輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「蘆屋家の崩壊」津原泰水を読みました! 「本日の1冊(13748)」


蘆屋家の崩壊
著者 津原泰水
集英社文庫
評価 ★★★★☆

最近、はまりつつある、津原泰水さんの蘆屋家の崩壊を読みました。

幻想怪奇の短編集!

どれも凄かったのですが、
埋葬虫 をまず最初にあげなくては・・・これを読んで思い出したのは貴志さんの”天使の囀り”あの怖さが蘇ってきました!! こっちも負けてないです。

蘆屋家の崩壊 蘆屋・・・安倍晴明に関する本を読んだことのある人はピンときますね。陰陽師の蘆屋道満の子孫が住む隠れ里の様な村。その村に住む、顔の良く似た人々の謎。

他には 猫背の女 、水牛群が良かったです。

短編集は読み終わってすぐ感想書かないと忘れてしまいますね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
定職を持たない猿渡と小説家の伯爵は豆腐好きが縁で結びついたコンビ。伯爵の取材に運転手として同行する先々でなぜか遭遇する、身の毛もよだつ怪奇現象。飄々としたふたり旅は、小浜で蘆屋道満の末裔たちに、富士市では赤い巨人の噂に、榛名山では謎めいた狛犬に出迎えられ、やがて、日常世界が幻想地獄に変貌する―。鬼才が彩る妖しの幻想怪奇短篇集。
【目次】(「BOOK」データベースより)
反曲隧道/蘆屋家の崩壊/猫背の女/カルキノス/超鼠記/ケルベロス/埋葬虫/水牛群
スポンサーサイト

作家タ行 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<「ノート」 | ホーム | 「魔女のはかりごと 第2回」 日向永遠 「連載小説を書いてみようv(41975)」>>

コメント

津原泰水さん、読んでみたいと思いつつ未読の作家さんです。
『綺譚集』とか面白そう…評価も高いし、なんて思っていたんですがこの作品も面白そうですね!
柊も挑戦してみなければ…。
2010-02-28 Sun 21:18 | URL | 柊♪ [ 編集 ]
柊♪さん
こんばんは~★
津原さん、凄いですよ・・今のところ全てが高水準です。圧倒されます。どうしたらこんなの書けるの?と思います。自分もこんな話がかけたらな~と密かにあこがれたりします。
2010-02-28 Sun 21:55 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
日向さん、こんばんは~♪
「蘆屋家の崩壊」の感想楽しみに待っていましたよ!(*^0^*)

あぁ、「綺譚集」も気になっていたけれどこの作品も面白そうですね。
大好きな「天使の囀り」の怖さが蘇るほどの短編…読まずにはいられませんよぅ(笑)
どの短編のタイトルも何だか意味深な感じで、色々と想像しちゃいますね。
こちらの本は近くの本屋さんでも手に入りそうなので、近いうちにGETしてきま~す( ^ ^ )/
2010-02-28 Sun 22:03 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
nanaco☆さん
こんばんは~★
この短編集は凄かったです。絶対のお勧め。
最後の水牛群は作者自身が精神的に虚ろな時に書いたとのことで鬼気迫るものがありました。是非読んでみてください。面白いですよ!!絶対nanacoさん好みだと思います。
2010-02-28 Sun 23:23 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。