輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

共同体幻想

いつも思う事がある。

人は人を事をどこまで思うことができるのか?

社会、共同体の一員として、人の悲しみや喜びを自分のものとして感じることができるのか、することが良いことなのか?

家族に不幸があったとする。それは悲しい事。近所でも付き合いが深いと悲しい。
こうしてどんどん世界を広げていくと隣の国、地球の反対の国の紛争で自分が傷つくことになる。

だから、共同体に境界を設けなければならないのか
同じ人種、宗教、言語、共通する価値観の上に共通の共感能力があるとすると、おのずと共同体が決まる。
しかし今、グローバル化に遅れまいと、価値観の違いを埋めようとしてる。

すると、地域的共同体と新しい価値観(利害関係で置き換えてもいい)の共同体が同じ人に重なることになる。
この二つ以上の共同体が矛盾なく、成立している間は問題ないのかもしれない。
しかし、それが続く保証はない。

価値観の相違であらたな、共同体が生まれる可能性があるのかもしれない。
新人類はSFだけの世界ではない・・・・

以上 たわごとでした・・・・
スポンサーサイト

私的コラム | コメント:8 | トラックバック:0 |
<<「分解された男」アルフレッド・ベスターを読みました!! | ホーム | 「希望」瀬名秀明を読みました!>>

コメント

何も全人類社会が、単一の国家である必要はなく、複数の国家が併存していてかまわないのだ。
 問題は、政治をおこなう手段である。歴史の進歩またはその流れの回復を、ローエングラム公ラインハルトのように傑出した一個人の手にゆだねるか、自由惑星同盟のように、能力も徳性も平凡な多くの人々が、いがみあい、悩み、妥協と試行錯誤を繰り返しながらも責任を分けあって遅々たる歩みを進めていくか。どちらの手段を選択するかなのだ。
以上銀英伝からの名言でしたーw長々とすいませんw
2012-04-04 Wed 08:10 | URL | キョウラン [ 編集 ]
はじめまして、入江と申します。nanaco☆さんのサイト(++薫風日記++)からお邪魔しました。

面白い考えをお持ちなんですね。それに「模型」や「創作」も覗かせていただきました。

私も小説を投稿しているので、お仲間に加えて頂ければと思いコメントさせていただきました。

突然、失礼しました。


(ブログをしています。宜しければ遊びに来てください。http://irigen.blog119.fc2.com/ 「玄米茶 の NOTEBOOK」)
2012-04-05 Thu 13:50 | URL | いりえ [ 編集 ]
日向さん、こんばんは~♪

深いたわごとですね~。
人の事をどこまで思う事が出来るのか。。。
人の悲しみや喜びに触れて自分が感じる思いや気持ちは、
結局、自分の物でしかなくて、
人と全く同じ気持ちになることはできないような気がします。
ただ同じ気持ちになって自己満足しているような…。
これって、今読んでいる本の影響かも…(^_^;)
2012-04-05 Thu 18:26 | URL | miwa125 [ 編集 ]
キョウランさん、こんばんは★
銀英伝・・・良さそうですね~長いのでちょっと敬遠してました~、読みたいな~
2012-04-06 Fri 20:56 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
入江さん、こんばんは★
ありがとうございます。
模型も創作も、未熟ですが、見てもらい凄く嬉しいです。
仲間、大歓迎ですよ~こちらこそ宜しくおねがいいたします^^
さっそくリンクに登録させてくださいね!!
小説投稿してるんですね。凄いです。
2012-04-06 Fri 20:59 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
miwaさん、こんばんは★
返事が遅くてごめんなさい。

人の悲しみや喜び・・・どれだけその人のことを思えるか・・・難しいですね。
悟りには程遠いですね~
2012-04-06 Fri 21:01 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
日向さん、こんばんは~♪
今週も一週間、おつかれさまでした(*^v^*)

何度も読み返しました。深いですね、考えさせられます。
昨今の世界を見つめると、どんどん境界が曖昧になってきていますね~。
それが良い事なのか、悪い事なのか、今はまだ分からないのですが…
何となく「新世界より」のコロニーを思い出しました。
数十年後には、SFの世界も現実になっているのかもしれませんね。。。
2012-04-06 Fri 22:34 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
nanacoさん、おはようございます。

共同体的意識はあると思うのですがその主体がなくなります。
共同体に埋もれた個はなくてはならいと同時になくても(全員がいなくなれば別ですが)可なものになります。
ブログやツイッターが意志をもつこともありえるかもしれません。

掌篇の題材で考えていたのですが記事にしてしまいました・・・・
2012-04-07 Sat 08:35 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。