輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「高慢と偏見とゾンビ」ジェイン・オースティン&セス・グレアム=スミスを読みました!


高慢と偏見とゾンビ
著者 ジェイン・オースティン&セス・グレアム=スミス 安原和美(訳)
二見文庫
評価 ★★★★☆

海外小説に詳しい人なら知っている オースティンの高慢と偏見(自負と偏見)に無理やりゾンビを組み合わせた、驚きの小説。8割は原典の文章そのままとの事です。

この本の中でエリザベスはなんと少林寺拳法の達人で戦士。
次々とゾンビの首を刎ねていきます。ベネット家の姉妹に比べたら男達のなんとも軟弱?な事。

ゾンビと恋愛と友情と色々な要素が混ざり合ってます。

エリザベスと高名な女性老戦士と対面するときニンジャと対決するのですがそのニンジャの弱い事。(エリザベスが強い!!)簡単に殺されてしまいます。


ゾンビ小説好きは読んだ方がいいかも・・・・!
但しグロいとこ満載?!

原典も読みたいと思いました。



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
18世紀末イギリス。謎の疫病が蔓延し、死者は生ける屍となって人々を襲っていた。田舎町ロングボーンに暮らすベネット家の五人姉妹は少林拳の手ほどきを受け、りっぱな戦士となるべく日々修行に余念がない。そんなある日、近所に資産家のビングリーが越してきて、その友人ダーシーが訪問してくる。姉妹きっての優秀な戦士である次女エリザベスは、ダーシーの高慢な態度にはじめ憤概していたものの…。全米で誰も予想だにしない100万部を売上げた超話題作、ついに日本上陸。

スポンサーサイト

作家ア行 | コメント:10 | トラックバック:0 |
<<「少年たちの挽歌 第1回」日向永遠 「連載小説を書いてみようv(41975)」 | ホーム | もうひとつの・・・・・>>

コメント

「高慢と偏見」は大好きで、小説・BBCドラマ・映画と制覇(?)しているのですが、これは知りませんでしたw
原典の文を書き換えず、書き足すかたちでSFを作ったということ?
不思議だし変な気がしますが、妙なモノ見たさで覗いてみたいような気もします☆
2010-05-25 Tue 23:27 | URL | あむあむ108 [ 編集 ]
タイトルにまず惹かれてしまいます…!
原典を先に読むほうがより比較出来て楽しめるのでしょうか。
読んでみたいです~♪
2010-05-26 Wed 07:47 | URL | 柊♪ [ 編集 ]
日向さん、こんばんは~^^

原典、大好きです!!(*^^*)
最近の恋愛と違って、二人きりで会う事すら許されない時代だから、
余計に新鮮に感じてしまったのかもしれません♪

エリザベス、どこか自分に重ねて読んでしまったのですが…少林寺拳法の達人?(爆)
そんな素敵なエリザベスが出てくるなら、是非読んでみなくちゃ~!!(*^m^*)
ゾンビ物も好きなので、これは買いですね♪なんかこの小説、笑えそうです……
2010-05-26 Wed 20:08 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
あむあむ108さん
こんばんは~

そうです。そうです。追加でSFじゃなくてホラーになってます。ゾンビ化する街を舞台にベネット家の姉妹が大活躍。勿論、恋愛も・・・(これは元本どおり、あたりまえだけど)
2010-05-26 Wed 23:27 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
柊♪さん
こんばんは~
元本を読んでなくても楽しめました!
だけど、知っていれば、もっと楽しかったかも・・・
未読なのでなんとも・・・
2010-05-26 Wed 23:29 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
nanaco☆さん
こんばんは~。コメントありがとうございます!

大真面目に書かれているのですが、目が点になること請け合い。元を知っていればなおさらじゃないかと思います。

なので、nanacoさんの感想聞きたいです!!
楽しめるか、怒り出すか?気になります。

2010-05-26 Wed 23:33 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
日向さん、こんばんは~(^^)

この本、本屋さんで見かけてちょっとビックリしたのを覚えてます^^
あの『自負と偏見』の話にゾンビが出てくるなんて…
興味はすごく湧いたんですけど、やっぱりゾンビにビビってしまいました(^_^;)
それにしても、エリザベスに簡単に殺される弱い忍者には、
思わず笑っちゃいますね(^O^)
2010-05-27 Thu 18:34 | URL | miwa125 [ 編集 ]
miwa125さん
こんにちは~☆

ほんと、ほんと、よわっちい忍者。がっかり?
つっこみ所満載で面白かったですよ。
2010-05-29 Sat 10:44 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
こんにちは~♪

レビューを読んでさっそく予約を入れ、先日やっと順番が回ってきました。『高慢と偏見』を読んでいたので、笑いまくりました…。面白い小説の紹介有難うございます。ページにリンクさせてくださいね。
2010-07-19 Mon 14:20 | URL | 茨木 月季 [ 編集 ]
茨木 月季さん
こんばんは~☆

楽しめた様でなによりです・・。
忍者が弱すぎて、ちょっとがっかりですよね。
元本も読んでみたいです・・。
2010-07-19 Mon 20:44 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。