輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「不思議のひと触れ」シオドア・スタージョンを読みました! 「本日の1冊(13748)」


不思議のひと触れ「不思議のひと触れ」シオドア・スタージョンを読みました!
著者 シオドア・スタージョン 大森望・編
河出文庫
評価 ★★★★★+

奇想コレクションを読む様になって知った、シオドア・スタージョン。

この不思議のひと触れも、奇想コレクションからの文庫化です。
先に同じ河出文庫から既刊の海を失った男を読んでやたらと面白かったのですが
こちらの不思議のひと触れもそれ以上に面白いです。

こっちのが分かりやすいですし^^

全十編収録。


どれも面白いのですが自分のお気に入りは

影よ、影よ、影の国
 これは母おやから玩具を取り上げられた主人公が影絵で遊ぶうちに影の友達と遊ぶようになる。そして母おやを影の国に・・・。

裏庭の神様
 妻に嘘ばかり言っている夫。裏庭に池を作ろうと地面を掘るとそこから不気味な像が・・それは異教の神。
信じない男に、神は男の口にすることがほんとうになると告げるすると・・・

ふしぎのひと触れ
 人魚との不思議な出会いをもとめてやってきた男女。しかしほんとうの出会いは・・・

孤独の円盤 も大好き・・・是非よんでそのすごさを感じてみてください。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
神話的な輝きを放つ、“アメリカ文学史上最高の短篇作家”シオドア・スタージョン。その魔術的ともキャビアの味とも評される名短篇をここに集成。どこにでもいる平凡な人間に、不思議のひと触れが加わると?─表題作をはじめ、デビュー作他、全十篇。
【目次】(「BOOK」データベースより)
高額保険/もうひとりのシーリア/影よ、影よ、影の国/裏庭の神様/不思議のひと触れ/ぶわん・ばっ!/タンディの物語/閉所愛好症/雷と薔薇/孤独の円盤


スポンサーサイト

作家サ行 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<「荒野の戦士」栗本薫を読みました! 「本日の1冊(13748)」 | ホーム | 「機械蜘蛛の塔 第1回」 日向永遠 「連載小説を書いてみようv(41975)」>>

コメント

日向さん、こんばんは~♪

そうそう、前に「海を失った男」を紹介していただいたんでしたね(*^^*)
こちらは文庫、しかもそれ以上に面白いとのことで、こちらから読む事に決めました!
「影よ、影よ、影の国」の設定が、すごく自分好みの気がします~☆
それにしても最近、大森望さんのお名前あちこちで目にしますねぇ(^^)

P.S 数日前から風邪を引いて、昨日は早退、今日も一日中家にこもりっきりでした(泣)
まだ熱が下がらないので、明日もずっと読書&映画観賞の一日になりそうです…
2010-04-17 Sat 20:57 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
nanaco☆さん
こんにちは~
スタージョン、この本から入るのは正解かも・・・是非よんでみてくださいね。

風邪大丈夫ですか?熱がさがるまでゆっくり家で暖かくして休んでくださいね。
実は自分も昨日から頭痛いのと熱っぽいので風邪かなとおもいます。今日は早く寝るつもりです。
2010-04-18 Sun 16:08 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
日向さん、こちらにもこんばんは^^

先ほど「不思議のひと触れ」のレビューをUPしたので、TB頂いていきますね♪
本当に素敵な本をありがとうございます(*^0^*)
どれも甲乙付け難い面白さですね。「影よ、影よ、影の国」は続編が書けそうな…
2010-11-25 Thu 20:23 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
nanaco☆さん
こんばんは~★
nanacoさんの感想楽しみにしてました!
面白かったみたいで、ほんと嬉しいです。
最近、何冊か文庫化されましたね。

きっとスタージョンのファンが増えると思います。
2010-11-25 Thu 21:00 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。