輝く断片のあつめかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「第7回 エントロピー 新世界の黄昏」

時が流れ、季節が変わる。
相変わらずの自分に絶望する。
時は誰の隔たりも無く容赦なく降り積もる。
何も待ってくれない。誰も抗うことができない。
無情の時の流れよ。
あの日をもう一度再現できるなら全てをなげうとう。

ああ、無慈悲な時の神よ。
そろそろその支配を別の神に委ねても良いのではないか・・・
*************************************************************

皆さん今晩は~(*^_^*)
突然、訳もわからない詩?をのせませましたが別に何かあった訳ではありません。
なにか意味もなく書き連ねてみたくなったのです。
変ですね。
我ながら変です。

エントロピーの7回目をお届けします。
あまり間を置かずにアップ出来る様がんばりたいと思います。
また応援宜しくお願いします。m(__)m

第1回
第2回
第3回
第4回
第5回
第6回

   

第7回 エントロピー 新世界の黄昏
 3 潜入(承前)
 顔の無い男は葛城の方に向き、言う。
 「君には私たちの事は判らないのだよ。仲間になればすべて知れる事。私たちを騙そうそしても無駄な事。浅はかな考えは今すぐ捨てることだよ。君は地上に知り合いがいるね。
綾瀬由美と言ったかな?彼女の事が心配ではないかね?あと一か月をきった社会統制法は地上地帯にはいち早く施行されているのだよ。もともと地上は既に合法的居住区ではないのでね」葛城の背を冷たいものが走った。顔の無い男の胸倉をつかむ。

 「どう云う意味だ。綾瀬になにをした!」
 「行って確かめてみればいいのではないかね」男は不敵な声で言った。

 葛城は突き放すように手を離すと外に向かった。自然と早足になる。携帯端末を出して綾瀬の位置を確認する。一度では反応しない。二度、三度、繰り返す。五度目の操作で位置情報を取得する。
この前にビルから移動していない。

 地上へのゲートはほぼ完成していた。無数のカメラが死角なく配置されている。扉はまだ開いていた。相当の厚さがあった。これが閉じられたら、そう簡単には地上には行けないだろう。なんて甘かったんだ・・綾瀬、無事でいてくれ。葛城は祈った。地上はやつらの掌中にある。律儀に施行時期を守ると思いこんでいた自分に非がある。いつもの様にエレベーターを使わず階段を駆け上がる。流石に息があがるが自分を責めるように速度を緩めない。

 地上が近づくに従い雷鳴が聞こえ、壁が細かく振動する。地上との出入り口にも頑丈な扉が据え付けられていたがこちらもまだ開いていた。葛城が押すと大きく軋み音をたて外に向かって開く。強い雨が葛城を濡らす。地上は闇に包まれていた。深夜に近づきつつある時間だった。送電のない地上を雷光が照らす。
 
 違和感が葛城を襲う。何かが違う。何度目かの雷光で照らされた街を見て気がついた。この前来た時に比べ、明かに倒壊したビルが多い。

エントロピー 新世界の黄昏 第8回へ

スポンサーサイト

創作 | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<「3月のライオン」羽海野チカ読みました。 「本日の1冊(13748)」 | ホーム | 「第6回 エントロピー 新世界の黄昏」>>

コメント

こんにちはー☆
突然どうしたのかと思っちゃいましたよ~。でもびっくりしたけど詩も素敵ですねぇ。
「あー、時間が足らない!まき戻れ!」なんてことはわたしもよく思いますが、
日向さんのように詩的に表現できません。笑

それにしても顔のない男、ムカつきますね!!(ゴメンナサイ!褒めてるつもりですっ!!)
不敵で不気味で、会話が成り立ってるようですれ違うというか、かわされてしまう気がします。
「綾瀬になにをした!」ってわたしもハラハラしました。
葛城と同じように焦燥感を感じます。一体なにが起きたんでしょう…ドキドキ…
2009-09-03 Thu 17:22 | URL | まる811 [ 編集 ]
こんばんは~♪

エントロピー、再開されたんですね~♪
第6回を読み損ねていたので、
さかのぼって読んできました^^

それにしても、顔のない男って、
ホントにムカつきますねぇ…(-_-メ)
1発殴ってやればいいのに…なんて思ってしまいました(^^ゞ
…ごめんなさい。ついつい興奮しちゃいました(笑)^^;

街で何があったのか…この先が早く読みたいです~♪
続きを楽しみに待っていますね(^^)/
2009-09-03 Thu 18:37 | URL | miwa125 [ 編集 ]
エントロピーの続き!楽しみにしていました(*^^*)
改めて、この世界観って好きだなぁと思いました。
やっぱり日向さんはSFがお好きなだけあって、物語の背景を描くのがとてもお上手ですねぇ。
死角がないように配置されている無数のカメラ…という描写に思わず身震いしちゃいました(><)
四六時中、見張られているっていう事ですよね、、、うぅ~怖い。
一体街では何が起こっているのか、水面下でどんな陰謀が?!と凄く気になります。
早く続きが読みたいです~~!!(と、急かしてゴメンナサイ…笑)

そして、素敵な詩もありがとうございます♪
nanacoには全くと言って良いほど詩心が無いので、日向さんの才能が羨ましい…(T_T)
この詩、エントロピーの雰囲気にもピッタリな気がします。。。
2009-09-03 Thu 20:30 | URL | nanaco☆ [ 編集 ]
まる811さん
こんばんは~
返事が遅くてごめんなさい。
感想ありがとうございます。嬉しいです。
続きを今考えてます。もう少しまってくださいね。
2009-09-04 Fri 22:44 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
miwa125さん
こんばんは~
続きを書き始めました!
また応援お願いしますね。(*^_^*)
続きもう少し待ってくださいね。頑張ります。
2009-09-04 Fri 22:45 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]
nanaco☆さん
返事が遅くてごめんなさいm(__)m
いつも応援ありがとうございます。
今、一生懸命つづきを考えてますよ~
もう少し待ってくださいね。
2009-09-04 Fri 22:47 | URL | 日向 永遠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。