輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「三国志 8~13」北方謙三を読みました! 「本日の1冊(13748)」

【送料無料】三国志(8の巻)

【送料無料】三国志(8の巻)
価格:600円(税込、送料別)


【送料無料】三国志(13の巻)

【送料無料】三国志(13の巻)
価格:600円(税込、送料別)



著者 北方謙三
角川ハルキ文庫
評価 ★★★★★+

北方版三国志を読了しました。
凄く面白かったです。 nanacoさんが読んでなかったら手にとらなかったと思います。いつもありがとうございます。こんなに没頭した読書体験は久しぶりですよ~。

もう最後10巻を越してからは毎回、目が滲んでしまいました。

お馴染みの三国志ですが北方さんが描くとももう今までと印象がかわります。
典型的なのが

呂布、北方さんの描く呂布はものすごくかっこいいです。男です。
野望のために戦うのではなく純真な強さや部下のためです。

周瑜、吉川三国志では孔明に主役をとられていたと思いますが、赤壁の戦いでの周瑜は見事でした。頭脳戦も凄いです。病気をえるところは悲しかったな~

関羽将軍 ああ、関羽の悲劇はそばに軍師鳳統がいなかったからですね。すべてを自分ひとりで背負い涼州を守ろうしました。義のひとです。

張飛将軍 最初は他の人(劉備とか)の変わりに兵に厳しくあたる損な役回りで可愛そうな感じを受けたのですが、それは戦場で兵を死なさないためだんたんですね。あの張飛の豚の腹のなかに米を入れた丸焼き料理の場面が忘れられません。食べたい!

劉備 徳のひと、しかしその志は漢の王室をまもり統一すること。いまひとつ、魅力がとおもっていたのですが、最期は、やっぱり凄かったです。出なければ、関羽や張飛、趙雲、孔明たちが集まりませんね。

趙雲 劉備なきあと、孔明と「誰もいなくなってしまいましたね」の言葉が哀しかった。それでも蜀をまとめます。持っているものを若い人たちに少しでも教えようとします。

孔明、知のひとですね。だけどその行動力は凄いです。寝る間をおしんで、内政に武器の考案に軍略にすべての面で孔明が関わります。南方制圧のところは暗さがあまりなくて最後の方でのオアシス的な場面でした。(そう感じるのは少し変かな?)孔明が天才なのに己を責める場面がかなりあり、人間孔明を垣間見せていています。時に軍師は非常でなけれがいけないのですがなりきれません。敗戦の責任をひとりで背負うとします。運がないところがありました。

全13巻、です。4月ごろから読み始めていたのですが、読み終わったのが今になってしまいました。途中、間があいてしまいましたが8巻を手にとってからは一気に読みました。
7巻から8巻の間は近くの本屋さんになかったのとか、あったのです。

少し違うかもしれませんが、マーティンの〈氷と炎の歌〉にも通じるものがありますね。
どちらも夢中になります。(文庫になればもっと読み易いですよね)こっちは4部をやっと読み始めました。自分物が多くて混乱してます。これ誰だっけ?と毎回思います^^

話がそれましたが読んで良かったです。
皆さんが読んでいる北方版 水滸伝も気になります。
こっちも近々、読みたいと思ってます。


スポンサーサイト

作家カ行 | コメント:10 | トラックバック:1 |
<<山梨県立考古博物館に行ってきました | ホーム | 「エアーズ家の没落」サラ・ウォーターズを読みました!>>

コメント

日向さん、こんにちは~(^^)

北方版『三国志』読了おめでとうございま~す(*^_^*)
魅力的な人物ばかりで、ホントに面白そうですねぇ☆
日向さんの人物紹介を拝見したら、どの人物もすごくカッコイイので、
何だか目移りしちゃいます(笑)

私もちまちまと1冊ずつ集めている最中です^^
秋に一気読みするのが楽しみです(*^^)v
2011-09-10 Sat 16:58 | URL | miwa125 [ 編集 ]
こんばんは~♪
読了お疲れ様でした~。

おぉ!
北方三国志、高評価ですねー!
私も読むのがますます楽しみになってきましたよー☆
今読んでる楊令伝を読み終えたら、次は三国志読んでみますねー(^_^)

水滸伝はちょっと長いですが、ぜひこちらも読んでみて下さい!
漢たちの熱い生き様がヨイですよ~♪
2011-09-10 Sat 20:24 | URL | 秋乃みかく [ 編集 ]
日向さん、おはようございます~♪
北方三国志の感想、楽しみに待っていました(*^^*)最後の方は一気読みでしたね!

日向さんの感想を読ませていただきながら、また思いだしてウルッときてしまいます(*_*)
呂布は今まで裏切り者で粗野なイメージがあったのですが、
最期まで妻一筋で自分の信念を貫いた人でしたね。本当に格好良過ぎて、大好きです。
それに周瑜も…吉川三国志の狭量な周瑜とは大違いでした(笑)
赤壁の戦いは独擅場でしたね。孔明との友情(?)も好きなシーンでした(*^v^*)
趙雲、若い頃から見ていると感慨深いものがありますねぇ…大好きな武将の一人です。
…というか、もう全ての登場人物が魅力的でした!曹操でさえ格好良かったですね☆

>マーティンの〈氷と炎の歌〉にも通じるものがありますね。

確かに!国の興亡盛衰を描いた作品は、どこか寂しさを感じますね。。。
三国志も氷と炎の歌も、どちらも各登場人物の視点で描かれているので、
どの人物にも感情移入してしまいます~(><)
北方三国志、私も久々にジェットコースターのような読書体験でした!
水滸伝も是非一緒に読みましょ~☆
2011-09-11 Sun 07:37 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
こんにちはー☆

おぉ~やっぱり日向さんも高評価ですね!
なんだか全員が全員魅力的みたいで絶対読みたいです!
来年にしようと思ってたけどやっぱりもう読んじゃおうかなぁ~♪
2011-09-11 Sun 14:48 | URL | まる811 [ 編集 ]
miwa125さん、こんばんは★
コメントありがとうございます。
miwaさん、揃えているところなんですね。
ある程度揃えてからの方がやっぱりいいです。続きが読みたくて我慢できなくなると思いますよ~。
登場人物、皆素敵ですよ。感想楽しみにしていますね^^
2011-09-11 Sun 19:36 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
秋乃みかくさん、こんばんは★
コメントありがとうございます。

凄く面白かったです。
三国志は殆どの人が知っていると思いますが、北方版はいままでのイメージを大きく変えてくれます。

水滸伝も面白そうですね。柴田錬三郎にたしか「我ら梁山泊の好漢」か「九人の戦鬼」だったかな。忘れてしまいましたが水滸伝ものがあったと思います。借りて読んで面白かった覚えがあります。
北方版の評判は凄く良いので自分も読んでみます!
2011-09-11 Sun 19:42 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
nanaco☆さん、こんばんは★
ほんと面白かったです。三国志は昔、柴錬で夢中になったのですが、思い出しました。北方版は呂布とか周瑜のイメージを覆してくれて、とても新鮮でした。かっこいい男たちの(あっ、張飛の妻の薫香とかも素敵でしたよ)戦いが凄く素敵で死んでいくのが哀しかったですね。ブログに挙げませんでしたが馬超とか許ちょ、とか針のえん京とか、芯のある人たちが沢山いて、思い出しますね。

実は今日、近くの某古本屋で、活字本200円セールがあって水滸伝を10巻までですがまとめ買いしてきましたよ^^

近々読み始めたいです。楽しみです。
2011-09-11 Sun 19:53 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
まる811さん、こんばんは★
登場人物、皆素敵でした!まるさんなら呂布とかもう惚れてしまうのではないでしょうか・・最初の山場ですよ。呂布かっこいいです。

>来年にしようと思ってたけどやっぱりもう読んじゃおうかなぁ~♪
まるさんも是非、読んでみてくださいね。読み易いので嵌ると思います。
2011-09-11 Sun 19:56 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
日向さん、またまたこんばんは~♪

水滸伝、10巻までまとめ買いされたとか!(*^^*)
これでガッツリのめり込む事ができますね。私も続きを明日から読み始めます~☆

今日偶然にも、うちの近所の古本屋でも活字本200円セールがありまして(笑)
キャロルの「黒いカクテル」と「天使の牙から」をGETすることができました~♪
キャロル作品はなかなか古本屋では見つからない事が多いので、ラッキーでした^^
読書の秋、お互い楽しめそうですねっ(*^▽^*)
2011-09-11 Sun 21:50 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
nanaco☆さん、こんばんは★
まとめ買いしてしまいました!読みますね~ほんと楽しみです。

>キャロルの「黒いカクテル」と「天使の牙から」をGETすることができました~♪
おめでとうございます^^ 
古本で海外ものの出物ってなかなかないですね。棚の数からして国内の1/3?1/4位しかないですもんね。キャロルの感想も楽しみにしてます。
2011-09-11 Sun 22:36 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

今回は、北方謙三さんの『三国志』の 第8巻から完結巻の第13巻までのレビューを書きたいと思います。 前半(第1巻~第7巻)のレビューから ちょっと間が開いちゃいましたけど、どうか
2012-03-21 Wed 17:47 本を読みましょ
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。