輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

氷と炎の歌 2部「王狼たちの戦旗」ジョージ・R・R・マーティンを読みました! 「本日の1冊(13748)」




王狼たちの戦旗(1)
王狼たちの戦旗(2)
王狼たちの戦旗(3)
王狼たちの戦旗(4)
王狼たちの戦旗(5)

著者 ジョージ・R・R・マーティン
早川文庫SF
評価 ★★★★★+

先月の中ごろから、氷と炎の歌の世界に没頭してました!
悲しいかな文庫はいまのところ2部まで!
単行本で読もうか真剣に悩んでいます。

もう面白い!先の読めない面白さ。

スターク家の子供たちに次々に襲う試練。もう半端ないです。
はじめはあまり好きじゃなかったサンサにももう、同情してしまいます。
なのでジョン・スノウやアリア、そしてブランのパートはハラハラ、し通しです。

壁を守る夜警団にはいったスノウ。ここにはいったら全ての関係をたって、夜警団に身をささげなければなりません。夜警団が家であり兄妹。スノウが素敵なんです。そして彼といつも一緒の大狼のゴーストも良いです。二人?の心は通じ合っている様にみえます。

アリアは現在、キングズランディングから故郷ウィンターフェルに向け、流浪の旅を続けています。波乱ばかり。無事つけるのか・・

そのウィンターフェルはスターク家の被後見人でロブの友だった鉄諸島のシオン・グレイジョイに・・・・・

幼いリコンとブランがロブの居ない留守をまもっていたのでうが、城をおわれてしまう。

ブランの見る夢は何を暗示しているのでしょう。

そして、ジェフリー・バラシオン少年王の王の手 ティリオン・ラニスター。酷いやつばっかりの(ような)中で異質な存在。彼は生まれながらに発育不良で小人。知力で戦います。
彼がサンサを救う所は良かったです。

古王のデナーリスとか、魅力的な人物が綾なす、世界はもう、善とか悪とか、関係なくてそれぞれがそれぞれの立場で戦っています。

本当に面白いです。

3部の単行本、買おうか?でも3冊で9000円!もう少し悩みます・・・
スポンサーサイト

作家マ行 | コメント:6 | トラックバック:1 |
<<「多読術」松岡正剛を読みました。 「本日の1冊(13748)」 | ホーム | 無題>>

コメント

日向さん、こんばんは~♪

いや~日向さんのレビューを読ませて頂きながら、またもや興奮してきました!(笑)
いくら語っても話は尽きないですよね~^^;いつまでもこの世界に浸っていたい…

私も最初はサンサがあまり好きではなかったんです。アリアのほうに感情移入してました。
でも、ジョフリーの真の姿に気付き始めたあたりから密かに応援しています~(^^ゞ
なんとなくサンサに好意を持っている(?)ハウンドもちょっと気になるキャラです♪

新しい章で、一番気になるのがジョン・スノウのパートです!これからどうなるの!?
夜警団の仲間とは離れ離れになったとしても、ゴーストとだけはずっと一緒にいて欲しい…
大狼の中でもやっぱりゴーストは特別な感じがします(^^)

そうそう、画集購入する事にしたんですね~♪やっぱり私も欲しいっ!(><)
第三部は、来月から思いきって1冊ずつ(?)購入することにしました。
ハードカバー…高いけど日向さんも一緒に読んでいきませんか?(*^^*)
2010-10-11 Mon 21:00 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
nanaco☆さん
こんばんは~★
面白いですね~、先が気なってしょうがないです。

ジョン・スノウのパート気になりますね。野生人に囚われてしまって・・。各国の王が玉座を争っている間に北の脅威が迫ってくるのでしょうか?
今はあまり絡みがない、ドラゴンの女王デーナリスほどうなっていくのか・・・興味は尽きないです。

単行本高い!でも自分も読む事にしますよ~。
これからも感想、教えてくださいね・・・楽しみが増えます。
2010-10-11 Mon 21:45 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
こんにちはー☆
おもしろそうだなぁ~とレビュー拝見してたら…
3冊9000円ですかっ?! 高っっっ!!
でもそれを買われるんですね…それほど夢中になれるということですね~
2010-10-12 Tue 11:50 | URL | まる811 [ 編集 ]
こんばんは、お久しぶりです^^

このシリーズ本当に面白そうですね。
nanacoさんや日向さんのレビューがあまりにも面白そうなので、図書館から最初の巻を借りてこようかな~と今から目論んでいます。

良いシリーズものは、一度手を出すと、本当に引きずりこまれちゃいますよね~。

その感覚が癖になります♪
2010-10-12 Tue 19:58 | URL | かをる。 [ 編集 ]
まる811さん
こんばんは~★

面白いですよ~。もうスターク家の子供たちの先が気になってしょうがないです。半端ない試練で、悲しくなりますよ。

まるさんも文庫の1部、2部、どうですか?ご一緒しましょう!
2010-10-12 Tue 23:02 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
かをる。さん
こんばんは~★、お久しぶりです!!

かをるさんも是非読んでみてください。
絶対嵌ると思いますよ。
はじめはとっつきにくく感じるかもしれません。でもすぐにのめり込むと思います。
感想楽しみにしてます!!
2010-10-12 Tue 23:04 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

今回レビューを書くのは、ジョージ・R・R・マーティンの 〈氷と炎の歌〉シリーズの第2部『王狼たちの戦旗』という作品です。 ◆あらすじ◆ 七王国の空に燦然と輝く、真紅の彗星
2012-09-08 Sat 18:19 本を読みましょ
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。