輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「サイバラバード・デイズ」イアン・マクドナルドを読みました!

【送料無料】サイバラバード・デイズ

【送料無料】サイバラバード・デイズ
価格:1,785円(税込、送料別)


著者 イアン・マクドナルド
新☆ハヤカワ・SF・シリーズ
評価 ★★★★★

新☆ハヤカワ・SF・シリーズ 第3回配本 、今回も面白くて今の所外れなし!!
「リヴァイアサン」 「第六ポンプ」に比べると少し地味かもしれない。けど読ませます。面白いです。
バチカルピがタイを描けば、こちらはインドです。

遺伝子操作でうまれた天才児やAIやネットにひそむ神々。

「暗殺者」
インドの二大勢力、娘はお前は武器なのだといわれ育てられる。娘の家族が全員殺されて、敵方と結婚することに。あらゆる検査をしても武器のような要素はみつからない。娘も結婚を承諾するが・・・ 血なまぐさい抗争の果てに残ったものは

「小さき女神」
女神を選ぶ時がきた。私は叔父がワイヤーケーブルに片手でぶら下がり、やがて力尽きて落ちていくのを笑ってみていた。それで神の候補となった。目の前で首を落とされた山羊や牛、声をひとつもあげない私が女神となった。女神は血をながしたら神性をうしなう。大事に大事に育てられた。外にでるのは年に何回もない。しかしふとしたことで手に怪我をしてしまう。そして神ではなくなってしまう。これかどこに住めばいいのか・・・しかし・・・この話凄く好き!面白かったです。

「ジンの花嫁」
AIと結婚したダンサー。はじめは幸福だった。しかしAIはどこにでもいた。ネット上にも、複製が。今ここで自分に語りかけながら、オフィイスで仕事をしていて、ネットにも存在している。私は全てを愛したいのに、どこにもAIのあなたがいる。やがて高い知性のAIを規制する法律が施行されてAIは取り締まられる事に・・・これも面白い!!

どの短編も良かった。派手さはない。けど、たんたんとしたなかに迫力があって良いです。
じっくり読むことをお勧め。

「第六ポンプ」とはまた違った面白さで、自分はどっちも好きです。


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
分離戦争まっただなかのインド。サンジーヴの村にも戦火がおよぶ。アニメさながらの巨大ロボットの戦いに、子供も大人も大喝采。ロボット戦士にあこがれて、サンジーヴは都会へと向かうが…「サンジーヴとロボット戦士」、ダンサーのエシャは、レベル二・九という高い知性を持つAIの外交官A・J・ラオに求婚される。怖ろしいまでに魅力的な彼に、エシャはすっかり夢中になるが…。AIと人間との結婚が産みだす悲喜劇を描き、ヒューゴー賞、英国SF協会賞を受賞した「ジンの花嫁」など、猥雑で生命力あふれる近未来のインドを描く連作中短篇7篇を収録。

【目次】(「BOOK」データベースより)
サンジーヴとロボット戦士/カイル、川へ行く/暗殺者/花嫁募集中/小さき女神/ジンの花嫁/ヴィシュヌと猫のサーカス

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
マクドナルド,イアン(McDonald,Ian)
1960年、英国マンチェスターの生まれ。5歳の時、北アイルランドに移住。大学では心理学を専攻するが中退。1988年に発表した第一長篇『火星夜想曲』でローカス賞を受賞。1991年発表の『黎明の王 白昼の女王』でディック賞を受賞。2004年刊行のRiver of Godsは、英国SF協会賞を受賞している


スポンサーサイト

作家マ行 | コメント:2 | トラックバック:2 |
<<更新練習 | ホーム | 世界の終末についての会話>>

コメント

日向さん、おはようございます~♪
ちょっぴりご無沙汰しております。。。
先週末から奈良に行ってきて、そのまま休みなく仕事だったので、
なかなか慌ただしい一週間でした^^;
やっとこさPCに向う余裕が出来てきました!

この作品、ブクログレビューでも拝見した時気になっていました。
本当に面白そう~(*^0^*)新☆ハヤカワ・SF・シリーズ、ハズレ無しですね!
特に気になるのは「小さき女神」。あぁ、今読みたい…(笑)

「シャンタラム」もそうだったけど、インドは不思議な魅力があります^^
この本も早速読みたいリストに入れておきますね。
いつも素敵な本の紹介ありがとうございます☆
2012-05-26 Sat 08:17 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
nanacoさん、こんばんは★

奈良に行ってきたんですね。お疲れ様でした。楽しかったですか?
サイバラバード・デイズ 派手さはないのですが、面白かったです。
「小さき女神」面白いですよ。女神を選ぶところ、そして宮殿で女神として生活するところ。
インドを舞台にAIや神やネットがロボットが活躍します。
2012-05-27 Sun 22:46 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

【送料無料】サイバラバード・デイズ価格:1,785円(税込、送料別)著者 イアン・マクドナルド新☆ハヤカワ・SF・シリーズ評価 ★★★★★新☆ハヤカワ・SF・シリーズ 第3回
2012-05-19 Sat 04:57 まとめwoネタ速neo
Amazonのページはこちら→サイバラバード・デイズ (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) サイバラバード・デイズ 著者:イアン・マクドナルド 評価: 【内容情報】(「BOOK」データベー
2012-12-22 Sat 17:13 ++薫風日記++
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。