輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「醜さの問題」第2回 日向永遠 「連載小説を書いてみようv(41975)」

久しぶりに第2回です。
毎度の事ながら間が空きすぎてごめんなさい

まだまだ全体像を作り切っていないのですが続きいきますね。




***********************************************************************

醜さの問題 第2回

雪は分かれた恋人、尚(なお)の事を思い浮かべていた。尚の愛撫の最中、しかしそ最中、彼の頭の中には自分ではない別のもっと若い女がいる事が突然解った。何故か!
「尚!」彼を感じながら雪は叫んだ。尚はそれを歓喜の叫びと勘違いしたのかにやっと笑った。雪は瞬間、逆上し下から尚の体を思い切り突き放した。尚はベットの後ろの壁に背中、頭を打ち付け、呻いた。
「なにをするんだ」その言葉に雪は胸も隠さず睨み返した。
「その若い女は誰なのよ」
「何のことを言ってるんだ」
「私を抱きながら別の女の事を思っていたでしょ」
「何、バカな事を言ってるんだ」
雪はその若い女の特徴を次々にあげていった。
「目がおっきいでしょ。髪は自然なままの黒。背は高い方じゃない。ピアスの穴を二カ所あけてて、肌は雪の様に白い。それに背中に大きめはほくろが二つ並んでる。違う?」
尚の顔が段々と真っ青になっていく。
「お前、何故?」尚は慌てて携帯電話を取り上げる。
「見たのか?」
「人の携帯を盗み見る様な事、しないわよ」下着を身につけながらどんどんさめていく自分を意識しながら雪は言った。あれは何だったのだろう。あの若い女の頭中の姿は何だったんだろうか。けれどあれが真実なのは今の尚の行動で証明されてしまった。
「いいや。できるだけお前とも遊んでいようと思ってた。けどもう解ってしまったなら。もういいや」尚はさっきまでとは打って変わった態度になった。
「分かれる前にもう一度。いいか?」尚は雪を強引に組しくと乱暴に下着をはぎ取った。雪は尚を睨みつけた。尚は平気な顔して行為を続けた。雪の胸中に殺意が芽生えたのはこの時だった。尚に抱かれながら尚を殺す事を想像する。すの倒錯の中に雪は溺れていた。その向こうに名前のしらない若い女が浮かんだ。いつの間にか尚はかえっていたのだったが空想の中に沈んでいた雪はそれを意識しながらもやり過ごしてしまっていた。尚の首を閉めている両手は空にあげられていた。
「裏切り者」我に返ると雪一人だった。
人を憎む事の快感は尚との愛の何倍ものものだった。こんな素敵な事もあったんだ。
「尚。あなたに感謝しなくちゃ」雪は妖艶に微笑んだ。

 片倉は雪の話を聞き、そして、言った。
「尚を殺すのか?本当に」
「当たり前でしょ」
「よし。つきあってやる」
「だけど、あのナイフ男、なんだろう」
「お前と同類ってことだな。人の事がのぞけるなんてな」
「ねえ、あいつ残酷行為の中でしか人をのぞけないじゃない?そして私は・・・」
「なら、今俺の中を覗けるか?」片倉は雪に重なった。
「あなたの中には私がいるわ」雪はそう言うと片倉をきつく抱きしめた。

つづく
スポンサーサイト

創作 | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<乾燥肌・・・・? | ホーム | 「黒いカクテル」ジョナサン・キャロルを読みました! 「本日の1冊(13748)」>>

コメント

日向さん、こんばんは~^^

「醜さの問題」続き楽しみに待ってましたよ♪
うぉぉ~怖っ…雪、怖っっ!(><)でもそれよりももっと恐ろしいのは尚ですねぇ。
酷い男だ…まぁこういう男が現実にいるというのが切ない所ですけれど。。。
人の心を覗けるっていうのは、どちらにとっても不幸な事かもしれませんね。
心にずっと秘めておきたい事、誰にも知られたくない事、どんな人にもありますもんね^^;
雪と片倉の今後の事、それにナイフ男の事も気になります。
続きを楽しみに待っていますね~☆
2011-01-31 Mon 21:13 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
日向さん、こんばんは~(^^)

う~ん…この尚という男に腹が立ちますねぇ。
なってひどい男なんでしょう…(--〆)
雪も、どんどん恐ろしくなってきますね~。
だんだん醜い悪女になっていくのが怖いです~(><)
人の心が覗けるのも、時には悲劇的ですよねぇ^^;
人の綺麗な心だけ覗けるといいのに…。
第3回がどんな展開になるのか、
続きを楽しみにしていますね~(^^)/
2011-02-01 Tue 18:07 | URL | miwa125 [ 編集 ]
nanaco☆さん、こんばんは~★
感想ありがとうございます!

最後まで考えていないので、内容が変わっていくかもしれません。
 
今後は楽しみとしての復讐が始まる予定です^^


どんな場面がまっているでしょう・・・
2011-02-01 Tue 21:55 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
miwa125さん、こんばんは~★
感想ありがとうございます!

次回も宜しくお願いいたします!

雪と片倉で復讐劇のはじまりかな~
全然考えてなかったりします・・・

また読んでくださいね!
2011-02-01 Tue 21:57 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
こんにちは!
ご無沙汰しています。
お身体はもう大丈夫ですか?

「醜さの問題」は、新しい作風なんですね。タイトルの意味も気になります。
なぜ、頭の中をのぞくことができるのか?そこにもルールがありそうですね。
復讐をたくらむ快感……わかるような気がして、怖いです(笑)
この先どうなるのか、楽しみにしていますね♪
2011-02-02 Wed 11:29 | URL | samiado [ 編集 ]
samiadoさん
こんばんは~★

感想ありがとうございます!感謝!

腰痛もだんだん、普通の状態にもどってきました。
良かったです!

>「醜さの問題」は、新しい作風なんですね。タイトルの意味も気になります。

いままで、避けてきた部分もあるんですが、あえて挑戦してます^^
表現は違いますが、核の部分は、いつも一緒だと感じます。
また続きも頑張りますのでよんでくださいね。
2011-02-03 Thu 23:15 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。