輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「夜更けのエントロピー」ダン・シモンズを読みました!!


夜更けのエントロピー
著者 ダン・シモンズ 嶋田洋一(訳)
河出書房新書 奇想コレクション
評価 ★★★★☆

大好きな奇想コレクションの記念すべき第1回配本の”夜更けのエントロピー”を読みました。
奇想コレクションは 最新刊の”洋梨形の男”までで現在17冊が刊行されています。

自分の読んだのはこの”夜更け~”で9冊目です。どれも面白くてますます、全巻揃えの夢は募ります。

ダン・シモンズといえば、”ハイペリオン”の作者としてSF者には有名。残念ながら自分は未読です。オールタイム・ベストの上位に必ず顔をだす作品なのでこっちもいつか読んでみたい。

さて本書ですが、凄く面白い・・・

最後のクラス写真
 アメリカの最後、ゾンビ化して行く人間たち。主人公の女性教師はゾンビとなった生徒たちに僅かな希望と自分への義務から勉強を教える。しかし知性のかけらも見受けられない。彼らで授業は最後にしよう。クラス写真をとり、彼らを繋いでいた鎖を解放す。するとゾンビとなった知性のないはずの生徒が・・・。


バンコクに死す
  バンコクのアングラで友人に連れらて、みたポルノショー。それは吸血鬼のショーだった。大枚をはたいて、彼女を買う。しかしそれは快楽と引き換えに自分の命をかける事だった。バンコクで友人を失う主人公。しかしその快楽を頭から消そうとすればするほど、引きつけられていく。そして数年後、財産の殆どを用意して吸血鬼の消息を追う。今はその娘が主役だった。そして、その日・・・


ケリー・ダールを探して
 変わった生徒、ケリー・ダール。教師はケリーに異界に連れてこられそこでお互いを狩る事になる。殺すか殺されるか・・。追跡劇の果てに

黄泉の川が逆流する
 母が死んだ。そして墓から蘇ってきた。父は大金をだして母を蘇らせたのだ。しかし母は・・・。やがて狂いだす家庭。

他のも面白かったです。


【内容情報】(「BOOK」データベースより)

ミステリ、SF、ホラー、現代文学のジャンルを超えて、「すこし不思議な物語」の名作を集めたシリーズ“奇想コレクション”刊行開始!第1回配本は、『ハイペリオン』でその人気を不動にした、まさにジャンルを超えて最高の作品を生みだしつづける巨匠ダン・シモンズ!ローカス賞受賞の表題作をはじめ、死んだ母がぼくの家に帰ってきた…デビュー作「黄泉の川が逆流する」、かつての教え子ケリーを殺すため異世界を旅する元教師の孤独な追跡劇「ケリー・ダールを探して」、世界幻想文学大賞、ブラム・ストーカー賞受賞の傑作「最後のクラス写真」、本邦初紹介の「ベトナムランド優待券」ほか、全7篇を収録。

【目次】(「BOOK」データベースより)

黄泉の川が逆流する/ベトナムランド優待券/ドラキュラの子供たち/夜更けのエントロピー/ケリー・ダールを探して/最後のクラス写真/バンコクに死す

スポンサーサイト

作家サ行 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<「虹子の物語第2部 卒業」第14回 「連載小説を書いてみようv(41975)」 | ホーム | 「第11回 エントロピー 新世界の黄昏」 「連載小説を書いてみようv(41975)」>>

コメント

日向さん、おはようございます~♪

おぉ、奇想コレクションですね!
毎回日向さんの感想をうかがう度に、読みたいという気がじわじわと高まってきます^^

この「夜更けのエントロピー」も、どれもおどろおどろしそうな世界観で面白そうですねぇ。
ヴァンパイア&ゾンビ物が大好きなので、この作品絶対読みます!!(><)
一番気になるのは最後のクラス写真かな…
なんだかリチャード・マシスンの「アイ・アム・レジェンド」を思い出します。

よし、来年の目標決めました~♪
奇想コレクションを少しずつ集めていくこと!
本棚にズラリとカラフルな背表紙が並ぶと、壮観でしょうねぇ(*^^*)
2009-12-31 Thu 08:16 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
nanaco☆さん
こんにちは~
奇想コレクション・・どれとっても面白いです。
怪奇、幻想、奇想・・不思議な話が好きな人だったら絶対はまると思います。どの巻もハズレなし・・まあ趣味の問題でちょっと合わないのと感じるのもあるかもしれないけど。いつか奇想コレクションだけでベスト選びしたいです。(*^_^*)
きっとnanacoさんも気にいるのではと思いますよ・・
背表紙はカラフルです。自分は今9冊+2冊(未読)を並べてますがその前に立つとニヤついてしまいます。
2009-12-31 Thu 16:21 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。