輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「劫尽童女」恩田陸を読みました! 「本日の1冊(13748)」


【送料無料】劫尽童女
著者 恩田陸
光文社文庫
評価 ★★★★☆

ある組織の研究で父の手で特殊で危険な超能力を与えられた少女、遥。

読んでいる間は、はらはらどきどきでした。戦闘場面もあります。
少女が潜伏している孤児院への襲撃場面。
そして軍事施設での核の爆発。(原発事故をどうしても想像してしまう・・・)

さすが恩田さんです。
恩田さんの作品はどんな話か毎回、違っていて、楽しいです。
今回はバリバリのSF+少女の成長物語になってました。

でも最後が・・・もうちょっと決着をつけた終わり方にしてほしかったです!

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
父・伊勢崎博士の手で容易ならぬ超能力を与えられた少女・遥。彼ら親子は、属していた秘密組織「ZOO」から逃亡していた。そして、七年を経て、組織の追っ手により、再び戦いの中へ身を投じることに!激闘で父を失った遥は、やはり特殊能力を持つ犬・アレキサンダーと孤児院に身を潜めるが-。殺戮、数奇な運命、成長する少女。彼女の行く手に待つのは何か。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
恩田陸(オンダリク)
1964年、宮城県生まれ。’92年、日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作となった『六番目の小夜子』でデビュー。ホラー、SF、ミステリーなど、さまざまなタイプの小説で独自の作品世界を築き、多くのファンを持つ。2005年、『夜のピクニック』で吉川英治文学新人賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
スポンサーサイト

作家ア行 | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<カイに乗るナウシカ作成中3 「プラモデル製作記(89)」 | ホーム | カイに乗るナウシカ作成中2 「プラモデル製作記(89)」>>

コメント

日向さん、こんにちは~(^^)

この本、やっぱり面白そうですね~^^
実は、本屋さんで裏のあらすじを読んですごく興味をひかれたので
すでにマイ読みたい本リストに入れてあります♪
恩田さんの作品はまだまだ未読の作品が多くて
つぎはどれを読もうかいろいろ迷うんですけど、
日向さんの感想をうかがって、
『朝日のように~』とともに、この作品も次に読む第一候補になりました(*^_^*)
私も近いうちに必ず読みま~す☆
2011-05-14 Sat 11:20 | URL | miwa125 [ 編集 ]
miwa125さん
こんばんは~。返事が遅くてごめんなさい。

この本、面白いです!最後、はっきりしない終わり方なので少し消化不良気味ではありますが。
最初から面白くて、次々読んでしまいますよ。流石は恩田さんです。
2011-05-16 Mon 22:12 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
日向さん、こんばんは~♪
無事関西から帰ってきましたよ^^またよろしくお願いします☆

恩田さんのこの本、私も最後はちょっぴり消化不良でしたけど、面白かったですよね!
やっぱり恩田さんはラストに至るまでの過程が一番面白いんだなぁといつも思います(笑)
恩田さんが触発されたというキングの「ファイアスターター」も面白かったです♪

最近はこういうぶっとんだ(?)小説、あまり書かれなくなりましたよね…^^;
「ロミオとロミオは~」みたいな近未来SFの雰囲気も大好きなんですが☆
2011-05-18 Wed 20:10 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
nanaco☆さん
お帰りなさい、お疲れ様でした。
旅行記拝見しましたよ。良いですね。やっぱりある程度、歳をとってから色々な知識があれば見どころも違ってきますね。

この本、終わり方はもうひとつでしたが、面白かったです。
随所に恩田さんの上手さがでていて、凄いと思いました。
過去の読書ノートをみたら自分もファイヤースターターを読んでいるんです。でも全然記憶にありません。本は実家のどこか段ボール箱の中なんだろうな~。
恩田さんのSFまた読みたいですね。
麦海シリーズの新刊はいつでしたっけ?読みたいです。
2011-05-19 Thu 22:11 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
はじめまして、訪問有難う御座います。
これまでの投稿リストを参考にして、少しずつ読ませて頂きます。

恥ずかしい話ですが、小説やエッセーなどは少し遅れてブックオフなどで入手し、読むことがあります。

今後とも宜しくお願いします。


2011-05-20 Fri 07:00 | URL | 楽観4493 [ 編集 ]
楽観4493さん
こんにちは、コメントありがとうございます。
また来てくださいね

自作の小説ものせていますので、読んでいただけたら嬉しいです。
2011-05-21 Sat 11:40 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。