輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「天冥の標2 救世群」小川一水を読みました! 「本日の1冊(13748)」


天冥の標(2)
著者 小川一水
早川文庫JA
評価 ★★★★★

こんばんは!
この本を読んだのは半月程前だと思います。

1では植民星が舞台だったのですが、一転現在の地球に。

謎の疫病で世界が危機に瀕します。
国立感染症研究所の児玉はこの疫病(冥王斑)に立ち向かうべくパラオへ。

やがて各国でパンデミックが。
千茅は日本人初の回復者となり、皮肉にもそれが本当の友情を知るきっかけとなる。
罹患したことによりそれまでの友達がはじめの内こそ見舞にきていたのだが、それが治らない病気だと知ると疎遠になっていく。しかし敵対していた思っていた紀ノ川青葉だけが定期的にやってくる。

患者と一般市民の溝は深くなるばかり。

太古からの謎の生物がその元凶なのか・・・その生物は、驚くべきDNA構造を持っていることが分かった。そして、そのDNA解析の過程でネットワーク上に出現した、プログラムは超人格とも言えるものを持つ。

こらからが楽しみなシリーズになりました。

面白いです!夏には3が刊行される様なのでいまから楽しみです。
スポンサーサイト

作家ア行 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<「不思議の扉 時をかける恋」大森望・編を読みました! 「本日の1冊(13748)」 | ホーム | 「豹頭の仮面」栗本薫を読みました! 「本日の1冊(13748)」>>

コメント

こんばんは~♪
この本、行きつけの本屋さんで見かけたとき、
きっと日向さんは読まれているだろうなって思っていました(*^^)v
超人格を持つプログラム…考えると、ちょっと恐ろしい事ですけど、
それだけに、すごく面白そうで興味をそそられますねぇ(*^_^*)
これからの展開がますます楽しみですね♪
日向さんの第3巻の感想も楽しみにしていますね~(^^)/
2010-04-05 Mon 18:05 | URL | miwa125 [ 編集 ]
日向さん、こんばんは~♪
そうそう、この作品気になっていたんでした(*^^*)
あらすじを読んで、「おっこれは日向さん好み!?」って思いましたよ!
表紙も綺麗ですよねぇ…雰囲気があってすごく好きです。
日向さんと一緒にリアルタイムで読んでいこうかな~♪
3巻が出る夏までには挑戦してみようと思います(^^ゞ
2010-04-05 Mon 21:28 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
miwa125さん
こんばんは~

面白いです。今回は感染症を扱っていたので、泣けるとこ、感動場目もあり、良かったです。

面白いので是非よんでみてくださいね^^
2010-04-05 Mon 23:45 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
nanaco☆さん
こんばんは~★

面白いです。nanacoさんもきっと好みだと思いますよ!

是非是非、挑戦してみてください。
感想楽しみにしてます^^
2010-04-05 Mon 23:47 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。