輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか」竹田 恒泰を読みました! 「本日の1冊(13748)」


【送料無料】日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか
著者 竹田 恒泰
PHP新書
評価 ★★★★☆

更新の間隔が空いてしまいました。
今年は更新数を多くしたいと思っているんですが・・

仕事の事もあるのですが、あれもやりたい、これも・・・なんて思っていると知らない間に自分に負担をかけているのかもしれません。

何処かに甘えがでて、小説の続きもおざなりになっているし・・・反省しきりです

読書もあまり進んでないんですが、この前読んだ竹田 恒泰さんの「日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか」です。

日本が特殊な国ではないかと、つねずね、感じている自分にとってこの本は賛同と勇気をあたえてくれるほんではないかと思います。

ところどころ、強引なとこがある気がします。けれど、その中心の主張は良いのではと思います。

 若い人に読んでほしいと思います。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
マンガ・アニメが席巻し、世界はいま空前の日本ブーム。しかし理由はそれだけではない。食文化、モノづくり、日本語、和の心、エコ-あらゆる日本文化に好意が寄せられている。それなのに自分の国を愛せなくなったのはあまりにも悲しい。なぜ『ミシュランガイド』は東京に最多の星を付けたのか?どうして「もったいない」が環境保全の合言葉に選ばれたのか?「クール・ジャパン」の源流を探ると、古代から綿々と伝わる日本文明の精神、そして天皇の存在が見えてくる。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 世界でいちばん人気がある国「日本」/第1章 頂きます(いただきます)-『ミシュランガイド』が東京を絶賛する理由/第2章 匠(たくみ)-世界が愛する日本のモノづくり/第3章 勿体無い(もったいない)-日本語には原始日本から継承されてきた“和の心”が宿る/第4章 和み(なごみ)-実はすごい日本の一流外交/第5章 八百万(やおよろず)-大自然と調和する日本人/第6章 天皇(すめらぎ)-なぜ京都御所にはお堀がないのか/終章 ジャパン・ルネッサンス-日本文明復興/巻末対談 日本は生活そのものが「芸術」だ-天皇から派生する枝葉のなかに我が国の文化はすべてある!(北野武×竹田恒泰)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
竹田恒泰(タケダツネヤス)
昭和50年(1975)旧皇族・竹田家に生まれる。明治天皇の玄孫にあたる。慶應義塾大学法学部法律学科卒業。専門は憲法学・史学。作家。慶應義塾大学法学研究科講師(憲法学)として「特殊憲法学(天皇と憲法)」を担当。平成18年(2006)に著書『語られなかった皇族たちの真実』(小学館)で第15回山本七平賞を受賞。平成20年(2008)に論文「天皇は本当に主権者から象徴に転落したのか?」で第2回「真の近現代史観」懸賞論文・最優秀藤誠志賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
スポンサーサイト

作家タ行 | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<川崎T-4ブルーインパルスを作りました | ホーム | 「剣嵐の大地2」ジョージ・R・R・マーティンを読みました! 「本日の1冊(13748)」>>

コメント

こんばんは(*´∀`*)
色々とお忙しそうですね。ご無理なさらず自分のペースでいいと思います(*´∀`*)
私自身、あれもこれもしたいという気持ちがあれもこれもしなきゃっていう焦りになってパニック状態になることがよくあります。今も少しそういう状態。あれもこれもが義務感になって、それをこなせないことがストレスになって。自縄自縛とはこのことですね(;^ω^)そうなると結局どれも中途半端になっちゃうし(´Д`;)
ゆっくりマイペースでしたいことをしようと心がける次第です★

この本おもしろそうですね。今日本人に必要なのは矜持だと思います。実際誇れることだらけの日本なのに、日本人はなぜか自信がなく、欧米ばかりをうらやんでますよね。もっと自分自身の国を知ることが大切。そうすれば自然と矜持を持てるようになりますもの。この本はその一助となってくれそうですね(*´∀`*)
2011-03-04 Fri 23:56 | URL | さゆみ1194 [ 編集 ]
日向さん、こんにちは~♪

お仕事、お忙しそうですね(><)特に3月は慌ただしいですからねぇ。。。
適度に息抜きをして、毎日楽しく生活していきましょう☆
私もやりたい事はいっぱいあるのに、何一つとしてできていない気もします(笑)

面白そうな本ですね!新書は普段読まないのですが、これはすごく興味があります~^^
京都や奈良に行くと、あぁ日本っていいなぁと心から感じます。
同じお寺でも、中国のとは大分雰囲気が違いますよね。
中国はダイナミックだけれど、日本の方がより生活と強く結び付いている気がします。
今年のGWはまた奈良に行きますよ~(*^^*)
2011-03-05 Sat 12:07 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
さゆみ1194さん
こんにちは!
何事もあまり無理しないでやっていこうかと思います!
いつもありがとうございます。

この本は結構面白かったです。100%鵜呑みにする必要はないかと思いますが主張は正しいと思います。
2011-03-05 Sat 12:41 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
nanaco☆さん
こんにちは~★

もう少し頑張ります!でも無理はしない様にしますね。
更新ももう少し多くしたいのですが気力が・・・・
すぐ、お酒のんだりしないで更新すれば・・・

新書は平均してすぐ読めるのが多いですね。この本も早く読めました。内容も自分は良いのではと思います。

日本の良いところにもう少し自信を持ちましょう!
2011-03-05 Sat 12:47 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
日向さん、こんにちは~(^^)

いろいろとお忙しそうですね(>_<)
私も色々やりたいことが増える一方で、
なにひとつ実現できてないような気がします~(^_^;)
日向さん、お互い焦っても仕方がないと開き直って、
マイペースで頑張りましょう!!(*^^)v

日本が世界でいちばん人気がある、っていうのが
ちょっと意外な気がしたんですけど、
確かに、アニメとか漫画は、世界で人気があるみたいですね^^
難しいことはよく分からないですけど、
日本独特の美しい文化も、世界に堂々と誇れるものですよね~♪
2011-03-06 Sun 10:41 | URL | miwa125 [ 編集 ]
miwa125さん
こんばんは~★

コメントありがとうございます!
忙しい時は体調も気分も管理が難しいです。

特に自分は下手なので気を付けたい・・・

この本はなかなか良いと思います。
機会があったら是非手に取ってみてくださいね。
得るところがたくさんあると思います。
2011-03-06 Sun 22:08 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。