輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「ヒュペルボレオス極北神怪譚」C・A・スミスを読みました! 「本日の1冊(13748)」

みなさん、こんばんは
少しお久しぶりです。

少し私事で心配事があって更新する時間がなかなかとれませんでしたが、普通に戻れそうです。
もう少し更新頻度を上げたいのですが・・・読書も模型も、それと小説の創作もまた再開したいとは思ているのですが・・・虹子と紅葉にまた会いたいと思って色々考え始めてます。
まとまりましたらまた書きたいと思います。
その時は宜しくお願いします<(_ _)>


【送料無料】ヒュペルボレオス極北神怪譚
著者 クラーク・アシュトン・スミス
創元推理文庫
評価 ★★★★☆

『ゾティーク幻妖怪異譚』があまりに面白くてすっかり虜になったスミスの日本での第二短編集です。

 大瀧啓裕さんの訳がまた良いです。初めは古臭く、堅苦しい感じの文章なのですが、読み進めるとスミスの退廃的でまた美しい内容とすごくマッチしているのが分かります。

最初の短編「七つの呪い」はもろ好み
なぜかといえば、蜘蛛の古代神とか悍ましい神々が次々出てくるんですよ。この神々に主人公の英雄がもう振り回されて、可笑しいやら、怖いやら。

 他の短編では 「白蛆の襲来」とかアトランティスを舞台にしたのとかが好き。

この独特の世界は一度、読んで体験してほしいです。

そういえばスミスと交流のあったラヴクラフトもかなり面白いので全集の続きをよまなくては・・読書スピードを少し上げたいです^^

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
邪神シァトッグアが地底に潜み、魔物が跋扈する超古代大陸ヒュペルボレオス。栄華を誇る首都コムモリオムが放棄されるまでの奇怪な顛末を描く「アタムマウスの遺書」、異端の魔術師エイボンと宿敵の対決が思わぬ結末を迎える「土星への扉」他、アトランティス最後の島ポセイドニスの逸話も併載する。『ゾティーク幻妖怪異譚』に続き、美と頽廃の詩人による23の綺想を収める傑作集。

【目次】(「BOOK」データベースより)
ヒュペルボレオスヒュペルボレオス(ヒュペルボレオスのムーサ/七つの呪い/アウースル・ウトックアンの不運/アタムマウスの遺書/白蛆の襲来/土星への扉/皓伯の巫女/氷の魔物/サタムプラ・ゼイロスの話/三十九の飾帯盗み/ウッボ=サトゥラ)/アトランティス(最後の呪文/マリュグリスの死/二重の影/スファノモエーへの旅/アトランティスの美酒)/幻夢郷綺譚(始原の都市/月への供物/地図にない島/歌う炎の都市/マルネアンでの一夜/サダストル/柳のある山水画)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
大瀧啓裕(オオタキケイスケ)
1952年、大阪市生まれ。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
スポンサーサイト

作家サ行 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<無題 | ホーム | 「池澤夏樹の世界文学リミックス」を読みました>>

コメント

日向さん、こんばんは~♪
ブログ更新楽しみにしていましたよ(*^^*)

「ヒュペルボレオス~」も面白かったですよね!この頽廃的な世界観がたまらないです。
古きものが蠢く地下に降りていったりだとか、氷漬けになった魔物だとか、
どのお話も不思議と映像的なイメージがあるんですよねぇ^^
「白蛆の襲来」もインパクト大のお話でしたね~。
次の「アヴェロワーニュ~」ではどんな世界が待っているんでしょう?楽しみです☆

そうそう、虹子と紅葉の続編(番外編?)を構想されているとか!
私もまた二人に会いたいです~~(*^▽^*)楽しみに待っていますね♪
2011-08-03 Wed 20:35 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
日向さん、こんばんは~(^^)
しばらく更新が途絶えていたので気になっていました。
でも、普通に戻られてヨカッタです^^

『ヒュペルボレオス~』、実は私も今読んでいるところです。
この圧倒的な幻想さと頽廃な世界観は、ホントにすごいですよねぇ(@_@)
正直、文章自体は難しめでとっつきにくい感じですけど、
翻訳家の方が上手なのか、それほど読みにくさを感じずに読めるのが嬉しいです(*^^)v

日向さんが好みの「七つの呪い」は、ホントに面白かったですね~♪
ぞぞっとする不気味さ、おぞましさ、恐ろしさが何とも言えないですねぇ(><)
いまのところ一番好みの作品です(*^_^*)
また読み終わったら感想をUPしますね。
2011-08-04 Thu 18:15 | URL | miwa125 [ 編集 ]
nanaco☆さん
こんばんは★

更新の間があいてしまって心配かけました^^
また宜しくお願いしますね。

>「ヒュペルボレオス~」も面白かったですよね!この頽廃的な世界観がたまらないです。
ゾティークがもう好みの話ばかりだったのですっかりファンになりました。

この本も良かったですね。他の人にはない独自な雰囲気が良いですね。第三短編集ほんとに待ちどおしいです。


>そうそう、虹子と紅葉の続編(番外編?)を構想されているとか!
>私もまた二人に会いたいです~~(*^▽^*)楽しみに待っていますね♪

ありがとうございます。なにか素敵なアイディアがあったら教えてくださいね。できるだけ早く書ける様に頑張ります。
2011-08-04 Thu 21:33 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
miwa125さん
こんばんは★

すみません。心配かけてしまいました。もう大丈夫だと思います。このごろ唯でさえ更新ペースが遅いのによけい遅くなってしまいました。あまり物事、構えてしまうといけませんね^^

おっ、miwaさん、読んでる最中なんですね!感想すごく楽しみです。
ほんと「七つの呪い」は最高でした。後のも、もう雰囲気抜群です。
2011-08-04 Thu 21:40 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。