輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「醜の歴史」ウンベルト・エーコを読みました!! 「本日の1冊(13748)」


醜の歴史
ウンベルト・エーコ /川野美也子
東洋書林

この様な本に評価は失礼だろう。資料的な価値と意味において・・

最初の方で メデューサの頭部 (ルーベンス)が見開きで飛び込んでくる。

横たわった メデューサの頭 髪の毛は蛇である。無数の蛇がのたうち、切断された首の断面からも小さな蛇が血の海の中、もがいている。カッと見開かれた目。それは石に変える力をまだ持っているのだろうか。

どのページを開いても圧倒される刺激に満ちている。

美と醜・・・光と影のようなものだろう。美に惹かれる、その一方、背けたくなるような、世界に引き込まれてしまう。醜には力がある。それは魔的なものである。

美では描きえないものを醜が見せるとき、自分たちは世界の裏を突きつけられて、うろたえる。

だいぶ高価(8千円)な本なのですが、価値あります。おおきな本屋さんか図書館で眺めてみていください。不思議な力があなたを魅了すると思います。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
現代の「知の巨人」エーコが、絵画や彫刻、映画、文学など諸芸術における暗黒、怪奇、魔物、逸脱、異形といった、恐ろしくぞっとするものを徹底的に探究。本書は、世界的に好評を博した『美の歴史』の手法により、「醜」の多様性と傾向を明らかにする。なぜ我々は死、病、欠陥を恐れるのだろうか?はたまた醜さが持つ磁石のような魅力はいったい何に由来するのだろう。ミルトンのサタンから、ゲーテのメフィストフェレスまで、魔術と中世の拷問から、殉教、隠者まで、神話上の怪物から、夢魔、食人鬼、デカダンス、あるいはキャンプ、キッチュ、パンク、さらには現代美術まで、実に興味深い構成とトピックにより議論が展開される。
【目次】(「BOOK」データベースより)
古典世界の醜/受難、死、殉教/黙示録、地獄、悪魔/モンスター(怪物)とポルテント(予兆)/醜悪なもの、滑稽なもの、猥褻なもの/古代からバロック時代までの女性の醜さ/近代世界の悪魔/魔女信仰、悪魔崇拝、サディズム/フィジカ・クリオーサ(肉体への好奇心)/ロマン主義による醜の解放/不気味なもの/鉄の塔と象牙の塔/アヴァンギャルドと醜の勝利/他者の醜、キッチェ、/キャンプ/現代の醜
スポンサーサイト

作家ア行 | コメント:10 | トラックバック:0 |
<<「十七歳の湯夫人」勝山海百合を読みました!! 「本日の1冊(13748)」 | ホーム | 「虹子の物語第2部 卒業」第15回 「連載小説を書いてみようv(41975)」>>

コメント

凄いテーマですけど、私的にはとても興味あります。^^
表紙の絵もユニークで意味ありげですし、、、。

醜について、あまり考えたことはありませんが、
確かに顔をそむけたくなる反面、どこか魔力のような不思議な力を持ってますよね。
もしかすると、ある意味「美」よりも奥深い世界なのかもしれません。
いや、もしかすると美と醜は実は対極にあるように見えて一つなのかも、、、。
ちょっと書店で探してみます☆^^
2010-01-16 Sat 05:36 | URL | picchuko [ 編集 ]
ウンベルト・エーコが大好きなので、大変気になる書物です。
キーワードからして「あぁ、それでこそエーコ!」と思うものばかりですね。
ぜひ手に取ってみたいと思います!
2010-01-16 Sat 07:08 | URL | *八束* [ 編集 ]
面白そうな本ですね!
暗黒、怪奇…うーん興味津津…!
8千円は高価なので読むときは図書館にお願いしようと思います(笑)
2010-01-16 Sat 10:32 | URL | 柊♪ [ 編集 ]
日向さん、こんばんは~^^

あぁ、これすごく面白そう…!!
怪物や魔物…文章で読むのは大好きだけれど、そういえば絵で見た事はないかもしれません。
一体どんな世界が待ち受けているのか…8000円、高価ですがすごく気になります(><)
まずは大きな本屋さんで探してみることにします♪

ところで、同じウンベルト・エーコの本で「美の歴史」というのも出ているんですねぇ。
こちらも「醜の歴史」同様めちゃめちゃ気になります~^^
2010-01-16 Sat 19:06 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
こんにちはー☆
うわぁ…目次の内容からしてスゴイです。
でもどうしてかワクワクしてくるんですよね…不思議なことに。
醜を見て自分が美の側にいると安心したいのかもしれません。
もしかしたら嘲りたいのかも? うわ…それこそが醜い。。。
とにかく一度のぞいてみたい世界です!
2010-01-17 Sun 15:42 | URL | まる811 [ 編集 ]
picchukoさん
こんばんは~、返事が遅くなりました!ごめんななさい。

この本、どこを見ても刺激に満ちてます。思わず、目を背けたくなるところ、逆に引き付けられるところ。

是非眺めてみてください。きっと発見があると思います。
2010-01-17 Sun 19:32 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
*八束*さん
>ウンベルト・エーコが大好きなので、大変気になる書物です。
八束さん、エーコが大好きなんですね。自分は薔薇の名前がずっと積読になっているのです。今年こそは読んでみようかな(*^_^*)

是非、この本も見てくださいね。
2010-01-17 Sun 19:34 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
柊♪さん
こんばんは~返事が遅くなり、申し訳ありません。

面白いですよ~。絵が中心なので刺激的です。

ぜひ、チェックしてみてください(*^^)v
2010-01-17 Sun 19:36 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
nanaco☆さん
こんばんは~、返事が遅くてごめんなさい。

そうなんですよ。絵で見れるので思わず、見入ったり、逆に目を逸らしたり・・。
ドリアン・グレイの醜くなった肖像画ものってました!もうグロい・・でも見てしまう。
nanacoさんお勧めなのでドリアン・グレイの肖像画今年読みたいと思ってます。(*^^)v
2010-01-17 Sun 19:39 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
まる811さん
こんばんは~★

すごいですよ。絵が沢山のっています。どのページを見ても飽きません。

でも見たくないページも沢山あります。(*^_^*)
どこかで眺めてみてください。きっと驚くと思います。
2010-01-17 Sun 19:41 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。