輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「機械蜘蛛の塔 第4回」 日向永遠 「連載小説を書いてみようv(41975)」

皆さん、こんにちは~★

連休も終わってしまいましたね。
また明日から、仕事です。あまり無理せずがんばりたいです。


機械蜘蛛の塔 4回目です。ますます、混沌としてきました(*^_^*)
どうなるんでしょう・・・

良かったら読んでくださいね。
************************************
機械蜘蛛の塔 第4回

「東の魔女・・きっと眠りの姫の秘密と関係があるんだ」ネルがモニカを見ながら言った。
「頼みのお爺さんを失った今、自分たちの選択肢は二つ、お爺さんの行方を追うか、この東の魔女を探すのか」
「君たちにとってお爺さんは大事な人で心配でいられないだろう。助けにいかなくては考えていると思う。しかしお爺さんを助けると言う事は太古生物との全面対決になる事を意味している。その侵略をくい止めるには姫の一日も早い覚醒が必要なのだ。君たちにとって辛い選択になるが・・・」最後までモニカが言い終わらない途中でネルが言葉を引き継いだ。
「魔女を探そう。きっとお爺さんも賛成してくれている」ネルの両の拳は固く握られていた。チハルも固くい口を食いしばって、涙を堪えている。
「機械蜘蛛の仲間がお爺さんを探し出す。さっきの二体がキカに報告して、行動を起こしているはずだ。私たちは使命を全うする為に一刻も早く東の魔女を探そう」モニカと幼い兄妹は決断した。

 黒犬はその様子を気配を殺し伺っていた。そしてそこまで聞くと音も立てずにしなやかに東に向かって走りだした。ネルとチハルの家は塔から南西の方角に五キロ程の所にあった。黒犬は、一時間以上ひたすら走った。そして、黒山の麓にある両翼に翼を広げた様な形の館の門をくぐっていった。その館は魔女の館であった。入口の広間を抜け、仄暗く長い廊下を右に二回、左に一回、そしてまた右、そして左に曲がった先に、昼間から明かりをともしている部屋があった。入っておくの壁は一面、書物で埋まっている。そこには雑多なジャンルの書物があった。社会学、歴史学、神秘学、宇宙学、科学、心理学、文学、棚の中心は今は失われてしまった言葉で書かれた書物が大量に占められていた。
 大きな机を前に美しい女性リリスが座って、書物を読んでいる。その前に黒犬は歩み寄った。リリスは黒犬をじっと見つめそして声をかけた。
「ミシュ、お帰り。そう、機械蜘蛛とネルたちが私を探しているのね。姫を目覚めさす方法を知るために。キエフをどうしたものだろうね。もとは言えばここは太古生物たちの土地、そこに今の都を築いたのが機械蜘蛛とキエフの民。暗黒の世界でここだけが自然の要害で守られている。キエフの民は凶暴な蛮族から逃れのがれこの地にやってきたのが数百年前。その時のつけが今に回ってきたか。ミシュ、お前はどうしたらいいと思う?」
 ミシュ(黒犬)は悲しげな目をリリスに向けた。
「ミシュお前は戦いを避けたいか・・・しかし根は深い。単純に姫を目覚めさせればお終いという訳にもいくまい」

(つづく)
スポンサーサイト

創作 | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<「ラヴクラフト全集2」H・P・ラヴクラフトを読みました!! | ホーム | 連休中は・・>>

コメント

日向さん、こんばんは~♪
連休も終わってしまって、また明日から仕事ですねぇ。
今週はあと2日だから、無理せず頑張りましょう(*^0^*)

機械蜘蛛の塔の続き待っていました!
何故か黒犬の存在がすごく気に入っていたんですけど(笑)魔女の犬だったんですねぇ。
ミシュがこれからネル・チハル-魔女間の連絡役になるんでしょうか(^^)
そしてお爺さんは無事なのか、、、続きが気になります~☆
2010-05-05 Wed 22:42 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
nanaco☆さん
おはようございます。コメントありがとうございます。
連休あっという間におわってしまいました。
また今日から頑張ります。

ミシュにはまだ秘密が・・・ありそうです(*^_^*)
また読んでくださいね。
2010-05-06 Thu 07:27 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
日向さん、こんばんは~(^^)

機械蜘蛛の塔の第4回、面白く読ませていただきました~^^
黒犬のミシュ…戦いを避けたいなんて、何だか優しい犬ですねぇ(*^_^*)
魔女も…少なくとも悪い魔女ではなさそうなので、
ちょっとホッとしました♪
これからの展開が、とっても楽しみです(^^)v

ところで・・・
日向さんが紹介されていた『another』、やっとGETしました(*^^)v
近いうちに、ゆっくり楽しみながら読んでみますね~(^o^)/
それと、『虐殺器官』も読んでみましたよ^^
スゴイ世界観に圧倒されてしまいましたけど、
とっても面白かったです(*^_^*)
近いうちに、拙い感想をUPしますね。
2010-05-07 Fri 18:25 | URL | miwa125 [ 編集 ]
miwa125さん
こんばんは~★

感想ありがとうございます。
もっと、もっと話を膨らませたいのですが想像力のなさを痛感いたします。
ミシュもリリスも活躍させてあげたいです!!

アナザーも虐殺器官も感想楽しみにしてます^^
面白かったですよね。
2010-05-07 Fri 20:49 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
おぉ~、どんどん奥深く話が広がっていきますね~。
謎が謎を呼んで、ますますお話が盛り上がっていきそうです!
すでに日向さんの中には全てが出来上がっているのでしょうか。
これほどスケールの大きなお話、その発想力はもちろんのこと、表現力にいつも素晴らしいなぁ~と感じています。^^

どうか、お爺さんが無事でありますように!
どうか、ネルとチハルに子供らしい笑顔が戻りますように!!
2010-05-08 Sat 21:35 | URL | picchuko [ 編集 ]
picchukoさん
こんばんは~
コメントありがとうございます。
最期はまだ考えていないのですよ。
続きを考えなくては・・・^^
2010-05-09 Sun 21:25 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。