輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「デス博士の島その他の物語」ジーン・ウルフを読みました! 「本日の1冊(13748)」


デス博士の島その他の物語
著者: ジーン・ウルフ  浅倉久志・伊藤典夫・柳下毅一郎(訳)
国書刊行会
評価 ★★★★★

初ジーン・ウルフでした。

この本の中の名言
「デス博士の島その他の物語」
「だけど、また本を最初から読みはじめれば、みんな帰ってくるんだよ…きみだってそうなんだ」が読めて幸せ!!

どれも一筋縄ではいきません。調子のいい時に読んでみてください。
きっとすごいと感じると思います。

この中で一番好きなのは
「眼閃の奇蹟」 
目の見えない少年の奇蹟の物語。網膜パターンで人々が管理されている世界。少年は目が見えず網膜もない!世界からはみ出してしまった少年の冒険。少年は目が見えないのだが見えないために見えるものがある。天使がみえライオンが見え、銅でできた人間、服人間(藁がつまっている)・・・どこかで覚えがありますね(不思議の国の・・・)
彼らに導かれて少年が起こす奇跡・・・爽やかなラストは感動します。

「死の島の博士」
裕福な犯罪者の罰として冷凍睡眠が実施されている。喋る本の発明家(他の人に権利をうばわれてしまっている)は友人を殺害した罰で冷凍睡眠にされる。
そして四十?年後蘇生する。その時世界は不死を得ていた。皆が死なない世界での罰則とは・・ディケンズの本から引用がいっぱいあって読みたくなります。


「アメリカの七夜」
かっての栄光のアメリカの姿はどこにもなく廃墟となったアメリカ。
そこにイスラムの世界から旅行でやってきた主人公が繰り広げる幻想的冒険。
劇場のヒロインに恋をし彼女に愛を告白する。しかし彼女との蜜月は闇の中と決まっている。
彼女の美しい肢体を見たい・・・そして・・・
薬品(ドラック)により汚された世界文明を風刺しているのか・・・



【内容情報】(「BOOK」データベースより)

「だけど、また本を最初から読みはじめれば、みんな帰ってくるんだよ…きみだってそうなんだ」孤独な少年の元に物語の登場人物が訪れる―ウルフの代表作にして不朽の名作「デス博士の島その他の物語」、治療を目的とした島における少年たちの非情な運命を詩情豊かに描き出すネビュラ賞・ローカス賞受賞作「アイランド博士の死」、冷凍睡眠から目覚めた男を待ち受けていたものは…「不死」のテーマをサスペンスフルに展開する「死の島の博士」、文明崩壊後のアメリカでの謎と幻惑に満ちた彷徨を流麗な筆致で綴る「アメリカの七夜」、目の見えない少年が繰り広げる夢と奇蹟と冒険の物語「眼閃の奇蹟」、そして限定本に付された著者による「まえがき」を特別収録。「もっとも重要なSF作家」ウルフの傑作中短篇を集成。

【目次】(「BOOK」データベースより)

デス博士の島その他の物語/アイランド博士の死/死の島の博士/アメリカの七夜/眼閃の奇蹟
スポンサーサイト

作家ア行 | コメント:8 | トラックバック:0 |
<<「小公女」バーネットを読みました!! 「本日の1冊(13748)」 | ホーム | 辻村さんの新作、他の話題>>

コメント

こんばんは~♪

ジーン・ウルフ…名前も知らなかった作家さんです^^;
あらすじを伺っただけでも
ホントに凄そうな作品ですね(*^_^*)
個人的には「眼閃の奇蹟」と
「死の島の博士」が気になります♪
あ~、またまた読みたい本が増えて
嬉しい悲鳴状態です!!(*^^)v
2009-10-06 Tue 18:33 | URL | miwa125 [ 編集 ]
「新しい太陽の書」の作家さんでしたね♪
新装版がデスノートの小畑さんのイラストなので、何気に気になっていました(笑)

これまた、すごく面白そうな題材ですねぇ!!
あらすじをうかがっただけでも奇想天外というか…よくこんな突飛な発想を思いつくなぁと♪

「眼閃の奇蹟」すごく面白そう~(><)お、これは「管理された社会」ですね(笑)
こういうお話大好きです。お値段高めですが、是非GETしたいと思います☆
うぅ、もう日向さん、面白い作品ばかり紹介しないでください~~破産します!!!(爆)
2009-10-06 Tue 21:37 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
miwa125さん
死を扱っていてテーマは重いのですが、良かったです。
機会があったら読んでみてくださいね。面白いです。
2009-10-06 Tue 22:56 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
nanaco☆さん
こんばんは~★
「新しい太陽の書」読みたくなりました!!きっと買ってしまいます(*^_^*)
「眼閃の奇蹟」は良かったですよ。
自分も次から次と読みたい本が山となっていきます。どうしましょう☆
2009-10-06 Tue 22:58 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
新しい太陽の書は何と形容していいか分からない本でしたが、すごくクセになる作品でした。この作品も読みたいと思っていたんですが、やはり一筋縄ではいかなそうですね。とても面白そうですね。

新しい太陽の書。長くて大変ですが是非お読みになってください。
2009-10-07 Wed 00:01 | URL | てんてん(^^)/ [ 編集 ]
こんにちはー☆体調のほうはもう良くなりましたか?

ちょっとご無沙汰している間に日向さんのブログが盛り沢山になってる!!
ジーン・ウルフ、初めて知りましたが凄そうですね。
あらすじだけで名作の雰囲気が漂ってきます。表題作と「眼閃の奇蹟」が中でも気になりますねぇ…

エントロピー、最初から全部読んでから最終回読ませていただきますね。
本当はもっともっと読んでいたかったのでちょっと寂しいです…
なんといっても、虹子と紅葉で作家:日向永遠が誕生するかもしれないんですね?!
キャーキャー!!日向さんスゴイです~♪日向さんの夢が叶うように全力で応援しますね♪
2009-10-07 Wed 17:53 | URL | まる811 [ 編集 ]
てんてん(^^)/さん
新しい太陽の書・・・すごく読みたいです!!
読みますね(*^_^*)
癖になる面白さなのでしょうか?気になります。
デス博士~の様に考えさせられるのでしょうか?
2009-10-07 Wed 22:27 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
まる811さん
こんばんは~★
引っ越しは無事終わりましたか?
大変なのことですので体調にはきをつけてくださいね。
自分はもう治りましたよ・・注意するようにしております。
眼閃の奇蹟」はすごく素敵なお話だと思います

エントロピーはちょっと終わりを急いでしまい消化不良気味だと思います。反省。

虹子の物語で応募してみました!
結果がでるまでドキドキです!!
応援すごくうれしいです。宜しくお願いしますね。
それまで夢をみます・・・(*^_^*)
2009-10-07 Wed 22:31 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。