輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

虹子の物語第2部 「卒業」 第6回 「連載小説を書いてみようv(41975)」

皆さんこんばんは~★
今日はしとつく雨が一日降っていて、寒い日でした。
自分は雨は実は嫌いじゃないのです。家の中から眺めているのはなんか不思議な気がするのです。

秋晴れの一日もそれは勿論大好きですが。

虹子の第2部、6回目をお届けします。
なんか、寂しい話になってきましたが感想宜しくお願いいたします。(*^_^*)




第6回 3 ヒロの家の秘密 (承前)

 紅葉の家、虹子は蜘蛛の分身となって紅葉の体内にいた。紅葉と一体になっていると、凄く落ち着く。虹子と紅葉の二人はこの二年で精神的つながりが強くなり、互いに影響しあっていた。シンクロする事も多くなり、互いの喜び、悲しみ、怒りを共有していた。

 だから喜びは倍に悲しみは半分に感じる事が出来るようになった。しかし、悲しみの感情はいつまでも残る。喜びは直ぐ忘れてしまうのに怒り、悲しみはいつまでも心に留まった。

 遠く離れたヒロの家にいる紅葉の蜘蛛と、虹子はリアルタイムに感情をやりとりしていた。だから、ヒロの悲しみ、紅葉の悲しみが虹子に伝わってきた。二人は紅葉の心の中で対話していた。

 (酷い)それは虹子と紅葉の共通した思いだった。(ヒロ君を助けてあげたい)
 
 知ることって辛いね。知らないでいる事と知ってしまう事は決定的に違う。物理的な違いは何処にも存在しないのに、ヒロの境遇を知ってしまった今は昨日までの世界と違う。

 世界は目に見えて、自分が知っている世界だけで出来ているのではない。それが今更ながらに思い出される。勿論、ヒロはそんな世界の一部にすぎないのだろう。

 紅葉、蜘蛛の能力って何だと思う?こうやって人の不幸を知ること?人の感情を覗き見て自分たちに溜め込んでそれって何になるの。・・・もちろんそれは虹子の本心ではない。

 混乱した虹子の思考の過程を追っているのだ。虹子はヒロの境遇を自分の物として受け止めているのだ。だからそのヒロの悲しみを自分の悲しみに感じはじめているのだった。

 虹、虹子。考えるの。自分達二人にできることがないか、考えるの。ヒロ君がひとりではないってヒロ君に気付いてもらうのが一番最初にしなくてはいけない事だと思うの。

 斎藤やヒロ君の母親の事はその次に考えましょう。ね、虹、そうでしょ?

 そうだね。紅葉。ヒロ君が一人ではないって思ってくれればきっと次に繋げられる。人と繋がる事がヒロ君にとって一番だね。それと斎藤たちが事を起こさない様に見張っていればいいと思うわ。

 だから、悲しんでばかりいられない。ヒロの悲しみを知ることはとても大事な事だけどそれに囚われてしまってばかりいてはいけないんだ。

 考えること。ヒロを一人にしないこと。本当の友達になること。それがヒロを救う第一歩だと二人は思った。

 蜘蛛の事をヒロ君に教えてあげようか?私たちがヒロ君といつも一緒だよって教えてあげるのはどう?

 蜘蛛の事をヒロ君に教えてあげるのは良いと思うんだけど、蜘蛛が私たちだって事は教えない方がいいじゃないかな。蜘蛛はヒロ君と私たちの共通の何か不思議な存在としておけば良いんじゃないかと思う。

 遠くヒロの部屋、冷たい布団の中でヒロはひとり眠りに着いた。今日と変わらない明日の朝を思い、暗澹とした気持の中で。

                                   (つづく)

虹子の物語第二部 「卒業」第7回
スポンサーサイト

創作 | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<虹子の物語第2部 「卒業」 第7回 「連載小説を書いてみようv(41975)」 | ホーム | 「虹子の物語第2部 卒業」第5回 「連載小説を書いてみようv(41975)」>>

コメント

日向さん、こんばんは~♪
あぁ、もう最後の一文が切なくて、悲しくて、胸が締め付けられました…(T_T)
ヒロ君が虹子と紅葉の前で、自分の痛みを見せまいとする姿が健気で、可哀想で…
そんな彼の唯一の救いはアルフだけだったのに。
悲しい結末になりませんように、と祈るばかりです(><)

悲しみや痛みを分かち合う事で、随分と気持ちが楽になることってありますよねぇ。
それを紅葉達はヒロ君に教えてあげられたら良いですね!!
続きも、楽しみに待っていますよ~☆ヽ(*^^*)ノ
2009-10-25 Sun 22:01 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
nanaco☆さん
こんばんは~★感想ありがとうございます。

ヒロの結末、どうなるのでしょう?
この事件で紅葉と虹子はまた大人になるのですが、それがまた悲しい気もします。

また読んでくださいね。(*^_^*)
2009-10-25 Sun 22:56 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
こんにちはー☆

あぁ…。なんかわかります。
自分はひとりだって思うことほどしんどいことってないですよね。
世界からひとり切り離されたと感じたとき、人はどうするんでしょう…
虹子と紅葉にヒロくんを救ってあげて欲しいと思う反面、
ひとりぼっちだと考えてしまったヒロくんがどんな行動を取るのかも気になってしまいます。
2009-10-26 Mon 18:21 | URL | まる811 [ 編集 ]
こんばんは~♪

そうそう、ヒロくんをひとりにしないこと、
それがヒロくんを救う第1歩ですよね~♪
思わず、ヒロくんは虹子と紅葉に出会えて
ホントに良かったなぁって実感させられました(*^_^*)
ヒロくんは、蜘蛛というだけで最初は怖がるかもしれないけど、
虹子と紅葉の気持ちがどうかヒロくんに届きますように!!
これからの展開を楽しみにしていま~す(^^)/
2009-10-26 Mon 18:27 | URL | miwa125 [ 編集 ]
まる811さん
こんばんは~!!
感想ありがとうございます。

孤独だと、悩むばかりです。ヒロを救うにはまず孤独から救いだすことですよね。

続き、お楽しみに・・・。
2009-10-26 Mon 22:43 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
miwa125さん
こんばんは~★

話の筋がだんだん浮かんできました!!
(今頃?)ただ結末をどうしようか迷いますね。

ヒロとアルフを紅葉と虹子がどう救うのか、それとも救えないのか・・・色々な選択肢があって悩みますが・・

また読んでくださいね。(*^_^*)
2009-10-26 Mon 22:45 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。