輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「魔女のはかりごと 第3回」 日向永遠 「連載小説を書いてみようv(41975)」

こんばんは~★

第3回です。

今まで虹子の物語やこの魔女のはかりごとを書いていて今更ながら思うのですが、書いている内容は百合ですよね。特別意識はしてないのですが・・・・(*^_^*)

さて、空子は量子と一緒にいても何故平気なのでしょう?

第2回へ



魔女のはかりごと 第3回

 空子と初めて会った日。一年三組の教室。皆が皆を窺っていて妙にざわつき、緊張感に満ちていた。同じ中学校出身の者同士が固まって話をしている。ハカリも空子も知人はいない。人を計っているいる様な皆の目。量子は期待と不安の中にいた。希望はない。希望を抱いていても裏切られるだけだった。小学校、中学校と友達はいなかった。その内面が見えてしまう身にとって、表面とのギャップを無視して、付き合う事はできなかった。友達とは何か。悲しい時、慰めてくれる。辛い時、苦しい時、一緒になって考えてくれる。そんな友達はいない。たしかに泣いているとき、心配してくれる。しかし、人ごと。変わってくれる位、心底から自分の事を考えてくれる、そんな友達はいなかった。どうせ、このクラスも変わらない。教室の後ろの方の机に座ることになった、量子はそう思っていた。
 
 高校生活、初日、先生が来る前の教室の中、量子は順番に新しい級友に目を向けた。それは文字通り計る行為だった。特別変わった子はいない。興味を引かれるような子はいないなと思っていた。

 そんな矢先。

 魂が見えた。ひときわ輝いている様に見える。量子は思わず見とれてしまった。誰だろう?こんな魂を持っている子は初めてだった。その魂は皆の魂を映している様だった。その中に量子の魂も映っているのがわかる。量子はその子のそばに歩いて行った。今まで、クラスは中はざわついていたのだったが全員が、背中までかかった黒髪のひどく大人びた量子が背筋をピンとのばした美しい姿でどちらかというと小柄な、女子のそばに向かっていく姿を目で追っていた。何事が始まるのか注目していた。

「あなたの名前は?」
「空子です」

 量子は空子の耳に口を近づけると周りの人間に聞こえない様に囁く様に言った。

「それが、あなたの魂なの? あなたの魂はどこにあるの?」

 この子なら、自分の秘密を知ってもらいたい。空子をひと目、見た瞬間、量子は思った。

 空子は量子をじっと見た。近くにいる人には睨む様に見える程に見た。量子は背筋に冷たいものを感じた。計られている。そう感じた。これでは逆ではないか。この子も魂が見えるのか?

 今度は逆に空子が量子の耳に口を寄せ言った。

「あなたの孤独が見えるわ。私、あなたを好きよ」

 そしてそのまま、量子の頬に口づけした。周りでその事に気付いた人はいなかった。ただ、なにかのやり取りがあったと感じられた程度だった。空子は異常に感覚の鋭い子だった。人の感情を読むことに敏だった。量子と同じ様にあまりに子供、子供した他の級友たちとはなじめなかった。

 放課後、誰もいない視聴覚室に二人はいた。

「量子さんは、魂がみえるの?」空子が聞く。
「ええ、殆どの人の魂を見る事ができる」空子は改めて驚いた。
「私の魂も見えるの?」
「見えるわ。だけど計れない。空子さんの魂はまるで鏡の中にあるみたい。今まででこんな魂を持った人は初めて見た。それより、空子さんは私をみて、孤独なのがわかったの?」

「誰だってわかる。量子さんをみてそう感じない人の方が少ないよ。きっと。ただ自分はその感覚が人と違う様な気がするけど」

 その日から二人はお互いを信じあえる関係となった。ある意味、運命的な出会いだったのかもしれなかった。

     (つづく)


4回へ
=============================================================================

読んでいただいてありがとうございます。

感想、お待ちしています。宜しくおねがいいたします。

スポンサーサイト

創作 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<ご報告 | ホーム | 「魔女のはかりごと 第4回」 日向永遠 「連載小説を書いてみようv(41975)」>>

コメント

日向さん、おはようございます☆
第3回も楽しみに待っていましたよ~(*^^*)

ハカリとソラの出会い、なんだか素敵ですね。
日向さんの書く女の子は、女の自分から見てもドキッとするような子ですよねぇ。
すれているわけじゃないんだけど、どこか人生を諦観しているような雰囲気…
ハカリもソラもとても魅力的です!(^^)

背中まで黒髪を伸ばしたハカリ、イメージ通りで嬉しいです。
ソラはどんな髪型しているのかな?
ハカリとソラは、虹子と紅葉よりも少し大人な雰囲気でドキドキしちゃいます…(o^-^o)
唯一無二の友達になった二人、どんな学校生活を送っていくのでしょう?
続きを楽しみに待っています~☆
2010-02-27 Sat 12:34 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
nanaco☆さん
こんばんは~★

感想ありがとうございます!ソラのイメージ・・どんな感じがいいかな・・・

ハカリとソラも虹子と紅葉と同じように見守ってくださいね(*^_^*)
2010-02-28 Sun 18:43 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
こちらにもこんにちはー☆
ハカリとソラ、まさに運命の出会いだったんですね!

>書いている内容は百合ですよね

そう言われればそうかも!!笑
でもnanacoさんも仰っていますが、日向さんの物語に登場する女の子にいつもドキっとします。
中でもハカリの凛とした雰囲気と色気といったら…
わたし高校生に負けてます~。笑
2010-03-03 Wed 12:22 | URL | まる811 [ 編集 ]
まる811さん
こんばんは~★

ハカリとソラの物語・・・これからどんな展開になるのかな?

ハカリは大人なイメージ。
ソラは皆を映す鏡の様なイメージ。

です。

また読んでくださいね。
2010-03-03 Wed 22:08 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。