輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「魔女のはかりごと 第11回」日向永遠 「連載小説を書いてみようv(41975)」

こんばんは~

堀先生対ハカリ&ソラの第二ラウンド開始です。

ハカリたちは堀先生に対しどう対応していくのか・・・

またまた、感想お待ちしてます。応援、感想宜しくお願い致します^^

*********************************************************************
魔女のはかりごと 第11回

 月曜日。SHRも授業も何事も起こらず普通にすぎた。そして放課後、ハカリとソラは職員室へ堀先生を訪れた。堀先生の前には本田麻里がいた。本田は紙片の様なものをスカートのポケットにしまっているところだった。本田がちらと量子を空子をみてそして慌てて目をそらせた。そして、小声で堀先生に暇を告げると職員室をでていった。

 ハカリはソラに目配せした。ソラは頷くと本田の後を追った。ハカリは堀先生の前にたった。

 堀教諭がハカリの方へ顔を向けた。
「何かしら?」
 ハカリは無言でポケットから集金袋を取り出すと先生の前の差し出した。

「この袋が私の机の中に入っていました。自分には覚えがありません」

 職員室の中は少しざわついていたのだったが堀の近くの教師たちが量子の方を向いた。量子は今年の一年の中で学力的にも容姿も目立つ方だった。だから職員室に入ってきた時から注目されてはいたのだったが、集金袋をとりだした事で、何事かが起こっているとの疑念をいだかせた様だった。堀は周りの注目を集める事を恐れた。

「量子さん。指導室に行きましょうか」そう言うと堀は集金袋を手に席を立った。指導室職員室に隣接していて個室になっている。堀はドアの前の札を使用中に裏返すと量子を先に入れ、ドアを閉めた。
 
 ハカリは黙って奥に座った。その前に堀はゆっくりと座った。そして低いテーブルに集金袋を置いた。堀はハカリを真正面から見た。

 ハカリは堀先生が口を開こうとしたのを見て、先に喋った。

「これは先生が私の机に入れたんですね?何故こんな事をするんですか?」ハカリに絶対的な証拠があった訳ではなかった。けれどハカリの第六感と共感感覚は堀がやったと告げていた。ソラと話あってその確信を信じて行動する事に決めたのだった。

「量子さん。あなた、言っていることの意味が分かっているの?そんな事を言って後で違ってましたではすまないわよ」堀は努めて冷静を装いハカリを見つめた。

 堀は自分に言い聞かせていた。今こそ本当の量子さんの真実を知るときだ。この子にどんな能力があるのか知らなければならない。そしてそれを逆手にとる手段を講じるのだ。量子さん、あなたの手の内を見せなさい。堀は自分の手の甲に視線を落とした。
 
 その瞬間を待っていたのか、ハカリは堀のその手を取った。

「先生、この手の痕の話を教えてください」ハカリは堀の顔をじっと見た。まるで心の奥を覗く様な視線だった。真実、ハカリは堀の魂の律動を見ていたのだった。黒グロとした魂はよく見ると揺れ始めていて、端に微かな、ほんの微かな赤い揺れが見えた。
 
(つづく)
*****************************************************************
終末にも続きをアップ出来る様、頑張りますね。

ハカリとソラが主人公なのですが、堀先生にも、なんか動かされつつあります。
どんな風に転がっていくのかなと自分でも分からないのです。

つづきも宜しく・・・。

今日は久々の雨(台風ですが)でした。被害もなく無事通り過ぎました。
*****************************************************************
スポンサーサイト

創作 | コメント:10 | トラックバック:0 |
<<「悪の教典」貴志祐介を読みました!! 「本日の1冊(13748)」 | ホーム | 「量子回廊」大森望・日下三蔵編を読みました! 「本日の1冊(13748)」>>

コメント

日向さん、おはようございます~♪
朝からハカリとソラの物語が読めるなんて贅沢です!(*^m^*)

とうとうハカリと堀先生との対決ですね。
でも堀先生の魂の中に、別の物を感じたという事は少しずつ変わってきてるのかな…?
今後どういう展開になるのか、気になって仕方ありません(^^)
ハカリが容姿端麗でしかも頭が良い…ときたら、集金袋の件は先生方も疑うでしょうね!
やっぱり日頃の行いがものを言いますから。。。(*^^*)

週末の続きを楽しみに待っていますね~☆
2010-09-09 Thu 05:29 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
こんにちは!
ハカリが堀先生の魂が揺らいだんですね。これは痛みを感じたということでしょうか?それとも、堀先生も変われるということでなんでしょうか?気になります。
とても続きが読みたいです。
2010-09-09 Thu 15:32 | URL | samiado [ 編集 ]
すいません、文章がおかしいですね(・・;)
訂正させてください。

>ハカリが堀先生の魂が揺らいだんですね。
      ↓
ハカリが堀先生の魂を揺るがせたんですね。
2010-09-09 Thu 15:39 | URL | samiado [ 編集 ]
nanaco☆さん
こんばんは~★
nanacoさん、朝強いですね。羨ましい。自分はもう朝は駄目で駄目で・・・

読んでいただいて、すごく嬉しいですよ~

堀先生とハカリたち、どんな結末がまっているのでしょう。
どんな結末にしたらいいかな。色々考えているのですがまとめきっていません。ハカリたちと一緒に悩んでます。

堀先生の悩みは世界の悩みでもあるし、簡単なものではないです。だけど何か、何か救いを、救いがなければとかんがえているのですが・・・どんな展開になるか。
またよんでくださいね。
2010-09-09 Thu 22:00 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
samiadoさん
こんばんは~★
ありがとうございます。

ハカリが堀先生の心を溶かす事ができるのか・・・
これからの展開をどうもっていくか、決めてないんです。

ですが、なんとなく見えてはいるのですよ。

また読んでくださいね。いつもありがとうございます。
2010-09-09 Thu 22:02 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
samiadoさん
>すいません、文章がおかしいですね(・・;)
>訂正させてください。

>>ハカリが堀先生の魂が揺らいだんですね。
>      ↓
>ハカリが堀先生の魂を揺るがせたんですね。
-----
なんとなく分かりましたよ~^^

自分の文章のなかにも変な所いっぱいあります。
気が付いている所も、気が付いていない所もあります・・・
2010-09-09 Thu 22:04 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
日向さん、こんにちは~(^^)

いよいよ本格的なハカリと堀先生の対決が始まりましたね^^
堀先生がハカリの能力を逆手に取ろうとしていることも、
ハカリには、きっと見え見えなんでしょうね!
堀先生の手の傷の話…どんな話が聞けるのか、興味津々です!!(*^_^*)
黒グロとした魂の中微かな赤い揺れは何なんでしょう?
堀先生が正直に話してくれるといいんですけど…
続きを楽しみにしていますよ~(^^)/
2010-09-11 Sat 15:40 | URL | miwa125 [ 編集 ]
ホント、この先どう進んでいくのでしょうか?
堀先生にハカリの気持ちが伝わるのでしょうか。
たぶん、自分自身の感情に苦しめられているのは堀先生自身なのに、、、自分のことになると何もかも分からなくなるものですね。

これは堀先生から見れば対決ですけど、ハカリから見れば深い愛情が現れたシーンになりそうですね。^^
2010-09-11 Sat 22:13 | URL | picchuko [ 編集 ]
miwa125さん
こんにちは~☆

もうすぐ、終わりそうなんですが、なんか同じ所をぐるぐる回ってる感じになってしまってます。

どんな結末がいいか悩んでます。
2010-09-12 Sun 16:30 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
picchukoさん

いつも読んでいただいて嬉しいですよ^^
ハカリとソラにはいつまでも優しい気持ちでいてほしいです。それをかけたらいいなと思います。
2010-09-12 Sun 16:32 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。