輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「しあわせの理由」グレッグ・イーガンを読みました!! 「本日の1冊(13748)」


しあわせの理由
著者 グレッグ・イーガン 山岸真 編・訳
ハヤカワ文庫
評価 ★★★★★

現役世界最高のSF作家 グレッグ・イーガンのしあわせの理由を読みました。

解説を読むと比較的、万人受けする作品を集めた短編集との事。

でも、でも分からん。さっぱり・・・そんなところは理解したふりして読みましょう(笑)

道徳的ウイルス学者
 徹底したモラリストの学者、彼は同性愛者や不倫の様な性を嫌悪するあまり、そういったモラルに反する人にだけ感染するウイルスを作り上げる。そして全世界に万延させるのだが、そこには思いがけない落とし穴があった。

しあわせの理由
 脳障害をもつ、僕はだけど毎日がしあわせな気分だった。それは幸せと感じる脳内物質が分泌されているから。このままでは正常な普通な生活が送れない。そこで手術を受ける。それにより今までの様なしあわせな気分でいられなくなった。それと一般的な好みを基準に脳の機能を設定!されたので自分らしさや自分だけの好みがなくなってしまう。そんな自分が厭になり生きがいもなくなっていく。最後の一言で救われます。

ボーダー・ガード
 ひとが死ななくなった世界。量子サッカーが出てくるのですが、これが分からない。もう殆ど、斜め読みしてしまいました!!でも、訳わかんないですが好き。

適切な愛
 脳機能だけが生き残った夫を必死で支える妻。そして望どうり夫は復活するのだが。
日常に不安を疑問を感じ始め人間性が崩壊していく・・・。

チェルノブイリの聖母
 ハードボイルドタッチ。法外な値段で落札された中世キリスト教のイコン。それを運ぶ途中。イコンの代理受取人が殺された。イコンも行方不明に。そんな値打ちが何故・・・

他のも面白かったです。

脳内にイーガン受容体があるか、試される一冊・・・?
でもイーガン入門編みたいだから、大丈夫かな。


【内容情報】(「BOOK」データベースより)

12歳の誕生日をすぎてまもなく、ぼくはいつもしあわせな気分でいるようになった…脳内の化学物質によって感情を左右されてしまうことの意味を探る表題作をはじめ、仮想ボールを使って量子サッカーに興ずる人々と未来社会を描く、ローカス賞受賞作「ボーダー・ガード」、事故に遭遇して脳だけが助かった夫を復活させようと妻が必死で努力する「適切な愛」など、本邦初訳三篇を含む九篇を収録する日本版オリジナル短篇集。

【目次】(「BOOK」データベースより)

適切な愛/闇の中へ/愛撫/道徳的ウイルス学者/移相夢/チェルノブイリの聖母/ボーダー・ガード/血をわけた姉妹/しあわせの理由
スポンサーサイト

作家ア行 | コメント:10 | トラックバック:0 |
<<「13番目の物語」ダイアン・セッターフィールドを読みました!! 「本日の1冊(13748)」 | ホーム | 「明けましておめでとうございます」>>

コメント

難しそうですね…
でも、日向永遠さんが楽しまれた様子がよくわかります!
今年も、たくさんのご本を紹介してくださいね♪
2010-01-04 Mon 23:29 | URL | あむあむ108 [ 編集 ]
あむあむ108さん
こんばんは~
コメントありがとうございます。

難しくないですよ。こんなものかって思えばいいと思ってます?

今年も宜しくお願いいたします。
2010-01-05 Tue 22:56 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
あけましておめでとうございます。^^
この2010年も素晴らしい年にしましょうね。
日向さん、今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

この本、面白そうですね~。
特に表題の「しあわせの理由」に興味が湧きました!
いつも幸せでいられるなら、例え普通の日常生活が送れなくても、私はその方がいいのになって思いますが、、、そんな単純なものではないんですよね。
日向さんは色んなジャンルの作品を読まれるんですね。
また面白い本を教えてください!^^
2010-01-06 Wed 18:35 | URL | picchuko [ 編集 ]
picchukoさん
おめでとうございます。

今年も宜しくお願いいたします。

今年が良き年でありますように・・・

他力でもイケないので努力したいです(*^_^*)
2010-01-06 Wed 19:47 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
こんにちは!
高校の頃、物理が苦手で、ベンゼン環を見るだけで吐き気が……wあ、これは化学でしたっけ?
こんな調子ですから、ハードルが高いと思いますが、日向さんの感想を読んでいると、興味がわいてきました♪
2010-01-07 Thu 11:19 | URL | samiado [ 編集 ]
samiadoさん
こんばんは~★コメントありがとうございます。

よく分からない話もありましたが、面白かったですよ~
是非、チャレンジしてみてください。きっとこんな世界(小説)もあったんだと驚くと思います。
2010-01-07 Thu 19:56 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
日向さん、おはようございます♪ちょっぴりお久しぶりです~(><)

グレッグ・イーガン…確か前にも日向さんのレビューでお名前を拝見したような…
奇想コレクションの中にあったような気が^^

なんとも不思議な世界のようで、すごく面白そうです。
訳が分からないけど、その作品の雰囲気が妙に好き、という本ありますよね~(笑)
そういう本って再読すると、また新たな発見があったりしません??
個人的に気になるのは「道徳的ウイルス学者」でしょうか。
モラルに反する人だけがかかるウイルスを作る学者も恐ろしいですけど(笑)
それ以上に、どんな結末が待ち受けているのかがものすごく気になります!
早速読みたい本に追加しておきまっす♪(^O^)/
2010-01-09 Sat 09:54 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
日向さんこんにちはー☆
おぉ…なんか難しそうな本だ。でも「分からん」と言いつつ★5つなんですね!
でも短編集なら比較的読みやすいかも?読んでみたいです。
わたしも「道徳的ウイルス学者」が気になります。
それにしても迷惑な学者ですねぇ…笑
2010-01-11 Mon 10:23 | URL | まる811 [ 編集 ]
nanaco☆さん
返事が遅くなり、ごめんなさいm(__)m

奇想コレクションにもあります。そっちの方が面白かった気がします!!

良くこんなアイデアが浮かぶな~と思います。凄いです。理系向きな話って言われますが、そんな事ないと思います。確かに物理や量子論が出てくるのですが、雰囲気で・・・とそこが分かんないんですけど・・。
でも面白いです!!
2010-01-11 Mon 16:08 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
まる811さん
こんにちは~★
結構、お気に入りな短編集です!

どの話も驚かされますよ~

道徳的ウイルス学者は良かったです。これだけでも読んでみてください!!
2010-01-11 Mon 16:10 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。