまいます。今の積んどく本を読破して、必ず読みます。
-----
大好きです。この本。面白いですよ。(^_^)
2007-06-30 Sat 00:06 | URL | hina_max [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。