輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「蝦蟇倉市事件1」を読みました!! 「本日の1冊(13748)」

時ならぬ大雪に見舞われています。おかげで予定が狂いました!
また明日は早めに起きなくて雪かきしなくては・・・(泣)


蝦蟇倉市事件(1)
東京創元社
評価 ★★★★☆

同じ蝦蟇倉市(がまくらし)を舞台に5人の作家が競作してます。
この町は犯罪がやたらと多いそれも不可能犯罪ばかり。
そのせいで警察には不可能犯罪課があるのです!!

作品どうしが微妙にリンクや言及があって面白いですね。

初めて読む作家さんもいて不安だったのですがどれも違う味わいで面白かったです。

道尾さんと伊坂さん「弓投げの崖を見てはいけない(道尾秀介)/浜田青年ホントスカ(伊坂幸太郎)」は勿論、面白かったのですが他の3人・・・いけてます。


不可能犯罪係自身の事件(大山誠一郎)
大黒天(福田栄一)

Gカップ・フェイント(伯方雪日) これは女性のブラの話ではありませんよ・・・格闘技の事。この街の市長はなんと格闘家、で格闘技の世界大会を蝦蟇倉市で開催する事に。そこでおきた不可能犯罪。なんとおっきな仏像みたにモニュメントの下敷きになった人死にが・・。
こんなのどうやって持ち上げたのか・・・驚愕だけどばかばかしい・・・こんなの意外に好き!


他のの内容あまり覚えてません。

2も買ったのですが読んだら早めに感想書くことにします!!!!!



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
海と山に囲まれた、風光明媚な街、蝦蟇倉。この街ではなぜか年間平均十五件もの不可能犯罪が起こるという。自殺の名所に、怪しげな新興宗教や謎の相談屋。不可能犯罪専門の刑事や、とんでもない市長、そして無価値な置物を要求する脅迫者─。様々な不可思議に包まれた街・蝦蟇倉へようこそ!今注目の作家たちが、全員で作り上げた架空の街を舞台に描く、超豪華競作アンソロジー第一弾。
【目次】(「BOOK」データベースより)
弓投げの崖を見てはいけない(道尾秀介)/浜田青年ホントスカ(伊坂幸太郎)/不可能犯罪係自身の事件(大山誠一郎)/大黒天(福田栄一)/Gカップ・フェイント(伯方雪日)





蝦蟇倉市事件(2)
スポンサーサイト

アンソロジー | コメント:12 | トラックバック:0 |
<<私信 | ホーム | 「SFが読みたい!2010年版」を買いました! 「本日の1冊(13748)」>>

コメント

おはようございます。
ちょうど私も昨日のブログにこの本の感想を書きました。
面白かったですよね~♪
道尾さん・伊坂さんはもちろんのこと 他の3篇も個性があって好きでした。
「Gカップ・・・」同じくばかばかしくて 殺人事件なのに笑っちゃいました。
日向さんは もう2の方も買われたのですね!私は図書館にリクエストを出したのですが 年度末で予算がなくなったのか なかなか買ってもらえません(; ;)。。。
2010-03-10 Wed 06:41 | URL | ♪ぴょん吉 [ 編集 ]
現在リクエスト待ちしてます。
未読の作家さんが多いのが不安でしたがどの作品も面白そうで読むのが楽しみです(*^^*)
2010-03-10 Wed 07:58 | URL | 柊♪ [ 編集 ]
こんにちはー☆
この本、本屋に1.2とものすごく積んであって気になってましたよ~。
不可能犯罪課を作るなんて、警察もやる気があるんだかないんだか…笑

埼玉も雪すごかったです!
雪ふるって知らずに普通のパンプスで出かけたら、見事に転びましたよ~!!
今年一番はずかしかったです…
2010-03-10 Wed 11:20 | URL | まる811 [ 編集 ]
♪ぴょん吉さん
こんばんは~★
おお、早速お邪魔します。

どれも面白かったですね!!
みんな其々味があって素敵でした!
図書館、早く買ってもらえればいいですね。
2010-03-10 Wed 22:03 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
柊♪さん
こんばんは~★

早く、順番が来ればいいですね。
読んだことのない作家さんは不安ですね。だけどこの中のはどれも良かったですよ~
2010-03-10 Wed 22:05 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
まる811さん
こんばんは~★

転んで怪我しませんでしたか?
自分もこの前の雪のとき転んでしまいました!
痛いより恥ずかしいのが先で何でもない様な風を装ってしまいました・・・。

この本は結構面白かったですよ~
2010-03-10 Wed 22:07 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
日向さん、こんばんは~^^
これ、読みたい!読みたいです(*^0^*)
道尾さんと伊坂さん以外は未読の作家さんなので、興味津津です。
そういえば道尾さんの「骸の爪」が積読になってます。近いうちに読もう♪

アンソロジーって、読んですぐに感想を書かないと忘れちゃいますよね^^;
逆に言うと、1ヶ月経っても鮮明に記憶に残っている短編が良い作品なんでしょうねぇ。
そういう意味でも「Gカップ・フェイント」は期待できそうです!
タイトルもインパクトありますしね~(笑)
2010-03-10 Wed 22:17 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
nanaco☆さん
こんばんは~★
面白かったですよ~でももう1カ月も、経っているのであまり覚えていなかったりします。

2も買ったので、読んだら早めに感想書きます!
やっぱり覚えているうちに書かなくては・・・

今日は朝から雪かきで疲れました~。早めに寝ることします。北海道・・雪かきもっともっと大変なんでしょうね。
2010-03-10 Wed 22:29 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
こんばんは。

お久しぶりです。この本、私も気になっていました。
人気作家さんたちのアンソロジーということで一気に読めそうですし。
伯方雪日さんは、昔「誰もわたしを倒せない」(確かこれもプロレスの話でした)を読んだことがあるので、この「Gカップ・・」も面白そうで、期待しちゃいますw
2010-03-13 Sat 22:14 | URL | かをる。 [ 編集 ]
同じ舞台を5人の作家さんが競作してるっていうのが面白そうですね~。^^
日向さんは色んなジャンルの本を読まれるんですね。
毎回、次はどんな作品を手にするのか楽しみです。

私は今、nanaco☆さんと一緒(?)に「アンナ・カレーニナ」を読んでいます。
分厚い4巻のまだ1巻目の100ページくらいしか読んでいないんですけど(^^;)、気長に(5年くらいかけて?笑)コツコツ読もうと思っています。^^

雪が深い日の雪かき、ご苦労様です。
くれぐれも足元に気を付けてくださいね。
そして、そんな日は外出はせず、日向さんの素敵な作品の続きを書いてくださいね~。
楽しみに待ってます♪^^
2010-03-14 Sun 17:54 | URL | picchuko [ 編集 ]
かをる。さん
返事がおそくなり申し訳ありません。

この本、面白かったです。読んでみてくださいね。
2010-03-18 Thu 22:54 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
picchukoさん
返事が大変遅くなり申し訳ありませんでした。

「アンナ・カレーニナ」、途中でも良いので感想、聞きたいです。

意欲が萎えていたのですが、再出発します。
心配かけたと思いますがまた宜しくお願い致します・
2010-03-18 Thu 22:57 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。