輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「第9回 エントロピー 新世界の黄昏」

皆さんこんばんは~

エントロピー 新世界の黄昏 第9回です。

ヌルの話が暫く続きます。
そして社会統制委員の姿がじょじょに浮かんでくるのです・・

感想、応援宜しくお願い致します。
第1回
第2回
第3回
第4回
第5回
第6回
第7回
第8回



第9回 エントロピー 新世界の黄昏

 「場所を変えて説明しよう。私に付いてきなさい」顔の無い男は研究室をでて長い廊下を進む。その後を付いて行くあいだ考えた。「私はだれだ?」色々な知識が頭の中で渦巻いている。しかし、自分を特定する記憶がない。自分の姿形から二十歳から三十歳のあいだと分かる。しかし子供の頃の記憶、家族の事、なにも思い出せない。それどころか昨日までの記憶もない。「私はだれだ?そしてここはなんだ!」
 
 前を行く男を付いて行く間、何人もの顔の無い人々と出会った。男も女もいる。若い人が多い様だった。

 男がとある部屋のドアを開け中に入った。私も付いて行く。
 大きな机を前に無表情な女が坐っていた。彼女には顔があった。
 「総統、新しい我が同士を連れてきました」男が女に向かって報告する。
 殺風景な部屋だった。壁に三角形のを二つ上下逆にして重ねた図が三つで三角形を作る様に配置された図がかかっていた。後で知ったのだがそれが社会統制委員を表す図案だった。
 顔の無い男は小さく頭を下げ部屋を出て行った。
 「そこに掛けなさい。」威圧的な声が言う。
 「驚くことはないのです。私たちはこれから世界に秩序と平和をもたらすのです。あなたにはとても期待しています」
 「私は・・・・私は・・・誰なのか解らない。私の過去を奪ったのはあなたなのか?」
 「過去?あなたにはこれからの未来をあたえましょう。いえ、人類の未来を掌中にすることができるのです」女、総統が睨む様にこちらを見た。次の瞬間、過去と言う概念が消えた。今の自分を思う事しかできない。

 気づくと総統の声が続いていた。
 「人類の歴史は戦争の歴史です。人類は物質的発展の影で精神は荒廃しますます争いは激しくなっていっています。この原因はなにか。それは生まれ持った闘争本能です。原始的世界では生き抜くために不可欠だったでしょう。しかしこれだけ社会が整備され、人同士が争う必要のなくなった現在社会に闘争心は必要でしょうか?否です。もう不必要です。
どこに争う必要があるのでしょう。わざわざ敵を作る必要はありません。生活基盤が保障され、生きて行ける世界。それを私達、社会統制委員が作るのです」途中から声ではなく頭の中に直接送られてくる様になった。
 自分に闘争心はあるのか・・・その言葉の意味は判るが怒りも恐怖も感じられない。
 自分は人間ではなくなったのか?虚無的な虚ろな思いがよぎる。

 「私たちが目指すのにあなたたち新人類が必要なのです。不必要な攻撃特性をもった旧人類は滅びる時です。天候悪化から地上への居住ができなくなる今、旧人類を地下世界に封じ込めてしまう今が絶好の機会。」
 
 頭の芯が痺れる様な感覚がさっきから続いていた。微かに残った本能がこの女は狂っているとささやく。しかしそれを覆う意識は全面的に女の言うことを受け入れている。この二重性はなんなのか・・・
 
  (つづく)

第10回へ

スポンサーサイト

創作 | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<「第10回 エントロピー 新世界の黄昏」 「連載小説を書いてみようv(41975)」 | ホーム | 「獣の奏者」上橋菜穂子を読みました!! 「本日の1冊(13748)」>>

コメント

こんばんは~♪

この前から登場したヌルのお話なんですね^^
過去をすべて奪われて自分が誰かも分からず、
おまけに、過去を奪われたことに対しても
怒りも恐怖も感じないなんて…
何だかぬ胸が締め付けられるような辛い話ですねぇ(>_<)
本能と女の言うことを受け入れている二重性のヌルが
この先どうなっちゃうのか…
続きがとっても楽しみです(*^_^*)
2009-09-11 Fri 18:25 | URL | miwa125 [ 編集 ]
miwa125さん
こんばんは~
コメントありがとうございます!
いつも読んでいただいて嬉しいです。

ヌルのエピソードまだ続く予定です。
どんな展開にしようかと考え中。
また読んでくださいね!!
2009-09-11 Fri 21:52 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
日向さん、おはようございま~す♪
エントロピーの続き楽しみに待っていました!!(^m^ )

前回登場したヌルのお話ですね。今後彼女がキーパーソンになってくるんでしょうか…^^
社会統制委員の言い分も、なんだか理解できるような気がして怖いです(笑)

人類の歴史は戦争の歴史、確かにその通りだけれど、
人間の感情まで抑圧されてしまったら、それ以上に恐ろしい世界が待っているのに…(><)
でも、顔のない男ほど頭の切れそうな人物だったら、その事に気付かない訳がないですよねぇ。
彼には、何か隠された過去があるんでしょうか?! 一体どんな目論見があるのか…
う~続きがすごく気になります(*^^*)
2009-09-12 Sat 10:32 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
nanaco☆さん
こんにちは~☆

感想ありがとうございます。
平和な世界、それはどんな世界なのでしょうか?

色々、ぐるぐる思考は回るのですが、ウロボロスの蛇みたいに捕まえたと思うのは自分の背中・・・。

つづきもまた応援してくださいね。(*^_^*)
2009-09-12 Sat 11:57 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
こんにちはー☆
わたしも総統の言うこと理解できる気がします、方法は極端だなぁと思うけど…
本能と意識の間で揺れるヌルがどうなるんでしょう??
でもこれは葛城に会いにきて話してるんですもんね、
わずかに残る本能に傾いたと思いたいんですが…
続きが気になります~!
2009-09-14 Mon 14:16 | URL | まる811 [ 編集 ]
まる811さん
こんばんは~!
コメントありがとうございます。

これからスピードを上げて書きたいと思うのですがちょっと忙しくて・・・

楽しみに待ってくださいね。また宜しくお願いします。(*^^)v
2009-09-14 Mon 23:15 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。