輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「異星人の郷」マイクル・フリンを読みました! 「本日の1冊(13748)」

【送料無料】異星人の郷(上)

【送料無料】異星人の郷(上)
価格:987円(税込、送料別)


【送料無料】異星人の郷(下)

【送料無料】異星人の郷(下)
価格:987円(税込、送料別)


著者 マイクル・フリン
創元文庫SF
評価 ★★★★★

2011年版(2010年の作品対象)SFが読みたい海外部門で1位となった本です。
遅まきながら読みました!

傑作です。自分も大好きです。
歴史に消えた、異星人との接触。
現代編と中世編が交互にかかれています。
中世ドイツに悪魔の姿をした異星人の宇宙船が墜落します。

彼らは果たして人間にとって害なす存在なのか?
ディートリヒ神父を中心に彼らクレンク人を保護していくことになる。

あまりに容姿がことなる彼らは村人たちを受け入れる派とられない派に分けることになる。
途中 オッカムの剃刀 で有名なオッカムが登場して、歴史が好きな人にもお勧め。

(一部の)クレンク人がキリスト教の教えの<天国へ帰る>を文字通り、自分達の故郷の天の星に帰ることと信じ、キリスト教の洗礼を受ける場面はなんか、納得する。
 宇宙船の修理に協力する神父たち。その願いはかなえられるのか・・・
村をペストが襲い、次々と死んでいく人間。地球では十分な栄養がとれず死んでいくクレンク人。ペストでは死なない彼らが村人たちを埋葬したりして助ける場面もあり泣かせます。

終わり方も好きです。
がちがちなSFではないと思うのでSFアレルギーの方も読めると思います。


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
14世紀のある夏の夜、ドイツの小村を異変が襲った。突如として小屋が吹き飛び火事が起きた。探索に出た神父たちは森で異形の者たちと出会う。灰色の肌、鼻も耳もない顔、バッタを思わせる細長い体。かれらは悪魔か?だが怪我を負い、壊れた乗り物を修理するこの“クリンク人”たちと村人の間に、翻訳器を介した交流が生まれる。中世に人知れず果たされたファースト・コンタクト。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
現代のフィラデルフィアで、統計歴史学者のトムは、14世紀に忽然と消えた小村の謎を追っていた。同居する宇宙物理学者のシャロンは、光速変動理論を調べるうち、ひとつの宇宙論に到達した。二人の研究によって見出された真実とは。黒死病の影が忍び寄る中世の生活と、異なる文明を持つ者たちが相互に影響する日々を克明に描き、感動を呼ぶ重厚な傑作。ヒューゴー賞最終候補作。

スポンサーサイト

作家ハ行 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<「エアーズ家の没落」サラ・ウォーターズを読みました! | ホーム | 「エンジェル ウォーズ オフィシャルガイド」を読みました。>>

コメント

日向さん、こんばんは~♪

読メで日向さんの感想を読ませていただいて、ブログレビュー楽しみにしてました(*^^*)
異星人(エイリアン?)ものですか~これすごく面白そうですね!!
個人的には、異星人と最もイメージがかけ離れている中世と絡んでくるのがツボです^^
このちょっと不気味さを感じさせる表紙も気に入ったので(笑)是非読んでみたいです~☆

このミスとかSFが読みたい!とか、ランクインしている作品は全部読んでみたくなりますネ。
2011年度版このミスが手元にあるので、海外編は頑張ってコンプしてみようかな~(^^ゞ
2011-08-31 Wed 22:07 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
nanaco☆さん、こんばんは★
コメントありがとうございます。

中世ヨーロッパと異星人、一見、確かに似合わないですね。
だけど良く考えてみれば、地球の歴史と他の星の歴史?が合わなくてもいいはずなのでこれもありだな~とおもいます。
中世の雰囲気も良く描かれていていいです。その時の技術だとか科学、(おっとそうだその時代は錬金術っていってたんだ)が分かって面白いです。


>このミスとかSFが読みたい!とか、ランクインしている作品は全部読んでみたくなりますネ。
>2011年度版このミスが手元にあるので、海外編は頑張ってコンプしてみようかな~(^^ゞ
ほんとそうですね。読みたくなります。このミスは最近立ち読みですませてるのでランクが良くわかりませんが、上位は読みたくなりますね!!海外編贔屓?はなんとなくわかります^^
2011-08-31 Wed 22:46 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
こんばんわー☆

わ、この表紙すごい、怖いのになんだか目が離せません。
自分が中世に生きてて、見た目が違う異星人に会ったら、
きっと受け入れられなくて石とか投げる気がします。。。
交流ってどんな過程をたどるんだろう…
現代と中世がからみあうっていうのも面白そうですね!
2011-09-03 Sat 00:14 | URL | まる811 [ 編集 ]
まる811さん、こんにちは★
表紙の雰囲気は恐そうですが内容はそうでもないです。
かなり面白い。異星人の科学と中世のときの水準の行き違いに宗教がからんで話が成り立ってしまうところは興味深いです。

ある意味、中世の時代の方が進んでいたところさえ感じます^^
2011-09-03 Sat 11:50 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。