輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

雫のこと


バイオリンをつくる彼の横で弾いてとせがむ雫

バイオリンの調べにのせ雫のうたうカントリーロード

お爺さんたちが黙って演奏にくわわる。


こんな場面で何故、目が潤むのか・・・・

さっきまで、テレビで“耳をすませば”を放送していました。

見たのです。何度見ても良いな。

バロン男爵のくれた世界がイバラードの世界なのも初めて知りました。

なにより、雫の紡ぐ物語が、と言うより雫のひたむきな想いが素敵です。

色々なしがらみに縛れている自分を見直してしまいます。

もう一度、雫を見習って、そして物語も余計なことを考えず、作りたい。
作りたいと思う。

また、見て良かった。
スポンサーサイト

私的コラム | コメント:8 | トラックバック:0 |
<<「嘘つきアーニャの真っ赤な真実」米原万里を読みました! 「本日の1冊(13748)」 | ホーム | 「ジパングの岸辺 イバラード博物誌3」井上直久を読みました!! 「本日の1冊(13748)」>>

コメント

日向さん、おはようございます~♪

いいですよね、「耳をすませば」!
私もあの演奏シーン、すごくすごく好きです。胸がじんわりと温かくなります(*^^*)
雫と聖司が、夢に向かってまっすぐ突き進んでいくのがとても勇気づけられますね♪
あの二人なら、一生お互いを高め合っていけるんだろうなぁ、なんて。
あのイバラードの世界、本当に素敵ですよね!!これで井上直久さんにはまりました(^^)
2010-07-10 Sat 08:37 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
nanaco☆さん
おはようございます!

ほんとうに、良いですね。
雫たちに負けないよう、生きたいです。
イバラードの世界があの場面ででていたのですね!素敵でした!
2010-07-10 Sat 09:23 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
この「耳をすませば」は、ちょうど私が小学生か中学生の頃好きだった柊あおいさんの漫画が原作で、
原作はその頃、読んでいました。
好きだったなぁ~、あの素朴な感じ。^^
アニメでは少し雰囲気が違うようですが、とても面白そうで、感動的なようですね~。
nanaco☆ちゃんに日向さんまでお勧めとは、これはいつか是非見てみたいと思います♪♪♪
2010-07-10 Sat 09:36 | URL | picchuko [ 編集 ]
picchukoさん
こんにちは~★

すごく良いです。何気ないところを見て、なんか忘れてものを思い出すような感覚。素直な心を取り戻せそうな感じを受けます。
2010-07-10 Sat 12:00 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
日向さん、こんにちは~(^^)

「耳をすませば」、何度観てもいいですよね~(*^_^*)
雫の頑張る姿をお見ていると、感動するし、元気ももらえますよね♪
ラストの方で聖司がプロポーズするところは、
胸がキュンとしてしまいました(#^.^#)
2010-07-10 Sat 15:56 | URL | miwa125 [ 編集 ]
こんにちはー☆
「耳をすませば」、ジブリの中でも1、2を争うくらい大好きなんです~!!
原作は恥ずかしいくらいに恋の話なんですがこっちも大好きです♪
ジブリ版、雫がそろりそろりと踏み出して物語を完成させていく過程も、
途中で聖司への想いがつのっていく過程も本当に丁寧な名作ですよね。
あの曲の日本語歌詞も反則ですよねー…涙出てきます…
2010-07-10 Sat 16:53 | URL | まる811 [ 編集 ]
miwa125さん
こんにちは~★

雫をみていると元気を貰えますね。
負けていられないという気持ちにさせられます。

何度見ても良いです!!
2010-07-11 Sun 18:18 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
まる811さん
こんにちは~★

おお、まるさんも大好きなんですね!
自分も大好きです!!
雫と聖司の前向きなとこ良いですね。

細かいちょっとしたところで、じ~んときます。
2010-07-11 Sun 18:21 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。