輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「時の娘 ロマンチック時間SF傑作選」を読みました! 「本日の1冊(13748)」


著者 ジャック・フィニィ、ロバート・F・ヤング 他 中村融 編
創元SF文庫
評価 ★★★★☆

時間SFといえば恋愛?
一遍目の”チャリティのことづて”の時を超えたメッセージは良かった。
でもこの中で一番好きなのは表題作”時の娘”

学校にも行かせず、娘に毎日新聞を読ませる、占い師の母親。母親の占いは凄く当たると評判。それの秘密は未来を知っているから。どうやって知ることができたのか?
娘がその謎を知ったとき、驚きの事実が・・・

時が新しかったころ・・・大好き!恐竜時代にあり得ない化石の理由を調査しに行く調査委員。そこで出会ったのは、可愛らしい姉弟。彼らは火星から逃れてきたとの事。主人公は恐竜型のビークルを操作しこの姉弟を火星からの誘拐犯から守る。この可愛らしい姉を、「愛してるよ、カボチャちゃん」と呼ぶのがなんとも素敵に感じました。暖かくなるお話。

どれも良かったですよ~。


【内容情報】(「BOOK」データベースより)

時という、越えることのできない絶対的な壁。これに挑むことを夢見てタイム・トラヴェルというアイデアが現れて一世紀以上が過ぎた。時間SFはことのほかロマンスと相性がよく傑作秀作が数多く生まれている。本集にはこのジャンルの定番作家といえるフィニイ、ヤングらの心温まる恋の物語から作品の仕掛けに技巧を凝らした傑作まで名手たちの9編を収録。本邦初訳作3編を含む。

【目次】(「BOOK」データベースより)

チャリティのことづて(ウィリアム・M.リー)/むかしをいまに(デーモン・ナイト)/台詞指導(ジャック・フィニイ)/かえりみれば(ウィルマー・H.シラス)/時のいたみ(バート・K.ファイラー)/時が新しかったころ(ロバート・F.ヤング)/時の娘(チャールズ・L.ハーネス)/出会いのとき巡りきて(C.L.ムーア)/インキーに詫びる(R.M.グリーン,ジュニア)
スポンサーサイト

アンソロジー | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<「灰色の壁の内と外」日向永遠 | ホーム | 「天冥の標1メニー・メニー・シープ」小川一水を読みました! 「本日の1冊(13748)」>>

コメント

日向さん、おはようございます~♪
どれも素敵な作品だったようですねぇ(*^_^*)
nanacoもやっぱり表題作が一番気になります。短いのにインパクトあるタイトルですよね。
今年はもう読む本が一杯なので、来年あたりは読めるかな…☆

時間SFのラブストーリーって大好きです♪
そういえば恩田さんの「ライオンハート」もそうでしたね。
本来は出会う事のない二人…という設定、すごく切ないですよね(><)
2009-11-03 Tue 11:03 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
nanaco☆さん
こんにちは~
どれも素敵な話でしたよ~。
面白かったです。

恩田さんのライオンハートもそういう設定なのですか?未読です。面白そうですね。(*^_^*)
今年は恩田さん読破の目標にあまり近づけませんでした。(あと2カ月あるけど)来年はもっと読みたいです。
2009-11-03 Tue 13:13 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。