輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「中欧怪奇紀行」田中芳樹 赤城毅 を読みました 「本日の1冊(13748)」


【送料無料】中欧怪奇紀行
著者 田中芳樹 赤城毅
講談社文庫
評価 ★★★★★

中欧の怪奇の源泉を縦横無尽に田中芳樹さんと赤城毅さんが語ってます(ちなみに自分は二人とも未読な作家さん<(_ _)>) お二人の短編がこの本に収録されているのですがそれも未読です・・・

ドラキュラ
狼男
フアンケンシュタイン
魔術師
ローレライ
ゾンビ
ゴーレム

怪奇ネタ、てんこ盛りでした!ヨーロッパは深いですね~。怪奇のもとが・・・
泥の巨人、ゴーレムってユダヤ人も救い主って知ってましたか?


どこを読んでも薀蓄がどっさりで怪奇小説愛好家の方は是非^^


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
吸血鬼はロリコンだ。狼男の二つの系統。フランケンシュタインは頭がいい-。中央ヨーロッパに数多ある恐ろしくも面白い神話、伝説、物語を元ネタに、怪奇大好きの作家二人が夜を日に継ぎ話しこむ。文庫化に当たって新規対談を追加、再編集した決定版!それぞれに工夫を凝らした短篇小説二話も収録。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1夜 於都内某所-北ドイツ怪奇道中/第2夜 於山中の洋館ホテル-恐怖の三大スタア(夕刻-狼男の巻/深更-吸血鬼ドラキュラの巻/翌朝-フランケンシュタインの巻)/第3夜 於高原の一軒家-南ドイツとドナウの国々へ/第4夜 於人里はなれた館の密室-ライン川怪奇未満/書き下ろし短篇小説(ヨハネス・マイヤーホーフの手記(赤城/毅)/鏡(田中/芳樹))

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
田中芳樹(タナカヨシキ)
1952年、熊本県生まれ。学習院大学大学院修了。’77年第3回幻影城新人賞、’88年星雲賞を受賞。壮大なスケールと緻密な構成で、SFロマンから中国歴史小説まで幅広く執筆を行う

赤城毅(アカギツヨシ)
1961年、東京都生まれ。’98年、『魔大陸の鷹』(三部作)でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
スポンサーサイト

作家タ行 | コメント:10 | トラックバック:0 |
<<「賢者の石」コリン・ウィルソンを読みました! 「本日の1冊(13748)」 | ホーム | 無題>>

コメント

とっても面白そうですねー☆
私、怪奇モノはちょっとニガテなんですが、田中芳樹さんと中欧は大好きなのでぜひ読んでみたいです♪

日向さんも機会があれば田中さんの小説を読んでみて下さいね~!(^_^)
オススメはやっぱり「銀英伝」です~☆(怪奇モノではないですけど…笑)
2011-08-11 Thu 09:17 | URL | 秋乃みかく [ 編集 ]
日向さん、こんにちは~!
なかなか面白そうな本ですね。^^
ちょっと怖そう!ってのもありそうですが、中欧の独特の空気感を感じられるのでしょうか?
私も探してみよう~って思います。^^
2011-08-14 Sun 13:38 | URL | picchuko [ 編集 ]
秋乃みかくさん
こんばんは★返事が遅くてごめんなさ

おもしろかったですよ。
ヨーロッパに行きたくなります

「銀河英雄伝説」でしたっけ?バリバリのスペースオペラですよね。面白そう!
2011-08-16 Tue 19:04 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
picchukoさん
こんばんは★

ヨーロッパは歴史が長いのでこういった怪奇の源泉も豊富ですね。そのて?の歴史も興味深いです。
2011-08-16 Tue 19:19 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
日向さん、こんばんは~♪

うひゃー!これ怪奇小説好きにはたまらないですね(≧∇≦)
ドラキュラに狼男にゾンビにゴーレム…ビビッとくるワードばかりですよ~(笑)
こういうのって、小さい頃からゲームで慣れ親しんでいるものが多いのです…むふふ。
これを読んだら中欧に行きたくなっちゃうかもしれませんねぇ(^^ゞ
本屋さんで探してみま~す☆
2011-08-16 Tue 21:22 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
nanaco☆さん、こんばんは★
ほんと、ほんと怪奇小説ファンはどのページを開いてもツボです。中欧だけでなくケルトとかも載ってたらもっとよかったのに・・軽く読めるのもまた良いです・・ミステリーやSFは毎年、ガイド本やランキング本がでますが怪奇やホラーはありませんね。毎年でなくてもいいから出してほしい気もします^^
2011-08-17 Wed 20:31 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
こんばんわー☆

おぉ、面白そう!
怪奇小説愛好家とはとても言えないわたしですが、
「屍鬼」にでてきたドラキュラの話題にちょっと興味を持ったので読んでみたいかも…
あ、でも多少知識がないとついていけないかもですよね…
2011-08-20 Sat 01:04 | URL | まる811 [ 編集 ]
まる811さん
おはようございます★

知らなくても全然平気です。軽いおしゃべりみたいな対談なので読み易いです。

面白かったですよ~

屍鬼、読了おめでとうございます。傑作でしたね。今の時期ぴったり・・・
2011-08-20 Sat 09:43 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
日向さん、こんにちは~(^^)

わわっ!何だかとっても面白そうな本ですねぇ^^
怪奇モノ…愛好家まではいかないですけど、
最近本屋さんに行くとそういう本ばかりに目が行ってしまいます~(^^ゞ
あのゾゾッとくる不気味さが何ともいえないですよねぇ…(><)
田中芳樹さんはまだ未読なんですけど、
『アルスラーン戦記』は13巻まで積読になっていま~す!
ただいま完結待ちです(*^^)v
赤城さんは『書物狩人』を読みましたよ~♪
続編も出てるのでいずれ読みたいと思います!

この本、本屋さんでチェックしてきますね~(^o^)丿
2011-08-21 Sun 11:01 | URL | miwa125 [ 編集 ]
miwa125さん
こんにちは★コメントありがとうございます。

かなり面白いです。そんなに身構えなくても良いですし。
2011-08-21 Sun 15:53 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。