輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「黄昏に眠る秋」ヨハン・テオリンを読みました!

【送料無料】黄昏に眠る秋

【送料無料】黄昏に眠る秋
価格:1,890円(税込、送料別)


著者 ヨハン・テオリン
早川書房 HPB 1846
評価 ★★★★★

面白かったです。
この本のなにが、凄いって、探偵役が引退した船長イェロフで養護施設にいる老人なんですね。体調が悪い時は自分で歩けません。

孫が行方不明になって二十数年後、失踪したときに履いていたと思われのサンダルがイェロフのところに送られてくる。
娘ユリアを呼び寄せ、老人仲間と調査に乗り出す。

ユリアとは、あまりうまくいっていません。ユリアも息子イェンスを失ってから、塞ぎっぱなしです。

捜査のパートと、舞台になるエーランド島の暴れ者、ニルス・カントの逃亡行が交互に語られます。
このニルス・カントのパートもすこぶる、面白い。

スウェーデンの架空の島を舞台に親子の物語が展開します。
寒く、凍えそうな情景がありありと浮かんできます。

四季の4部作みたいです。

「冬の灯台が語るとき」が出ていて、こちらはゴッシク風で、幽霊も出てくる様でますます面白そう!!こちらも読みたくなりました!!

【送料無料】冬の灯台が語るとき

【送料無料】冬の灯台が語るとき
価格:1,890円(税込、送料別)




【内容情報】(「BOOK」データベースより)
霧深いエーランド島で、幼い少年が消えた。母ユリアをはじめ、残された家族は自分を責めながら生きてきたが、二十数年後の秋、すべてが一変する。少年が事件当時に履いていたはずの靴が、祖父の元船長イェルロフのもとに送られてきたのだ。急遽帰郷したユリアは、疎遠だったイェルロフとぶつかりながらも、愛しい子の行方をともに追う。長年の悲しみに正面から向き合おうと決めた父娘を待つ真実とは?スウェーデン推理作家アカデミー賞最優秀新人賞に加えて英国推理作家協会賞最優秀新人賞を受賞した傑作ミステリ。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
テオリン,ヨハン(Theorin,Johan)
1963年にスウェーデン、ヨーテボリで生まれる。ジャーナリストとして活躍するかたわら、新聞や雑誌に短篇を発表。2007年に刊行されたデビュー長篇である『黄昏に眠る秋』はたちまちベストセラーとなり、世界20カ国以上で刊行された。そのほか現在までに長篇2作が刊行され、英国推理作家協会賞を受賞するなどいずれも高い評価を受けている

三角和代(ミスミカズヨ)
1965年福岡県生、西南学院大学文学部卒、英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
スポンサーサイト

作家タ行 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<「希望」瀬名秀明を読みました! | ホーム | 「プランク・ダイヴ」グレッグ・イーガンを読みました!>>

コメント

日向さん、こんばんは~♪

実はこの作品、以前図書館で借りた事がありまして…
最後まで読めないまま期限が来て返してしまったのです~^^;
やっぱり本は自分で買わないとなかなか読めないですね(笑)

日向さんの感想をうかがって、
最後まで読めなかった事を今更ながら悔やんでいます!(><)
しかも続きの「冬の灯台が語るとき」もすごく面白そう。
ゴシック風!幽霊!あ~~もう誘惑しないで下さい(* ̄m ̄)
次こそはちゃんと自分で買って読んでみようと思います☆

P.S.「第六ポンプ」を読み始めました~^^
最初の短編から引き込まれました。この世界観大好きでドキドキします。
2012-03-26 Mon 22:03 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
nanacoさん、こんばんは★
ラスト、かなり驚きでしたよ。確かに、話の進み方は遅いかもしれません。
島の雰囲気、霧や氷の感じがいいですね!
冬~はもっと面白そうなんですよ・・・
そのうち読もうと思います。

> P.S.「第六ポンプ」を読み始めました~^^
> 最初の短編から引き込まれました。この世界観大好きでドキドキします。
第六ポンプ、面白いですね。どの短編も良いと思います。
感想今から楽しみです。
雑誌「ナイトランド」短編をぽつぽつ読んでます。短めの短編なので読みやすいです。
2012-03-26 Mon 23:28 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
日向さん、こんばんは~(^^)/

四季の四部作なんですね^^
ということは、あと春と夏の作品も出るんですか~!?
どんな素敵なタイトルなのか、興味津々ですね♪
もちろん内容にも興味ありです!(*^^*)

愛しい子の消息を追う父と娘…どんな真実が待ち受けているのか…。
どちらにしても、号泣しそうなラストが待っていそうですねぇ(T_T)

ゴシック風の『冬の灯台~』、
幽霊も登場するなんて、めちゃめちゃ面白そうですね(*≧▽≦*)
日向さんの感想が楽しみです♪
2012-03-27 Tue 18:10 | URL | miwa125 [ 編集 ]
miwaさん、こんばんは★

最初は起伏があまりなくて、ちょっと退屈かな?と感じたのですが、読み進めていくと、北欧の感じがよくでてて、雰囲気とても良いです。渋い味ですね。

春、夏と出るようで、楽しみです。
冬がめちゃめちゃ面白そうなので楽しみですよ~^^
2012-03-29 Thu 20:23 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。