輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「結晶世界」J・G・バラードを読みました!


著者 J・G・バラード
創元SF文庫
評価 ★★★★★

最近 海外SFばかりです! 
本が好きになった学生の頃、ミステリーはコナン・ドイル、江戸川乱歩から順当に?読んだのですが、SFはいきあたりばったり、で名作とか全然読んでないです。一時期、SFというより本から遠ざかっていたこともあるし。

ここ最近(何年か)、SF熱が再燃し、名作を読んでないのに気が付いて、スタンダード作品を読んでいく事にしました。
そんな事で暫くSFの割合が高くなると思いますが宜しくお願いします^^

今回はバラードの「結晶世界」です。
SFが科学一辺倒になりつつなるなか、見るべきものは外宇宙ではなく内宇宙(インナー・スペース)、すなわち人間自身だとの主張のもとにニューウエーブSFが展開されました。 

ニューウエーブ論争もあり、あんなのSFじゃないと離れていくファンも多かったらしいです。
恋しい人妻をたずねてやってきたサンダース医師。
するとその先が封鎖されています。
町では葉の形をした宝石が売られていたりします。

そして輝く森を目撃します。やがて片腕が結晶化した死体が流れ着きます。
森の奥は水晶の様に結晶化しているらしい。

とにかく、結晶化する木々の描写が美しい。こんな世界の滅びかたがあるんだと讃嘆しました。
話の筋はそんなに面白くはないです。だけど、とにかく、世界描写がいい。

SF? かとの疑問もあるかもしれませんが、 もろSFだと思います。
SFの多様性を示す、名作でもあります。

スポンサーサイト

作家ハ行 | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<雑誌 「kotoba 第8号」を読みました。 | ホーム | 「ニューロマンサー」ウィリアム・ギブソンを読みました!!>>

コメント

日向さん、こんばんは~♪

日向さんのレビューを拝見しながら、
ふと北山猛邦さんの「私たちが星座を盗んだ理由」を思い出しました。
その中に、村人達が次々と石化していくというお話があって…^^
この作品もどんなお話なのか、すごく気になります☆

SFはまだちょこっとだけ苦手意識がありますが、
日向さんのおかげで以前よりもグンと世界が広がりました!
私も全然名作(SFどころかミステリも…)を読めていないので、
少しずつ挑戦したいです~(*^-^)
2012-06-18 Mon 21:22 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
nanacoさん、こんばんは★
コメントありがとうございます。

石化・・・北山さんの短編集も面白そうですね。
nanacoさんに教えてもらって読んだ「アイルランド幻想」ピーター・トレメインの中にもあったような気がします!

この「結晶世界」は難しいところはないのでお勧めかも(ほんとのSF好きからみると物足りない?)
2012-06-19 Tue 19:54 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
結晶世界、良かったですよねー。
初期のバラードは、「~~世界」シリーズも短編集も、全部好き。
一時絶版でしたが、最近また入手できるようになって良かった、良かった。
創元の短編集では「時の声」が一番好きかな? 見つけたら、ぜひ!
退廃したヨーロッパ的な、世界と共に自分も週末に向かって淡々と歩んでいく、疲れた中年男がイイんですよね。
「ヴァーミリオン・サンズ」という連作集がマイベストなんですが、今は入手困難かも。ゴージャスな美女たちによる、極彩色の画集のような美しい世界です。

昔のSFはいいですよね!
最近のはどうも、細部に凝りすぎてて読みにくい感じがするのはやっぱり年のせいでしょうか・・・。
2012-06-20 Wed 07:41 | URL | イザク [ 編集 ]
イザクさん、こんばんは★
コメントありがとうございます。

バラード、この「結晶世界」が初めてなんです^^
面白かったです。
イザクさん、バラードが大好きなんですね!!

> 「ヴァーミリオン・サンズ」という連作集がマイベストなんですが、
バラードの作品、探してみますね!^^
2012-06-20 Wed 20:37 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
日向さん、こんばんは~(^^)/

結晶世界…この綺麗なタイトルだけで惹かれますね^^
死体すら、結晶化すると美しく見えてしまいそう…(^_^;)
水晶のように結晶化した森…是非歩いてみたいかも~(笑)

SFの世界も、色んな作品があって奥深そうですね(*^_^*)
私も少しずつ読んでいけたら…と思っています!
これからも、名作や面白い作品を、
バンバン紹介してくださいね~(^O^)/
2012-06-22 Fri 18:15 | URL | miwa125 [ 編集 ]
miwaさん、こんにちは★

なかなか面白かったです。ただ昔からの本なので活字がちっさかったです^^
すこしつらい・・・・
でも美しい描写で素敵でした!
2012-06-23 Sat 14:07 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。