輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「あなたの魂に安らぎあれ」神林長平を読みました! 「本日の1冊(13748)」

【送料無料】あなたの魂に安らぎあれ

【送料無料】あなたの魂に安らぎあれ
価格:798円(税込、送料別)


著者 神林長平
早川文庫
評価 ★★★★★

神林さん、2冊目です。

本作の舞台は火星です。
地上は人が住めずアンドロイドが統べています。
人間たちは地下で生活しています。
毎日の変化のない暮らしに辟易している。

地上にあこがれる人間たち、そこに危険をおかして行こうとする。

表題は 司祭 サイ・玄鬼がさよならの変わりに使う言葉。

地球の影とアンドロイド、火星都市が交差し本当の世界はどうなのか、混沌としてきます。
題名から、読み辛いかなと想像していたのですがそんなことありませんでした。

3部作の1作目という事です。続きが凄く楽しみ!
面白かったです。
スポンサーサイト

作家カ行 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<「鋼の錬金術師」荒川弘を読みました! | ホーム | 山梨県立考古博物館に行ってきました>>

コメント

日向さん、こんばんは~♪

この本、すごく面白そうです^^随分昔の作品なんですねぇ。
私もさよならの代わりに言ってみようかな…あなたの魂に安らぎあれ!(笑)
アンドロイドが統べる世界、日向さんの小説に出てきそうな雰囲気ですね~(*^^*)
5つ☆ですし、是非読んでみようと思います!
2011-09-25 Sun 22:06 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
nanaco☆さん、こんばんは★
この文庫、1989年の出版でした。
だけど、内容は古くなっていません。

二転三転して面白いですよ。
3部作全部読みたいです。
2011-09-26 Mon 20:41 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
日向さん、こんばんは~(^^)

火星が舞台のSF作品ですか。
すっごく面白そうです(*^_^*)
人類が火星に移住することも決して夢物語じゃないだけに
何だか興味深く読めそうですねっ♪
地下で退屈するのはイヤだけど…(笑)
危険をおかして地上に行こうとする人間…
ドキドキハラハラな展開なんでしょうか!?
第2部のレビューが楽しみです(*^^)v
2011-09-27 Tue 18:13 | URL | miwa125 [ 編集 ]
miwa125さん、こんばんは★

かなり好みな話でした!
火星が舞台なのもそうですが、アンドロイド対人間対???
の三つ巴の展開なんですよ。
読み易かったです。
miwaさんもどうですか?
2011-09-28 Wed 19:21 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。