輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「臓物大展覧会」小林泰三を読みました。 「本日の1冊(13748)」


著者 小林泰三
角川ホラー文庫
評価 ★★★★☆

 こんばんは。今日で3月も終わりですね。あいかわらず忙しい毎日が続いているのですがなんとか切り抜けられそうです。明日から4月、心機一転とはいきませんが、そこそこやっていこうと思います。

 4月には、中断している、自作の魔女のはかりごと、と機械蜘蛛の塔 を再開したいと思っています。機械蜘蛛の方は最初から書きなおす予定でいます。
 こんな、中途半端な状態ですが、もう少し待ってくださいね。読んでいただいている方には申し訳なく思います。ごめんなさい。

 今回、読んだのは小林泰三さんの贓物大展覧会

小林泰三さんはあの玩具修理者の作者。この本も玩具と同じくらい面白かったです。

ホラーやSF、多様な面白さ。

少し時間がたったので良く覚えていないのですが

透明女・・・怖かったです。いつも無視されていた女性・・本当に透明になるには・・・血だらけの結末。

攫われて・・・山奥の小屋に攫われてきた少女。最後で驚嘆。

悪魔の存在証明・・・・神の存在証明って論理の本にはのっていますね。このなかの論理戦は面白かった。最後はやっぱり血だらけ・・

他の小林泰三作品も読みたくなります。
スポンサーサイト

作家カ行 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<「豹頭の仮面」栗本薫を読みました! 「本日の1冊(13748)」 | ホーム | 「こども大図鑑」の魅力 「本日の1冊(13748)」>>

コメント

こんばんは!
この作品は何だかショッキングな題名ですね。血には弱いので……(泣)

明日から4月。私は少しだけ生活が変わるので、気持ちも少だけ新しくなりそうです。
今よりちょっとブログにも力を入れたいと思います。
日向さんの作品も楽しみにしていますね。あせらずゆったりとお待ちしています♪
2010-03-31 Wed 22:57 | URL | samiado [ 編集 ]
日向さん、こんばんは~^^

ひ~~えぇぇ~~…また凄いインパクトのあるタイトルですね!
小林さん、角川ホラーのコーナーでよく目にします。
肉食~とか脳髄~とかつくタイトルって小林さんでしたよね!?
とてつもなく怖そうですが、妙に惹きつけられることも確かで…(笑)
「透明女」が面白そうです♪

今日から4月ですね!
うちの会社の忙しさは、明日までがピークです。
来週は少しはラクになると良いのですが。。。
日向さんもムリだけはされないで、たまには息抜きしましょうね(*^^*)
「魔女のはかりごと」と「機械蜘蛛の塔」楽しみに待っています☆
2010-04-01 Thu 20:10 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
samiadoさん
こんばんは。
4月になったので、今までの事は忘れて、頑張りたいと思います。新しい年度は、創作に力を入れたいです。
自分の作品を読んでいただいて、凄く嬉しいです。
待っていてくださいね。
2010-04-02 Fri 23:12 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
nanaco☆さん
こんばんは~。コメントありがとうございます。
小林泰三さんの作品、怖いのですが、それだけではないです。色々、論理とか、理論とか、宇宙の事とか、多岐にわたる、知識がつめこまれてて楽しいです。

一冊読んだら、嵌るのではと思います。
会社も新しい期に突入しました。
あいかわらずの忙しさで休まる暇もありません。
が、それはそれと割り切って、自分の時間を大事にしたいです。nanacoさんも、無理せず、自分の時間を大事にしてくださいね。自分も気を付けます。
2010-04-02 Fri 23:18 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。