輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「トゥルーデおばさん」諸星大二郎を読みました


著者 諸星大二郎
ソノラマコミックス
評価 ★★★★★

大好きな諸星大二郎のグリムのような物語です。
諸星大二郎は自分にとって現在唯一、無条件で読もうと思っている漫画家です。

知らなかった本が文庫化されて読めるなんて幸せです。


トゥルーデおばさん
赤ずきん
ブレーメンの楽隊
いばら姫
Gの日記
ラプンツェル
夏の庭と冬の庭
鉄のハインリヒまたは蛙の王様

が収録されてます。
どれも傑作ですがとくにGの日記が好きです。
Gって お菓子の家に行った○○とXXのGですよ。(ネタばらしになってしまいます)
絵が独特ですが慣れると凄く良いですよ。(*^_^*)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
↑本ブログに登録してます。宜しかったら応援クリックお願いいたします。(*^_^*)


スポンサーサイト

作家マ行 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<「週刊 世界百不思議」 | ホーム | 「レインツリーの国」有川浩を読みました。>>

コメント

こんにちは。
この短編集は面白かったですね。

ラプンツェルは諸星さんの真骨頂という気がしました。

文庫版の表紙もいいですね。
2009-09-05 Sat 13:52 | URL | てんてん(^^)/ [ 編集 ]
おぉ~漫画レビューですか!!^^
ホント、絵がとっても個性的ですねぇ。
絵柄から推察するに、少しブラックな感じの漫画でしょうか??
「Gの日記」って、お菓子の家のあの片割れですか~♪
どんな漫画なんでしょう…面白そうです(*^^*)
2009-09-06 Sun 08:12 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
てんてん(^^)/さん
コメントありがとうございます。
諸星さん大好きです。
これは期待通りの面白さでした!!
表紙も素敵です。
2009-09-06 Sun 15:33 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
nanaco☆さん
そうです。ホラーでブラックです。
nanacoさん好みかも・・・
もし機会があれば読んでみてください。
読み応えありますよ。(*^_^*)
2009-09-06 Sun 15:35 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。