輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

12月の読書記録 その2


血涙(下) (PHP文庫)血涙(下) (PHP文庫)
耶律休哥の馬上での死は圧巻だった。その消えゆく姿には感動しました。石幻果や兵たちに見守られながら逝く姿は絵になります。最終章、楊家軍と耶律休哥軍の死闘、何十万と云う軍の対峙のなか、中世の騎士の一騎打ちみたいに両軍が国を賭して、そうじゃなくて自分達の矜持を賭けて戦います。兄弟、親子もすべてを超えた戦いでした。その最後は楊志、楊令に続く吹毛剣が楊業が鍛え上げた吹毛剣が決めたのですね。だから、四郎も石幻果も納得できる最期ではなかったかと思います。?英材と楊六郎の息子たちが楊業の血を伝えていくんだと思う。傑作!!
読了日:12月09日 著者:北方 謙三
血涙(上) (PHP文庫)血涙(上) (PHP文庫)
石幻果と六郎との斬り合い、石幻果の兜がとび六郎の叫びが石幻果の記憶を覚ます場面、とうとうこの時がきてしまったと知り泣けてきた。知らないでいることですむこともある。知ってしまったことで今までの記憶をうしなってからの自分をどう位置付けていいか瓊峨姫との事を、楊家との事をどうしていいのか。二重の自分をどう処せばいいのか、なんて残酷な状況に追い込まれてしまったのでしょう。四郎も対する六郎、七郎、九妹も・・・背負うものが二重になってそれが相対するものだという過酷さに耐えられるのか。運命の糾う先はどこか・・涙
読了日:12月07日 著者:北方 謙三
楊家将〈下〉 (PHP文庫)楊家将〈下〉 (PHP文庫)
なんて凄い物語でしょう。最後の章は滲んだ文字を追いかけました。戦とは生き物。最後でこんなことになるなんて。楊業と耶律休哥の虚虚実実の駆け引きが迫ってきました。楊業が全軍を率いていたらと考えますが、外様ではしょうがなかったのでしょうね。気になるのは四郎と瓊峨姫です。なんかロミオとジュリエットを思うのはまるっきり的外れでしょうか?宗主も嘯太后も魅力があるので宋も遼もどっちも残ってほしくなります。今日、血涙も買ってきて良かった!続きを・・・・
読了日:12月04日 著者:北方 謙三
楊家将〈上〉 (PHP文庫)楊家将〈上〉 (PHP文庫)
これほど、面白いとは。「水滸伝」と同じ位面白いです。楊業と息子たちの戦い。北漢から宋へ移る、楊家。そして遼の白き狼、耶律休哥との息をのむ戦い。楊業はもちろんんですが子供たちのなかで四郎と六郎が気になりますね。長男、延平もですが。四郎が過酷な調練を繰り返すなかで一時、酒と楊家の羊の料理で兵たちを休ませる場面。戦ではにないこんな場面で何故かほろりと来る。宋とそして楊家と遼の今後がどうなっていくのか楽しみです。燕雲十六州の奪還なるのかそれとも遼が押し返すのか、興味はつきないです。
読了日:12月03日 著者:北方 謙三
FUTUREFUTURE
読友さんに教えていただいた画集!ありがとうございました!キャプテン・フューチャーは中学生の頃夢中になった本。スターウォーズなんかよりずっと、ずっと前に宇宙に夢を馳せたものでした!エドモンド・ハミルトンで宇宙SFが好きになったといっても良いです。E・E・スミスの銀河パトロールは1巻しか読んでなかったとおもいます。新装版全集はかってないので鶴田さんの絵をみたのはこの画集でお初。ほんと萌えな画集です。SF画集はできるだけ集めたいと思っています^^
読了日:12月02日 著者:鶴田謙二

2011年12月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター
スポンサーサイト

読書 | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<fc2 に引っ越ししてきました | ホーム | 12月の読書記録>>

コメント

日向さん、こんにちは~(^^)/

日向さん、すっかり北方さんの作品にハマってますねぇ^^
日向さんの感想を拝見するだけで、
『楊家将』も『血涙』を読まれた時の感動や興奮が
こちらまで伝わってくるようです~(><)
個人的には、ロミオとジュリエットを思わせる
四郎と瓊峨姫のことが気になります(*^_^*)
戦いの場面も、北方さんだから、やっぱり迫力がありそうですね~!
四郎たちの過酷な運命にも興味を引かれます。
なんだか号泣必至な感じですねぇ…(T_T)
でも…いつか絶対読みたいです~!!
早速、読みたい本リストに加えておきますね♪
2012-01-06 Fri 18:19 | URL | miwa125 [ 編集 ]
miwa125さん,おはようございます★

楊家将、血涙 続いた話なんですが、どちらも面白いです!
戦いだけじゃなくて、恋愛要素もあります。北方さん、面白くて嵌ってしまいますよ~
2012-01-07 Sat 09:56 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
「楊家将」も「血涙」もスゴイ作品でした!
次は「楊令伝」……読み始めたら一気読み必至なので、
文庫で完結する2ヶ月前ぐらいにあわせて読み始めてもいいかなぁなんて思います(笑)
これを機に北方さんの歴史物にどんどん手を出してしまいそうで怖いです~(* ̄m ̄)
2012-01-08 Sun 09:01 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
日向さん、遅ればせながら今年もよろしくお願いいたしますー☆

北方作品がまたしても熱いですね!
皆さんあまりに熱いから、北方三国志をついにポチってしまったではありませんかっ!
それに北方さんだけじゃなく、12月に読まれた本の全体が
興奮に包まれてるのが伝わってきます。
今年もお互い素敵な本に出会えますように☆
2012-01-09 Mon 10:46 | URL | まる811 [ 編集 ]
nanaco☆さん、こんばんは★

実は「楊令伝」の1巻、買ってあるんです。いつ読もうか、迷ってますよ。
「夢の上」を読み始めたのでその次「ローマ人の物語」にしようかと思ってますが他にも色々あってどうしましょう状態です^^悩むのもまた楽しみ・・・
2012-01-09 Mon 18:44 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
まる811さん、こんばんは★

こちらこそ、今年も宜しくお願いいたします。
良い年にしたいですね~

ブログ更新ももう少し頑張ろう・・・できるかな・・・
2012-01-09 Mon 18:47 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。