輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「ラヴクラフト全集1」H・P・ラヴクラフトを読みました!! 「本日の1冊(13748)」


ラヴクラフト全集(1)
著者 H・P・ラヴクラフト
創元推理文庫
評価 ★★★★☆

とうとう〈クトゥルー神話体系〉の世界に踏み込んでしまいました。
怪奇・幻想小説、ホラー小説に興味を持っている者には避けては通れない作品。
それがクトゥルーの世界です。

この扉を開けるのは恐かったのですが・・

「恐怖は人間の最も古い、最も強い感情だ」とはこの本の著者 H・P・ラヴクラフトの言葉。

インスマンスの影
壁のなかの鼠
死体安置所にて
闇の囁くもの

の4編を収録。
インスマンスの影

 誰もが近づかない呪われた町インスマンスへその謎を確かめに行く主人公、そこは異形のものたちの住む町なのか。
 漁業と缶詰工場の街。魚臭が漂っている街路。そこに漂う影。人間とは思えない前かがみでよろめくようにゆっくり移動する。かれらの正体は謎の島の地下深くにいる太古の・・・・。
 最後は恐いですよ。

闇に囁くもの

 この話で恐怖は宇宙まで及びます。洪水のあと川に蟹の様な人の様な死骸が浮かぶ。
川の元である山奥の洞窟にすみついているらしい。長い爪を持つ足跡をのこす怪物たち。
 これも最後の真相の場面で声を上げること必至です。

 怪奇小説に興味のあるすべての方の必読書ではと思います。全7巻+別巻(上下)
来年中には読破したいと思うのですが・・・
スポンサーサイト

作家ラ行 | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<「NOVA1」大森望責任編集を読みました!! 「本日の1冊(13748)」 | ホーム | Sync Future>>

コメント

こんにちはー☆
「恐怖は人間の最も古い、最も強い感情だ」
って聞いたことありますよー!この方の言葉だったんですか!
クトゥルー神話、ちょっと調べたんですがこんな世界を作り上げるなんて、
作家って本当に想像力が物凄いなぁと感動しちゃいました。
そこはかなとなく怖い気もしますがレビューお待ちしてます☆
それにきっとこの世界をどんどん取り入れていかれる日向さんの小説も楽しみです♪
2009-12-12 Sat 17:47 | URL | まる811 [ 編集 ]
日向さん、おはようございます~♪
ラヴクラフトの感想楽しみにお待ちしておりました!!ヽ(*^^*)ノ

こないだのC.A.スミスと雰囲気が似ているようで、是非こっちも読まなくちゃと思いました☆
創元推理だから、きっと高いのかなと思いきや…結構お手頃価格で買えますね(笑)
やっぱり日向さんオススメの「インスマンスの影」が一番楽しみです。
「呪われた町」「異形」どちらも大好きな言葉です(* ̄m ̄)

続く2巻、3巻…はどんな世界が待っているんでしょうね、楽しみですね~(><)
nanacoも来年早々にでも挑戦してみようかしら♪
2009-12-13 Sun 06:50 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
こんにちは~♪

“恐怖は人間の最も古い、強い感情だ”
う~ん、恐怖が強い感情だから、
怖いと思いながらも、ホラー映画とか小説に
惹かれたりするんでしょうか~?
何だか人間の心理って不思議ですよねぇ^^

ラブクラウト…はじめて聞く作家さんです(^_^;)
「インスマンスの影」が面白そうで、
すごく興味をそそられますね~♪
地下深くにいる太古の…というので
映画「ロード・オブ・ザ・リング」に出てくる
魔物を思い出してしまいました(>_<)

第2巻以降の日向さんのレビューも楽しみにしていますね(^O^)/
2009-12-13 Sun 15:05 | URL | miwa125 [ 編集 ]
まる811さん
こんばんは~

実は今まで避けてきました。クトゥルー。
でも、もう相当、怪奇小説に免疫ができたのではと読んでみました。
その想像力はたしかにすごいです。
まだ入り口なのでこれからが凄く楽しみなんですよ。
2009-12-13 Sun 17:20 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
nanaco☆さん
こんばんは~
とうとう、ラヴクラフトのクトゥルーに手を付けてしまいました。もう逃げられないかも・・・
nanacoさんも是非この世界に行きましょう?

(アトラクションの幽霊屋敷やお化け屋敷が苦手な日向より)
2009-12-13 Sun 17:42 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
miwa125さん
こんばんは~
コメントありがとうございます。

恐いのはだめです。だめなんですがついつい見てしまう。読んでしまう。なんて矛盾してるんでしょうね。

ラヴクラフトは怪奇小説界の巨匠なので避けては通れません?なので挑戦してみました!結構面白いです。
2009-12-13 Sun 17:45 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。