輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「[ウィジェット]と[ワジェット]とボフ」シオドア・スタージョンを読みました!

少しだけお久しぶりです。
猛暑がつづいていますね。あいかわらずへばっていますがなんとかやっています^^


著者 シオダア・スタージョン
河出書房新社 
評価 ★★★★★
楽天のリンクは中古のしかみつかりませんでした。

快調に巻を重ねている奇想コレクション。今月も新刊がでてますが、今回は既刊からスタージョンの[ウィジェット]と[ワジェット]とボフを読みました。

自分にとってスタージョン3冊目なんですが、ますます好きになりました。

なんか人間性の元を突いている様で沁みます。

帰り道
午砲
必要
解除反応
火星人と脳なし
[ウィジェット]と[ワジェット]とボフ

の6編が収録さられています。

一番好きなのは「必要」
これを読んで真っ先に思い出したのが山本弘の「詩羽のいる街」

この中に人が必要なものが分かってしまう無骨なちょっとワルな男がでてきます。
彼は街の人に時に押し付け気味に必要なもを与えます。ただではありません。
そんな彼に協力していく人が段々増えて行く。彼は不思議な魅力で協力者を増やしていくのです。はじめは彼の事を厭な奴だとおもっていても・・・

午砲
には気のいい男が登場します。馬鹿にされています。
だけど真実は彼はものすごく強い。その逆転劇が良いです。


スタージョンの短編は素敵です。
もっともっと読みたくなります。
中には難しくて何を言いたいのか解らないのもあるけど、それを含めてスタージョン、大好きになりました。

スポンサーサイト

作家サ行 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<「風の影」カルロス・ルイス・サフォンを読みました! 「本日の1冊(13748)」 | ホーム | 夏です・・・・>>

コメント

日向さん、こんばんは~♪

奇想コレクションの表紙はすぐに分かりますね(*^0^*)
シオドア・スタージョン、やっぱりすごく面白そうですねぇ。
不思議な設定&意味深なタイトルで、興味をそそられます!
「[ウィジェット]と[ワジェット]とボフ」どんなお話なんだ……?(笑)
「不思議のひと触れ」も読むのが楽しみです~☆日向さん本当にありがとうございます(^^ゞ
2010-07-25 Sun 21:17 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
こんにちはー☆
「[ウィジェット]と[ワジェット]とボフ」…
なぜか一度聞いたら忘れられないタイトルです。ボフってなんだろう、ボフって…
奇想コレクション、日向さんが紹介されてる度に気になります。
2010-07-27 Tue 03:04 | URL | まる811 [ 編集 ]
nanaco☆さん
こんばんは~★
スタージョン、良いですよ。嵌ります。

「[ウィジェット]と[ワジェット]とボフ」これはアパートメントの管理人が[ウィジェット]と[ワジェット]の夫婦なんです。彼らは実は○○で住人の(というより○○○の)調査をしているんです。住人がまた訳ありの人ばかり、だけど彼らが救い・・・ボフは普通の人の目には見えません・・・・面白いですよ^^
2010-07-27 Tue 22:25 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
まる811さん
こんばんは~★
奇想コレクション、ハズレがないです!どれも面白いです!!
ボフ・・・なんなんでしょう?訳あり住人ばかりのアパートメント、その住人の中に子どもがいて、その子には見える不思議な友達。だけどその実体は・・・。
2010-07-27 Tue 22:46 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。