輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「魔女のはかりごと 第14回」日向永遠 「連載小説を書いてみようv(41975)」

こんばんは~★
ハカリの物語 14回目です。

やっと、纏まってきました。
ハカリとソラの物語 次回が最終回の予定です。

よかったら感想、応援宜しくお願い致します。


************************************************************************
魔女のはかりごと 第14回

堀の心中に煙草を押しつける黒沼のとりまきたちが浮かんだ。その後ろで黒沼の薄笑いの顔が浮かぶ。自分のやろうとしていることは黒沼と同じ事だろうか?このクラスの中ののけ者の様な孤独の存在の本田麻里を使ってやろうとしたことそれは、クラスの動静を報告させること。自分に反抗的な量子や空子のことをそれとなく探ること。できたら二人と親密な関係になればより良かった。そうして量子たちを攻撃できるような材料を集めようと思ったのだった。それは黒沼と同じ事だろうか。
 
 本田麻里自身にとってそれはどういう事だろうか?虐めている訳ではない。苦痛が伴う様な事でもない。だから本田にとってはそれほど嫌な事ではないのではないだろうか。
 本当にそうだろうか。級友をスパイするということはどういうことだろうか?級友?その前に本田にとって真の意味での級友がいままでいたのだろうか?本田はクラスの中で孤立していた。友達という存在はいなかったに違いない。毎日がやりきれなかったにちがいない。だからたとえスパイという形であっても級友と係われるということは幸せではないのだろうか?そうに違いない。そうであれば自分のやっていることは悪い事ではない筈ではないか。

「わたしのやっていることは黒沼とは違う」堀のその言葉にハカリはキッと堀を睨んだ。
「先生。やっていることは違うけれどうけた側にとっては同じよ。先生は本田さんを使って私たちをみはらせようとしたのね」ハカリは堀の魂の揺れから堀の考えを読みとったのだった。

「やっぱり、あなたは魔女だったのね。そうでなかったらそんなこと分からない筈」堀はハカリの事をしみじみと見た。ハカリは黙っていた。
「量子さん。あなたには、やっぱりなんだか不思議な力があるのね。それはどんな力?」

 ハカリは教えるべきか迷った。しかしその迷いも短いものだった。
「私は人の魂を見ることができるんです。堀先生の魂は黒くて、周りが蠢いていて、トゲトゲで、だけど、今は違う。輪郭に輝きが見えはじめている。だから、だからきっと・・・」

 堀はハカリの言葉を消化するように考えた。量子さんはきっと本当の事をいっているのだろ。自分の過去もそれで気が付いたのかもしれない。

「そう。そんな能力があなたにはあるのね。かなわないわね。ならば、あなたに勝つことはできなないのね」

(つづく)

************************************************************************


スポンサーサイト

創作 | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<「魔女のはかりごと 第15回(最終回)」日向永遠 「連載小説を書いてみようv(41975)」 | ホーム | 「七王国の玉座(氷と炎の歌第1部)」ジョーン・R・R・マーティンを読みました!! 「本日の1冊(13748)」>>

コメント

お、とうとう次回が最終回なんですね。
堀先生の心を楽にしてあげたい反面、この物語が終わってしまうのは、ハカリとソラに会えなくなるのは非常に残念です。
どうです?ハカリ&ソラでシリーズものにしちゃうとか!!^

堀先生の心、いえ魂が動かされている様子がすごくよく分かります。
人間の心が変わっていく様、日向さんはうまく表現されてますよね。
段々と堀先生こそ愛すべき存在なんじゃないかという気持ちになってきました。
彼女の痛みは現代に生きる人々の痛みをそのまま表していますもの。
堀先生と本田さんの孤独、少なからずみんな抱えているのかもしれませんね。
この物語が、読者のみなさんにとってハカリとソラの役目を果たすんじゃないかな~って思いました。^^
2010-09-23 Thu 21:10 | URL | picchuko [ 編集 ]
日向さん、おはようございます~♪
次でとうとう最終回なんですね。ハカリとソラとお別れ…と思うと寂しいです。
でも、機械蜘蛛の塔もまだ続きですし、まだまだ日向さんの小説が読めますね(*^^*)

堀先生の心に、だんだんと変化が現れてきたのが手に取るように分かります。
先生が過去に受けた傷は、逆に言うと虐められる者の気持ちが分かるという事ですよね!
ただその使い方を間違えてしまったのでしょうか…
クラス全員の前でハカリを糾弾する魔女狩りのようなやり方は、
決してみんなの心を掴む事はありえない、と堀先生も気付いてくれると良いのですが^^
最終回、どうなるのでしょう?楽しみに待っていますね~~♪
2010-09-25 Sat 07:05 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
picchukoさん
おはようございます!

シリーズ化、良いですね。紅葉と虹子と絡めてできればいいなと実はおもっているんです。

考えてみます^^

自分も最初は堀先生、厭な奴だったんですが、段々好きになってきてますよ~。

最終回もよんでくださいね。
2010-09-25 Sat 09:22 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
nanaco☆さん
おはようございます★

今年の初めからはじめてやっと最終回です^^
本当は5月か6月にはおわっている筈だったんですが・・



機械蜘蛛も再開しますよ~そちらも宜しくおねがいします。

堀先生や本田さんにどんな結末がまっているのか、ハカリとソラはどうするのか。楽しみにしててください。
最終回も宜しくお願いしますね。
2010-09-25 Sat 09:41 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
日向さん、こんにちは~(^^)

堀先生の心と魂に、嬉しい変化が現れ始めたみたいですね^^
このまま輝きが益して、美しい魂に変化してくれると良いんですけど…
そして、本田さんの孤独な心を、ハカリやソラと一緒に
救う立場になってくれたら。。。
…あはっ!これはあくまでも私の希望的妄想ですけどね(^_^;)
次回が最終回なんですねぇ…
このままハカリとソラと別れるのは寂しいので、
ハカリとソラを主人公にした別のお話も、是非書いてくださいね~(^o^)/

最終回、楽しみに待っています!!(*^_^*)
2010-09-25 Sat 11:01 | URL | miwa125 [ 編集 ]
miwa125さん
こんにちは~★

最終回を今、upしたところです。
果たして、ご期待に添えたか不安ではありますが読んでくださいね・・・。
ハカリとソラのシリーズ化も考えたいです^^
2010-09-25 Sat 13:48 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。