輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「ロミオとロミオは永遠に」恩田陸を読みました!! 「本日の1冊(13748)」


ロミオとロミオは永遠に
著者 恩田陸
ハヤカワSFシリーズJコレクション
評価 ★★★★★

やっぱり、やっぱり恩田さんは面白いです。
題名からはちょっとロマンチックな話を想像してましたが、違いました。

日本人だけが残った地球、そこで汚染物質の除去が日本人に課せられた仕事。
その日本のトップになるための学校が大東京学園。
毎年、全国からそれは過酷で残酷な入学試験を潜り抜けてくる。
北海道地区からの代表シゲルと友達となったアキラ。
入学早々から想像を絶する、競争に巻き込まれる。
学園にはアンダーグランドがあって、そこは昔の文化の遺跡が溢れている。
(ここの描写はある程度、年齢が上の人のほうが絶対楽しめますよ。回転しながら飛ぶ亀(これはガメラだよね)、だとか、知っていれば噴飯ものの面白さ)

それは知力も、それ以上に体力を強いるものだった。時に生命までもが奪われる授業。
そんな、学園に疑問を感じるアキラ。

旧東京の区名をクラスの名前にしているのですが、その中に、学園の反逆者ばかりがあつめられる「新宿クラス」があった。
そこの学生は脱走に命をかけていた。

アキラはその、新宿クラスのシマバラたちに頼まれ、脱走に必要な資材を調達し始める。

そんなある日、アキラとシゲルは学園内にはいないはずの囚われの女性を発見する。
何故、居ないはずの女性がいるのか?

脱走に成功すると「成仏」できると言う。果たして「成仏」とは

20世紀、すばらしき、狂乱の世紀。

学園の教師タダノの、「君たちを愛しているよ」の声が頭のなかに響いてきそうです。

面白かったです。

だけど、題名の意味は最後までわかりませんでした

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

日本人だけが地球に居残り、膨大な化学物質や産業廃棄物の処理に従事する近未来。それを指導するエリートへの近道は、「大東京学園」の卒業総代になることであった。しかし、苛酷な入学試験レースをくぐりぬけたアキラとシゲルを待ち受けていたのは、前世紀サブカルチャーの歪んだ遺物と、閉ざされた未来への絶望が支配するキャンパスだった。やがて、学園からの脱走に命を燃やす「新宿」クラスと接触したアキラは、学園のさらなる秘密を目の当たりにする…。ノスタルジーの作家・恩田陸が、郷愁と狂騒の20世紀に捧げるオマージュ。


スポンサーサイト

作家ア行 | コメント:8 | トラックバック:0 |
<<「東京創元社文庫創刊50周年記念のブックカバーが当選しました!!」 | ホーム | 「人の痛みを感じる国家」柳田邦男を読みました。 「本日の1冊(13748)」>>

コメント

読後「面白かった~!」と思った記憶はあるけれどそういえばタイトルに込められた意味はなんだったんでしょうね…。
柊もよく覚えていません…^^;
2009-11-18 Wed 20:54 | URL | 柊♪ [ 編集 ]
日向さん、こんばんは~♪
ロミオとロミオ、面白かったですねぇ(*^0^*)
nanacoもこのタイトルの意味はよく分かりませんでしたが(笑)
確かあとがきで「突然このタイトルを思いついたけど意味は考えていない」と仰っていたような…

日向さん、単行本のほうで読まれたんですね☆
この表紙に描かれているでっかい顔、これはタダノでしょうか(笑)
本当に凄いキャラしてましたよね~でも何だか憎めなくて^^;
地雷の描写とか、結構リアルでギョッとしたのを覚えています。
シゲルとアキラの友情も読ませてくれましたね!!
2009-11-18 Wed 21:50 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
柊♪さん
こんばんは~!!

ほんと面白かったです。
恩田さん、色々な雰囲気の本を書いていて凄いです。
コミカルな中にもドキッとする描写が随所にありました。
2009-11-18 Wed 22:13 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
nanaco☆さん
こんばんは~★

タイトルの意味は聞かないででと恩田さんのあとがきにありました!

自分なりに考えたのですが、ロミオのところにアキラやシゲル、キョウコ・・・脱走に成功した人々を入れれて考えればいいのだなって思いました。
皆、自分のロミオを探してる・・・。

ダタノの狂気は読ませます(*^_^*)
2009-11-18 Wed 22:17 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
こんばんは~♪

この作品、文庫版を手に取ったことがありまーす(^^)
でも、裏のあらすじまでチェックしなかったのか、
表紙が派手な感じだったことしか覚えていません…(^_^;)
以外にも、SF作品だったんですね^^
私もタイトルからロマンチックなお話を想像してました。
タイトルには、深い意味はなさそうですねぇ。
2009-11-19 Thu 18:19 | URL | miwa125 [ 編集 ]
miwa125さん
こんばんは~★
面白かったです!!

昭和のサブカルチャーが随所に出てきて、思わずクスッとしてしまいます。

登場人物も多彩で、楽しかったです。
2009-11-19 Thu 22:10 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
面白そうですね!!ちょっと怖そうな気もしますが、すごく興味があります!
2009-11-20 Fri 12:42 | URL | 流れ星キラー [ 編集 ]
流れ星キラーさん
こんにちは~

読みやすくて、面白くて、そのうえ懐かしいです。
良かったですよ。是非、手に取ってみてください。
2009-11-21 Sat 10:07 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。