輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

虹子の物語第2部 「卒業」第4回 「連載小説を書いてみようv(41975)」

おはようございます。

虹子の物語2部の4回目です。
少し間があいてしまいましたが読んでくださいね。
応援お願いいたします。m(__)m



第4回  2 ヒロとアルフ(承前)

 土曜日、虹子は勉強道具一式を持ち紅葉の家に向かった。もうヒロ君は来てるかな。蜘蛛の知らせではまだ来ていない。家に着く、紅葉がアルフを抱え玄関に出ていた。
 「虹。さあ入って」
 「紅葉のお母さん。こんにちは。お邪魔します」二人は紅葉の部屋へ向かう。
 「今日はヒロ君、来ると思うよ。それももう直ぐ」
 「紅葉、何故分かるの」
 「アルフの様子がさっきからそわそわしているから、ヒロ君の家の方を何度も向くの。きっと、この子には分かるんだと思う」
 
 そんな話をしているそばから
 「こんにちは。アルフに会いにきました」と声がした。二人はアルフと玄関へ向かう。
 「ヒロ君、いらっしゃい」アルフが紅葉の腕から飛び出してヒロに飛びつく。
 「アルフ。寂しかった?」
 「お姉さん。アルフと散歩してきていい?公園に行きたいんだけど」
 「もちろん良いよ。でも少し部屋で休んでからでどう?」ヒロとアルフは最後まで聞かずにもう飛び出して行った。
 「ヒロ君、ほんとうにアルフが大好きなんだね」

 二人も公園に出かけることにした。二人並んで歩く。十分程で公園に着くと、ヒロとアルフが遊んでいた。二人はベンチに腰掛け眺めた。
 
 「ヒロ君の目、寂しそうに見える」
 「アルフと遊べて楽しい筈なのに、何故かな?」

 ヒロはアルフと無邪気に遊んでいる様に見える。しかしふとした瞬間、その目にさみしげな影がよぎるのを二人とも気づいていた。
 
 「ヒロ君、きっと何かあるね。私たちで助けてあげる事なにかないかな?」二人は思った。ベンチに座りながら相談した。

 その日の午後、いっぱい三人でアルフと遊んでいた。夕方になりヒロが帰ると言い出した。

 その時、虹子と紅葉は目くばせした。紅葉の蜘蛛がそっとヒロ君の背中に着いた。
 
 「一緒に帰ろう。そうすればアルフと一緒にいられる時間が増えるでしょ?」
 ヒロの目が輝く。
 ヒロは蜘蛛となった紅葉の分身に気付かづ家に向かう。夕方の六時前だったがもうあたりは真っ暗だった。
 
 団地の入口でヒロと別れる事にした。
 「お姉さん。今日は楽しかった。ありがとう」ヒロがペコっと頭をさげ、アルフを紅葉に渡し、駈け出した。
 「さよなら」振り向き手を振る。紅葉と虹子も手を振った。
 
 ヒロは家のドアの前に立った。表情が強張る。ドアに手をかけた。

                             つづく

虹子の物語第二部 「卒業」第5回
スポンサーサイト

創作 | コメント:8 | トラックバック:0 |
<<「虹子の物語第2部 卒業」第5回 「連載小説を書いてみようv(41975)」 | ホーム | 「虹子の物語第2部 卒業」第3回 「連載小説を書いてみようv(41975)」>>

コメント

日向さん、こんばんは~♪
第4回、楽しみに待っていましたよ~ん(*^0^*)

>アルフが紅葉の腕から飛び出してヒロに飛びつく。
アルフのコロコロした手足が眼に浮かぶようで、とっても好きな表現です♪

ヒロ君の寂しげな目は、一体何を意味しているんでしょうか…
表情が強張った様子を見ると、自宅はきっと落ち着けない場所なんですねぇ。
とっても素直で良い子なだけに、不幸な環境でなければ良いのですが(T_T)

紅葉の蜘蛛、とうとう潜入ですね!!
この家の秘密が明らかになるのでしょうか…もう、早く続きが読みたいです~(><)
2009-10-19 Mon 20:19 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
nanaco☆さん
間をあけてしまい、済みませんでした。m(__)m

ヒロの家の秘密・・・次回でその一端が明かされます。お楽しみに・・・!
また読んでくださいね。(*^_^*)
2009-10-19 Mon 22:35 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
こんばんわー☆

ヒロとアルフ、可愛いですねぇ~♪
そして虹子と紅葉が優しい思いやりのあるお姉さんに成長してて、ほんわりしました。
ヒロくんの淋しげな目の原因、はやく知りたいです。。。
2009-10-20 Tue 00:43 | URL | まる811 [ 編集 ]
創作活動お疲れ様です。○┓(ペコ)
じ、実は、まだ「エントロピー」を読み終わっていません。(^^;
しばらく残しておいていただけると、とても嬉しいです。
2009-10-20 Tue 01:47 | URL | カトミノ [ 編集 ]
こんばんは~♪

ヒロくんがアルフに会いに来て
何だかホッとしました(^^)
でも…ヒロくんの母親がこのことを知ったら、
二度とヒロくんは、アルフに会えないんじゃないかって、
そんな想像をしちゃいます(>_<)
ヒロくんの寂しげな目と強張った表情は、
やっぱり家庭に秘密がありそうですねぇ。
ヒロくんがどんな境遇にいるのか、
とっても気になります~!
第5回で、紅葉の分身の蜘蛛によって
明らかになるんですよねぇ!?
可愛いヒロくんの心が傷ついてないといいなぁ~(-_-)
早めの第5回をお待ちしていま~す♪
2009-10-20 Tue 18:19 | URL | miwa125 [ 編集 ]
まる811さん
ありがとうございます!!
ヒロ君の秘密は次回・・・です。

虹子と紅葉はそのことで悩むことになります・・・

また読んでくださいねm(__)m
お誕生日おめでとうございます。
2009-10-20 Tue 21:37 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
カトミノさん
ありがとうございます。(*^_^*)
ずっと残しておきます。時間があったら読んでみてくださいね
2009-10-20 Tue 21:38 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
miwa125さん
感想ありがとうございます。

いつも嬉しいです。
ヒロ君の秘密、待ってくださいね。

すぐ書きますね。(*^_^*)
2009-10-20 Tue 21:40 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。