輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「オルタード・カーボン」リチャード・モーガンを読みました!


著者 リチャード・モーガン
株)アスペクト
評価 ★★★★★

少しお久しぶりです。先週は、出張や町内会のイベントやらでいそがしくて、サボってしまいました。
落ち着いてきたので更新を・・・

かなり以前に購入して、そのままにしていた「オルタード・カーボン」を読みました。
これは面白い。
何がと言うとまず、設定。人の精神をデジタル化して保存することが出来る世界。お金さえあれば、クローンにデジタル化した心をダウンロードすることで事実上の不死をえることができる。こうした富豪たちをメト(メトセラから命名)と呼ぶ。

 タケシ・コヴァッチは、地球の富豪から自分の自殺の真犯人を見つけ出す様、依頼される。
プロローグで主人公のタケシが死んでしまうところから始まるので、これは一体?と唖然とするのですが、わけありの体(他人)に復活します。アクションも設定も大好きです。主人公は、乱暴なところもありますが、気のきいたセリフも多いし楽しいです。作者はこの作品をフィーチャー・ノワールと呼んでいるようです。SFです。ハードボイルドです。アクション小説でもあります。このあとに名作「ニューロマンサー」を読んだのですが、その世界をさらに広げて、書いているよいうに思いました。
かっこいい小説が読みたい人にお勧めです。
 
文庫にもなってます。


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
二十七世紀。人間の心はデジタル化され、小さなメモリー・スタックに記録されて頭部のつけねに埋め込まれている。肉体が衰え死を迎えるとスタックが残る。それを維持し外側の肉体を買う金がある人間は、永遠の生命を得られるのだ。一方、バックアップを取っていないメモリー・スタックを破壊された人間はR・D(リアル・デス=真の死)を迎える。犯罪者は精神のみを収容庫の拘禁され、財力がなければ肉体は売られる。おれ、タケシ・コヴァッチは、特命外交部隊「エンヴォイ・コーズ」に所属していた。高度な訓練を受け、神経システムを強化された完璧な兵士の集団だ。おれはエンヴォイを除隊したあと、犯罪に加担して百七十年の保管刑を宣告され、ハーランズ・ワールドの収容庫に入れられていたはずだった。だが刑期なかばにして、おれは見知らぬ男の姿で目覚めた。おれの心は惑星間の電送によってここに送られ、この男の体にダウンロードされていたのだ。おれをここに呼んだのは、ローレンス・バンクロフトという何百年も生き続けている大富豪だ。バンクロフトは数日前、頭部を焼かれて死んでいるところを発見された。肉体のクローンとメモリー・スタックのコピーを所有していたのでまもなく生き返ったが、死ぬ前の二日間の記憶がなかった。いつも四十八時間に一度スタックのコピーを更新しているが、更新する直前に頭部を焼かれたので記憶が残らなかったのだ。状況証拠から警察は自殺と断定したが、バンクロフトは自分が自殺するはずがないと信じていた。四十八時間の空白を埋めたがっているバンクロフトは、おれの元上官にすすめられ、調査を依頼してきた。応じれば十万国連ドルの謝礼金と新しい肉体が手に入り、ハーランズ・ワールドへ帰還して恩赦を受けることができるという。おれは六週間の期限つきで調査することになった。フィリップ・K・ディック賞受賞。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
モーガン,リチャード(Morgan,Richard)
1965年ロンドン生まれ。イーストアングリア(イングランド東部地方)で育つ。ケンブリッジ大学卒業後、英語講師としてイスタンブール、マドリード、ロンドン、グラスゴーなど各地を転々とする。処女作である「オルタード・カーボン」は2002年にイギリスで出版され、フィリップ・K・ディック賞受賞



スポンサーサイト

作家マ行 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<「ニューロマンサー」ウィリアム・ギブソンを読みました!! | ホーム | 5月の読書メーターまとめ>>

コメント

日向さん、こんばんは~♪

そうそう、この文庫の表紙です!思わずジャケ買い(?)してしまいそうな…^^
日向さんの感想を読ませて頂いて、ますます興味が湧いてきました。

精神をデジタル化、、、凄い設定ですね。
そして永遠の命を得られるのは、結局は金のある人間だけ…(笑)
かなりシビアな世界にも惹かれます。ホント面白そう~(o^-^o)
「サイバラバード・デイズ」に「ペルディード・ストリート・ステーション」に「オルタード・カーボン」…
あぁ、読みたい本ばかりが増えていく^^;
2012-06-12 Tue 20:47 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
日向さん、こんばんは~(^^)/

「ハードボイルド」「アクション小説」にビビッときてしまいました!
と~っても面白そうですね(*^^*)
6週間というタイムリミットに、
ドキドキさせられそうな感じがします。
精神をデジタル化してクローンにダウンロードすれば
事実上の不死が得られる…という設定にもめちゃめちゃ惹かれます♪
でも、お金持ちしかできないなんて…ちょっと不公平かも(--〆)

この作品、文庫化もされてるということなので、
この作品、是非読んでみたいです(*^_^*)
2012-06-13 Wed 17:58 | URL | miwa125 [ 編集 ]
nanacoさん、こんばんは★

ツボでした!セリフもかっこいいです。アクションも派手ですし、雰囲気で読んでしまった感じです。
SF的設定が気に入れば面白いと思います^^

「サイバラバード」や「ペルディード~」と比べたら・・・どれが一番か答えられません^^
皆面白いです!!!
2012-06-13 Wed 20:55 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
miwaさん、こんばんは★

ビビッてきましたか!嬉しいです。
かなり派手なアクションシーンが続きますよ。スピード感もあるので読みやすいんではないかと思います。
心配はSF用語です。そこが気になければ面白いですよ~~
2012-06-13 Wed 20:57 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。