輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「大いなる遺産」ディケンズを読みました! 「本日の1冊(13748)」


大いなる遺産(上巻)65刷改版

大いなる遺産(下巻)57刷改版

 【中古】文庫 大いなる遺産 下巻

上下巻ですが 画像がないと寂しいので中古もリンクしました

新潮文庫
作者 ディケンズ
評価 ★★★★☆

皆さん少しお久しぶりです。
忙しいのと、寒くなったのでいまひとつ調子がでません。

ディケンズの「大いなる遺産」をやっと読む事ができました。
ディケンズと言えばクリスマル・キャロルとかオリバー・ツイストとか色々名作があります。
クリスマス・キャロルは既読ですがそれ以外は今回の大いなる遺産しか読んでいません。

沼地の墓場で脱獄犯におどされ、枷を切るためのやすりと食料を恫喝され届けるピップ少年。
そして謎の老婦人から呼び出され、そこの美少女エステラの遊び相手にされる。

このエステラが高慢な性格な持ち主。けれどピップはたちまち意中の人となります。

やがて、謎の人物から膨大な遺産を相続する事になり、住んでいた姉夫婦の家(貧しい鍛冶屋)からロンドンへ紳士になるために赴く。

そして今まで親切にしてくれた 鍛冶屋のジョー(義兄)の事も忘れて行く。
濫費の生活にあけくれる。

そして 謎の相続人が現れる。それをひた隠しにするピップ。

運命は再度、逆転してしまう。

ピップは私たち誰もがもっている、移ろいやすい性格を反映している。
人は生きている間色々な事が起きる。だけど大切にしなければいけないのは人。
その事に再度、気がつかされるピップ。
富豪のままなら、別意味不幸になっていたのかもしれない。

スポンサーサイト

作家タ行 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<「読書会」山田正紀・恩田陸を読みました! 「本日の1冊(13748)」 | ホーム | 「草原の風雲児」グイン・サーガ11 栗本薫を読みました! 「本日の1冊(13748)」>>

コメント

日向さん、こんばんは~♪

ディケンズって、「クリスマス・キャロル」の作家さんだったんですね!
私も小さい時に少年少女文学全集で読みましたが、作家名まで覚えていませんでした(笑)

この作品、タイトルからしてちょっと読みづらいのかな~?と思っていたんですが、
日向さんの感想をうかがうと、すごく惹かれる内容です(*^^*)
ピップは転落の一途を辿るのかな…最後に気付く事はできたんだろうか…
とても気になる作品なので、読みたいリストに追加しておきます~♪
2010-11-10 Wed 20:09 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
こんにちはー☆

「大いなる遺産」てこういう話だったんですねー!初めて知りました。
ディケンズ、昔「二都物語」を読んだきりです。
ちなみに感想は全く記憶にございません。笑
でもこういう名作もたまには読みたくなりますね~。

日向さん、体調のほうはいかがですか?
わたしは昨日一昨日と社員旅行で群馬だったんですが、
そのせいか今日はのどが痛いです。原因は風邪ではなく多分慣れない酒ですが・・・笑
2010-11-11 Thu 14:53 | URL | まる811 [ 編集 ]
nanaco☆さん
こんばんは~★コメントありがとうございます。

クリスマス・キャロルは何度も映画化されてるし、分かりやすい話なので老若男女、誰にでも受け入れられる話ですね。
面白いし。スクルージの名前は皆、おぼえているのではないでしょうか。
ピップの名もまた同じように記憶に残ります。等身大の自分たちと同じ様な俗人だから。

ディケンズは面白いです。
2010-11-11 Thu 22:13 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
まる811さん
こんばんは~★コメントありがとうございます。

二都物語、どうでしたか?
自分は次はオリバー・ツイストを読みたいなとおもっているんですよ~。

今回読んだ大いなる遺産は楽しめました。

ほんと、こう言う名作文学も読みたくなります。

まるさん、社員旅行。お疲れ様でした。気疲れしませんでしたか?自分は可もなく不可と言ったところです。
モチベーションが最近、下がり気味なので注意したいです。
2010-11-11 Thu 22:34 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。