輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「機械蜘蛛の塔 第7回」 日向永遠 「連載小説を書いてみようv(41975)」

皆さんこんばんは~

長らくお待たせいたしました。きっと忘れ去られているかも・・・ごめんなさい。

機械蜘蛛の塔の再開です。長い中断でほんとにほんとにお詫びします。

わがままばかりですが読んでいただけたら嬉しいです。

東の魔女、リリスに会う事ができたネルとチハル、そして機械蜘蛛のモニカ。
リリスは・・・

*********************************************************************
機械蜘蛛の塔 第7回

 モニカ達が見守る中、リリスが呟く様に喋っていた。
「塔の姫を目覚めさせる方法を知りたいのだね」リリスはどこか遠くを見る様な目をして言った。その声は美しい顔にそぐわない声色をしていた。どちらかと言えば男性的な声だった。
 ネルとチハルはリリスを畏怖の目で見た。ネルは、祖父が異形のものたち、腹部に白い星形の模様のある土蜘蛛に攫われた事。古代生物がこの世界を狙っているらしい事。それを防ぐには機械蜘蛛に眠る姫を目覚めさせなければいけないらしい事を喋った。

 チハルは黒犬のミシュが土蜘蛛の話の所でぴくっと反応した様に思えた。ミシュの額にある赤い星を見た。土蜘蛛の白い星がネルとチハルの脳裏に浮かんだ。

「この世界の存在には対になるものが存在しています。ネルとチハルは対の存在です。それで調和をとっています。対は同じ世界の存在とは限りません。地上の存在と地下、古代生物の対もあり得ます。しかし、一生、その事を知らないで過ごす人々が大部分なのです」

 ネルとチハルはお互いを見つめた。世界の調和とはなんだろう?この世界はもともとは古代生物のものだったのだろうか?そもそも世界とはなんだろう?統べる者が世界を作るとすれば、市井の人々の世界とはなんだろうか。人は社会を作る。よほどの変わり者以外は社会生活を営む。人が生きて行く事は自分自身の生を生きると同時に社会を維持する事だ。社会=世界とすると世界を維持する事になる。ネルとチハルは、そんな事を考えていた。

 リリスは二人とモニカを見つめた。
「分かった?これで」リリスの男性的な声にネルはハッとした。
「そう。姫の対となる存在を探すこと。そしてその対の法則を見つけること。そこに答えがある」

「でもどうやって探せばいいの?」チハルは途方にくれた。
「早くしないとこの国が、古代生物に征服されてしまう」
「まって、チハル、世界は対が基本だとすると・・男性には女性、右には左、北には南・・・」
「ネル・・・それって」
「そう。地上の塔の姫には地下の女王」
「でもそれでは・・、姫を目覚めさせる事を敵の王がするはずない」
「どうしたらいいの」チハルはうなだれた。

(つづく)
*********************************************************************
スポンサーサイト

創作 | コメント:8 | トラックバック:0 |
<<グイン・サーガ10「死の婚礼」栗本薫を読みました! | ホーム | 「多読術」松岡正剛を読みました。 「本日の1冊(13748)」>>

コメント

日向さん、こんばんは~♪

おぉ、とうとう機械蜘蛛の塔、連載再開ですね!^^
前回までのお話を読んでちょこっと復習してきました。
そうそう、機械蜘蛛はモニカっていう名前でしたねぇ。
塔の姫と対になるのは地下の女王…ネルとチハルはどうやって姫を目覚めさせるの!?
そして連れ去られたおじいさんの事も気になります。。。
続きを楽しみに待っていますね~(*^v^*)☆
2010-10-18 Mon 21:44 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
nanaco☆さん
こんばんは~★
コメントありがとうございます!

間、空き過ぎですみません。

再開しますので、また宜しくおねがいします^^
どんな最後にしようか考えてます。

2010-10-19 Tue 21:17 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
日向さん、こんばんは~(^^)
「機械蜘蛛の塔」、再開されたんですね~♪
またまた楽しく読ませていただきました(*^_^*)

この世界には、対が存在するんですね~。
もしかして、黒犬ミシュの額の赤い星と、土蜘蛛の白い星も
対なのかしらん…???
そして、塔の姫と対になるのが、よりによって、敵方である地下の女王だなんて…。
ネルとチハルには、この先も苦難が待っていそうですねぇ(><)
連れ去られたおじいさんは、はたして無事なんでしょうか…!?
第8回も楽しみに待っていますね~(^^)/
2010-10-20 Wed 18:14 | URL | miwa125 [ 編集 ]
miwa125さん
こんばんは~★
感想ありがとうございます。

こんなに空けてしまったのに読んでいただいて嬉しいです。
感謝です。

色々謎を広げてしまって収拾をどうしようか悩んでいます。

出来るだけ長く続けたいのですが・・・
また読んでくださいね^^
2010-10-20 Wed 21:00 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
こんばんわー☆ちょっとご無沙汰してしまいました。

機械蜘蛛の塔、お待ちしてましたよ~!!
1話から読みなおしてきましたのでバッチリです☆
対の存在、そういうの大好きです!
よりによっておじいさんを連れ去った女王が、姫の目覚めの鍵とは…!
ネルとチハル、モニカはどうするんでしょうか…
地下の女王の存在もこの国の秘密も、それに世界の調和というのも気になります…
続きお待ちしてますよ~☆

2010-10-22 Fri 02:36 | URL | まる811 [ 編集 ]
まる811さん
こんにちは~★
毎回読んでいただいて、ほんとうにありがとうございます。

自分にとっても大好きな話なので大事に育てないなとおもっています。ですがあまり自信はないです・・・^^

できるだけ早く続きをアップしますので宜しくお願いしますね^^
2010-10-23 Sat 11:08 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
日向さん、おはようございます。
機械蜘蛛のお話、アップしてくれてたんですね~♪
ちょっとドキドキしながら読ませて戴きました。
まさに、今回の内容は今後の鍵、いや物語の核になりそうな場面ですね。
対の法則、そこにある真実にワクワクしてきました。
続きが待ち遠しいです。^^
2010-11-07 Sun 07:02 | URL | picchuko [ 編集 ]
picchukoさん
こんばんは~★
感想ありがとうございます。

スランプ?です。続きがなかなか、書けません・・・
勢いがでればいいのですが・・なんとか書きたいとおもっているのですが・・
2010-11-08 Mon 22:50 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。